Mac OS X でのアドビアプリケーションのフォントの問題に関するトラブルシューティング

この文書では、Mac OS X でアドビアプリケーションにフォントをインストールする、またはフォントを使用する際に発生する問題を解決できるようにします。フォントの問題は、以下のようにさまざまな形で表れることがあります(ただし、これに限定されません)。

  • フォントがアプリケーションのフォントメニューに表示されない。
  • フォントが正しく印刷されない。
  • メニューやダイアログボックスで、フォントに不正な文字などが含まれる。
  • 画面上でフォントが正しく表示されない。
  • フォントをインストールした後にエラーおよびクラッシュが発生します。
  • 特定のユーザーのみフォントを利用できる。

この文書を正しく利用するには、タスクを順番通りに実行してください。

1. フォント形式がサポートされているかどうか確認します。

サポートされていないフォント形式を使用すると、システムがアプリケーションでフォントを表示または印刷できません。

Mac OS X は次のフォント形式をサポートしています。

  • .dfont
  • Multiple Master(Mac OS X 10.2 以降のみ)
  • OpenType(.otf)
  • TrueType(.ttf)
  • TrueType Collection(.ttc)
  • Type 1(PostScript)

2. フォントが正しいフォルダーにインストールされていることを確認します。

Mac OS X には、さまざまな方法でフォントを使用できるようにする 5 つのフォントフォルダーが含まれています。Mac OS X ではシステム内で重複したフォントのコピーを使用できるので、必要な数だけフォルダーにフォントをインストールすることができます。フォントの名前が重複している場合は、Mac OS X がフォント形式に関係なく、以下の場所からリストされている順番でフォントを使用します。

  1. Users/[user name]/Library/Fonts
  2. Library/Fonts
  3. Network/Library/Fonts
  4. System/Library/Fonts(このフォルダーは変更しないでください。Mac OS X がシステムの使用と表示に必要な .dafont フォントが含まれています。詳細については、「Mac OS X: Font locations and their purposes(Mac OS X:フォントの場所とその目的)」を参照してください。)
  5. System Folder/Fonts

注:System Folder/Fonts にインストールされているフォントは、Classic、Carbon、および Cocoa アプリケーションのすべてで利用できます。

Mac OS X でフォントをインストールするには、以下の手順を実行します

  1. すべてのアプリケーションを終了します(フォントをアプリケーションで使用できるようにします)。
  2. 次のようにログインします:
    • Users/[ユーザー名]/Library/Font フォルダーにフォントをインストールする場合、自分のユーザー名でログインします。
    • Library/Fonts フォルダーにフォントをインストールする場合、管理者としてログインします。
    • ネットワークサーバーの Network/Library/Fonts フォルダーにフォントをインストールする場合は、ネットワーク管理者に連絡してください。
  3. 元のメディア(たとえば CD)から、ハードディスク上の次の 1 つ以上のフォルダーにフォントファイルをドラッグします:

    注:PostScript フォントをインストールする場合、アウトラインフォントファイルおよびビットマップフォントスーツケースの両方を適切なフォルダーにドラッグします(Mac OS X では、フォントスーツケースは他のフォントファイルと同様な外観で同じように動作します。Mac OS 9 で可能だったようにファイルをダブルクリックして開くことはできません)。

    • System Folder/Fonts、Mac OS X で実行中のアプリケーション、および Classic モード(Mac OS 9)で実行中のアプリケーションのフォントにアクセスする場合。
    • Library/Fonts、Mac OS X 内のすべてのユーザーがすべてのアプリケーションのフォントにアクセスする場合(フォントは、Classic モードで実行中のアプリケーションでは利用できません)。
    • Users/[ユーザー名]/Library/Fonts、Mac OS X の特定のユーザーが使用する場合(指定したユーザーでログインしている場合のみ、Mac OS X 内のすべてのアプリケーションでフォントを利用できます)。
    • Network/Library/Fonts、Mac OS X を実行中のネットワークファイルサーバー上のリモートユーザーがローカルエリアネットワーク(LAN)経由でアクセスする場合。

3. スクリーン ファイルと印刷ファイルの両方がインストールされているかチェックします。(PostScript フォント)

Mac OS X で PostScript フォントを使用するには、同じフォルダーにビットマップ(スクリーン)、またはビットマップフォントを含むスーツケース、およびアウトライン(プリンタ)フォントをインストールします(アドビのビットマップフォントファイルはフォント名を使用します。アウトラインファイルには、短縮された PostScript 版のフォント名が使用されます[たとえば、「Isabella」フォントには「Isabe」など])。アウトラインフォントファイルをインストールしないと、フォントが不正に印刷される可能性があります。ビットマップフォントファイルがインストールされていない場合、フォントはフォントメニューから利用できません。

4. Classic アプリケーションでアドビタイプマネージャ(ATM)を使用します。

ATM は、画面上でフォントがギザギザに表示されないようにし、アプリケーションを Classic モードで実行する場合に、非 PostScript プリンタで PostScript フォントをより滑らかに印刷できるようにします。アドビの Web サイトから ATM Light 4.6 の無償版をダウンロードできます。

5. サードパーティ製のフォント管理ソフトウェアをトラブルシューティングします。

Extensis Suitcase Fusion、Insider FontAgent Pro、または Linotype FontExplorer X のようなフォント管理ユーティリティをすべて無効にします。以前に問題が発生したアクション(アプリケーションの起動、フォントメニューへのアクセスなど)を実行してみます。次のいずれかの操作を実行します。

  • 問題が再発する場合、次のセクションに進みます。
  • 問題が発生しない場合、フォント管理ユーティリティを有効にします。ユーティリティを使用してフォントの 50% を無効にし、フォントのバイナリ分離を実施して半分ずつの結果を比較します。その後、問題が再現した半分でこのプロセスを続けます。続行します。

6. フォントファイルを削除します。

Users、Library、および Network フォルダーの Fonts フォルダーから、デスクトップか他の場所にフォントファイルを移動してコンピューターを再起動します。問題が再発しない場合、移動したフォントファイルのうちの 1 つ以上が問題を引き起こしています。フォントファイルを一度に数個交換し、どのフォントが問題の原因になっているかを特定します(たとえば、まずは A ~ E で開始するフォントファイルを System/Library/Fonts フォルダーに移動し、コンピューターを再起動します。問題が再発しない場合、別のフォントファイルの小グループを追加します。問題が再発した場合、追加したフォントファイルのいずれかが原因である可能性があります。フォントファイルを除去し、再度一度に 1 つずつそれらを追加していきます。問題を引き起こしている特定のフォントファイルが見つかるまで、追加するたびにコンピューターを再起動してください)。問題の原因となるフォントファイルが見つかった場合、そのフォントを元のメディアから再インストールします。

7.フォントの最新バージョンを使用します。

フォントの最新バージョンを使用していることを確認してください。

Adobe Type Library からフォントを確認するには、フォントファイルを選択し、「ファイル/情報を取得/全般」を選択して作成日を確認します(PostScript フォントを使用している場合、アウトラインファイルとスーツケースファイルのそれぞれの作成日を確認してください)。フォントの作成日が 1992 年以前の場合、フォントの新しいバージョンを入手できる可能性があります。アップグレード情報については、アドビカスタマーサポート(1-800-833-6687)までご連絡ください。

8. システムのフォントキャッシュを消去します。

フォントキャッシュが破損していると、実際は破損していない場合であっても、フォントが破損しているように見えます。一般的な症状としては、画面上のテキストが文字化けします。キャッシュを消去したら、破損したフォントキャッシュを問題の潜在的な原因から除外できます。 

9. 破損したフォントをトラブルシューティングします。

アプリケーションが損傷したフォントにアクセスすると、システムエラーが発生する可能性があります。 

  1. Library/ Fonts フォルダーのコンテンツをデスクトップの新しいフォルダーにドラッグします(Library/ Application Support/ Adobe/ Fonts フォルダーにフォントを手動で追加した場合は、それらのフォントを新しいフォルダーにもドラッグしてください)。
  2. Finder で、「ファイル/検索」を選択します。
  3. AdobeFnt.lst」と入力し、システムドライブを選択して Return キーを押します。
  4. 見つかったすべての AdobeFnt.lst ファイル(たとえば、AdobeFnt10.lst)を削除します。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. InDesign を再起動します。InDesign が新しい AdobeFnt.lst ファイルを作成します。
  7. 問題が再現するか確認します。次のいずれかの操作を実行します。
    • 問題が再発しない場合、Library/Fonts フォルダーにフォントを 1 つ戻し、問題のあるフォントを特定できるまで手順 5 ~ 6 を繰り返します。
    • フォント管理ユーティリティを使用している場合はそれを再起動し、小グループまたは個別にフォントを有効にし、問題のあるフォントを特定します。
    • 問題が再発する場合、デスクトップ上の新しいフォルダーのコンテンツを Library/Fonts フォルダーに戻します。

注:検索しても adobefnt.lst ファイルが見つからなかった場合は、「検索」ダイアログボックスで検索条件が「すべて」に設定されていることを確認してください。

フォント帳を使用している場合にフォントのトラブルシューティングを行うには、次の操作を実行します。

重要:このプロセスの最終ステップの前にごみ箱を空にしないでください。

  1. フォント帳および他のすべての開いているアプリケーションを終了します。
  2. Home/Library/Preferences に移動し、次のファイルを削除します。
    • com.apple.fontbook.plist
    • com.apple.ATS.plist

    注:最初のファイルは、フォント帳の環境設定ファイルです。2 番目のファイルは、フォント帳で無効にしたフォントを指定します。com.apple.ATS.plist を削除すると、次回ログインした際に以前に無効にしたフォントがすべて読み込まれます。数百または数千のフォントをインストールした場合、以前に無効にしたフォントがすべて読み込まれると、システムのパフォーマンスが遅くなる可能性があります。

  3. フォントキャッシュを削除します。フォントキャッシュを削除するには、次の手順を実行します。
    1. Library/Caches/ATS フォルダーを開きます。
    2. フォントキャッシュフォルダーを探して削除します。たとえば、ご使用の Mac 上で最初に定義されたユーザーの場合は、フォルダーには 501 という名前が付いています。2 番目のユーザーの場合、フォルダー名は 502 になります。

      注:ユーザーの高速切り替えを使用すると、複数の 501.xxx、502.xxx フォルダーが ATS フォルダーに存在する可能性があります。それらをごみ箱に移動します。

  4. これらのフォルダーのいずれかをごみ箱に捨てる際に認証が求められた場合は、管理者パスワードを入力します。
  5. コンピューターを再起動します。
  6. 自分のアカウントにログインし、ごみ箱を空にします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー