この文書では、Adobe Premiere Elements 14 に用意されているオーディオエフェクトの種類と適用方法について説明します。オーディオエフェクトを使用すると、残響効果の追加や、音程の微調整など、オーディオに特殊な表現を付加することができます。

A. オーディオエフェクトの種類

Premiere Elements 14 には、19 種類 (Mac OS 版は 15 種類) のオーディオエフェクトが用意されています。用意されているエフェクトの名称と特徴は以下のとおりです。

エフェクト名 Win Mac エフェクトの特徴
DeNoiser テープのノイズを自動的に検出して除去します。
このエフェクトは、磁気テープなどへのアナログ録音のノイズを
除去する場合に使用します。
Dynamics 不要なバックグラウンド信号を除去することで、
ダイナミックレンジのバランスを取り、
クリッピングや過増幅によるひずみを軽減します。
NewBlue Audio Polish オーディオをクリーンにして向上させるオーディオポリッシュです。
ノイズ軽減、圧縮、ハイエンドの改善、残響音の追加
などの機能があります。
NewBlue Auto Mute 信号が指定されたしきい値未満になった時にすべてのサウンドを
カットするため、バックグラウンドノイズを軽減できます。
NewBlue Cleaner ミックスから不要な多くのサウンドを除去します。
エフェクトにはノイズ軽減回路とトーン除去機能があるため、
ハムノイズなどの分離されたトーンを効率的に除去できます。
NewBlue Hum Remover ハムノイズ除去では、サウンドトラックからハムノイズをスクラブできます。
NewBlue Noise Fader 静かなサウンドのボリュームを徐々に下げて、
バックグラウンドノイズを減らします。
NewBlue Noise Reducer バッググラウンドノイズを除去します。このエフェクトを使用すると、
オーディオの最低条件を下回るビデオショットをクリーニングできます。
PitchShifter 入力信号の音程 (ピッチ) を調整します。高い音声を低くする場合や、
低い音声を高くする場合に使用します。
Reverb ライブルーム(室内)で録音したようなサウンドの反響を加えることで、
雰囲気と暖かさをオーディオクリップに加えます。
チャンネルの入れ替え 左チャンネルと右チャンネルの情報をスワップします。
チャンネルボリューム ステレオクリップやトラックの各チャンネルのボリュームを個別に
調整することができます。
バランスエフェクトとは異なり、一方のチャンネルのボリュームを
上げても、もう一方のチャンネルのボリュームは自動的に下がりません。
ディレイ オーディオクリップの音声にエコーを追加します。
追加したエコーは、指定した時間が経過してから再生されます。
ノッチ 指定された周波数を中心値として、それに近い周波数を除去します。
ハイパス ◎  指定したカットオフ周波数より低い周波数を除去します。
低音域のノイズやこもり音を軽減するために使用します。
ローパス 指定されたカットオフ周波数より高い周波数を除去します。
高音域のノイズや歓声、口笛などを除去するために使用します。
反転 すべてのチャンネルのフェーズを反転します。
右チャンネルを
左チャンネルに振る
オーディオクリップの右チャンネルの情報を複製し、
左チャンネルにコピーします。
クリップの左チャンネルの既存の情報は破棄されます。
例えば、モノラルマイクをビデオカメラの一方のチャンネルにだけ
接続して撮影したフッテージショットのスピーカの音声を、
両方のチャンネルに取り込む場合に使用します。
左チャンネルを
右チャンネルに振る
オーディオクリップの左チャンネルの情報を複製し、
右チャンネルにコピーします。
クリップの右チャンネルの既存の情報は破棄されます。

B. エフェクトの適用と編集

エフェクトパネルからエフェクトをタイムライン上のオーディオクリップにドラッグするだけで、エフェクトを適用することができます。エフェクトの調整や削除は、適用エフェクトパネルで操作可能です。また、キーフレームを使用して、エフェクトの効果を特定の時間に指定したり、エフェクトの値を時間の経過に従って変化させることもできます。

  1. ウィンドウ上部から「エキスパート」をクリックして、エキスパート編集モードにします。

    01
  2.  タイムライン上部にある、「オーディオ表示を表示」を選択します。

    04
  3. アクションバーの「エフェクト」をクリックし、エフェクトパネルを開きます。

    02
  4. 「オーディオ」を選択します。

    03
  5. エフェクトパネルから適用するオーディオエフェクトを選択し、エキスパートビュータイムライン内のクリップにドラッグします。

    05
  6. 設定を調整するには、ウィンドウ右端の「適用エフェクト」をクリックし、適用されたエフェクトパネル内のエフェクトを展開して、必要に応じて設定を編集します。

    06

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー