この文書では、Premiere Elements のパンとズームを使用して、静止画に動きを与える方法について説明します。

画像の一部を拡大縮小したり(ズーム)、フレームアングルを移動したり(パン)することにより、静止画も表現豊かなムービーに生まれ変わります。

  1. Premiere Elements を起動して、パンとズームを適用したいプロジェクトを開くか、新しく作成します。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

  2. タイムラインで、パンとズームを適用するクリップを選択します。

  3. 画面右にある「ツール」をクリックして、「ビデオ」タブ内の「パンとズームツール」を選択します。

  4. 自動解析が始まります。終了するまでそのまま待ちます。

  5. 「パンとズームツール」ウィンドウが開き、左下に数字が振られた枠(フレーム)が 2 つ表示されます。

    1 の枠から 2 の枠に移動するムービーが生成されます。

    ここでは、静止画全体から左の 3 人にパン(移動)して、少しズーム(拡大)するよう設定します。

    フレームの移動方法

    1. フレーム内をクリックして緑の選択した状態にします。
    2. 緑のフレームをドラックし、表示させたい場所に移動します。

    フレームの大きさの変更

    1. フレーム内をクリックして緑の選択した状態にします。
    2. 緑のフレーム内にカーソルをおくと、右下に「-」と「+」が表示されるので、拡大したい場合は「+」、縮小したい場合は「-」をクリックします。
      ※ クリックした対角を基準に大きさが変更されます。

    ※ 画面下部の「新規フレームを追加」ボタンをクリックして、フレームはいくつでも追加することができます。

  6. 左上に表示される「保持 n 秒」は、そのフレームで静止する長さを示しています。例えば「0 秒」の場合は静止せずに、すぐにフレームの移動が開始されます。

    ※ 初期設定では、フレームの表示の長さが 1 秒、枠間の移動(パン)が 5 秒に設定されています。

    フレームの表示の長さを変更

    1. フレームをクリックして緑の選択した状態にします。
    2. 左上の「保持:1 秒」をクリックします。
    3. 「保持時間」ウィンドウが表示されたら、3 桁目に秒数を入力します。
      ※ 1 秒以下の場合は 2 桁目以下に数字を入力します。
    4. 「OK」をクリックします。

    パンの表示時間の変更

    1. 2 番目のフレームをクリックし、フレームが緑色の選択した状態にします。
    2. 水色の線でパンの軌跡が表示されたら、「5 秒」をクリックします。
    3. 「パン時間」ウィンドウが表示されたら、3 桁目に秒数を入力します。
    4. 「OK」をクリックします。
  7. 設定が終了したら、画面右下の「プレビュー」ボタンをクリックし、パンとズームがイメージ通りか確認します。

    ※ プレビューを停止する場合は、タイムライン上でクリックするか、再度「プレビュー」ボタンをクリックします。

  8. 確認して問題なければ、画面右下の「完了」ボタンをクリックします。

    以上で、パンとズームツールの手順は完了です。

パンとズームツールは使えましたか?

設定が少し複雑かもしれませんね。静止画の映像に躍動感を出せるので、ぜひ使ってみてください!

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー