注意:

  Typekit は、Adobe Fonts に名前が変わりました。これは、Creative Cloud などのサブスクリプションに含まれています。さらに詳しく

フォントについて

フォントとは文字、数字、記号などのセットで、「10-pt」、「Adobe Garamond」および「Bold」などのような太さ(ウェイト)、字幅、スタイルといった要素を共通して持っています。

書体フォントファミリーまたはタイプフェイスとも呼びます)は、小塚明朝など、共通の体裁を持つフォントの集まりで、一緒に使用するように設計されています。

フォントスタイルは、フォントファミリーに含まれるフォントのバリエーションです。 欧文フォントでは、Roman または Plain(フォントファミリーごとに名称は異なります)は、フォントファミリーの中で基本となるフォントで、「regular」、「bold」、「semibold」、「italic」、「bold italic」などのフォントスタイルがあります。

アジア言語フォントでは、太さ(ウェイトとも呼ばれます)のバリエーションによってフォントスタイル名が設定されているケースが多いようです。 例えば日本語フォントの小塚明朝 Pro R には、EL(Extra Light)、L(Light)、R(Regular)、M(Medium)、B(Bold)、H(Heavy)の 6 種類のウェイトがあります。 なお、フォントスタイル名の表示はフォントメーカーによって異なります。 スタイルの異なるフォントはそれぞれ独立したファイルとして提供されます。 あるスタイルのファイルがインストールされていない場合は、フォントスタイルとして選択することはできません。

システムにインストールされているフォントに加えて、次のフォルダー内のフォントファイルも使用できます。Fonts フォルダーがない場合はフォルダーを作成すれば使用できるようになります。

Windows

Program Files¥Common Files¥Adobe¥Fonts

Mac OS

Library/Application Support/Adobe/Fonts

Type 1、TrueType、OpenType または CID フォントをローカルの Fonts フォルダーにインストールした場合、フォントは Adobe アプリケーション内でのみ表示されます。

文字

文字パネルまたはアプリケーションのフォントを選択できるその他の領域のフォントファミリーおよびフォントスタイルメニューで、フォントのサンプルを表示できます。 また、次のアイコンでフォントの種類が示されます。

  • OpenType

  • Type 1

  • TrueType

  • マルチプルマスター

  • 合成フォント
  • SVG 
  • Adobe Fonts 

Illustrator で使用できるフォントのリストを表示するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • 文字パネル(Ctrl + T)からフォントファミリードロップダウンを表示します。
  • コントロールパネルからフォントファミリードロップダウンを表示します。

OpenType フォント

OpenType フォントは、Windows® と Mac OS® で同じフォントファイルを使用するため、プラットフォーム間でファイルを移動する際に、フォントの代用などを意識せずに使用することができます。OpenType フォントには、現在の PostScript や TrueType フォントでは実現されていないスワッシュ字形や任意の合字など、多くの機能を組み込むことが可能です。

注意:

OpenType フォントには アイコンが表示されます。

OpenType フォント使用時は、テキスト内の欧文合字、スモールキャップス、分数、オールドスタイルのライニング数字のような異体字を自動的に置き換えることができます。

標準フォント字形(左)と OpenType フォント(右)
標準フォント字形(左)と OpenType フォント(右)

A. 上付き序数表記 B. 任意の合字 C. スワッシュ 

OpenType フォントには、より豊富な言語サポートと高度な文字制御を提供するために、拡張文字セットおよびレイアウト機能が含まれていることがあります。 中央ヨーロッパ(CE)言語をサポートするアドビの OpenType フォントには、アプリケーションのフォントメニューのフォント名に「Pro」という語が含まれています。 中央ヨーロッパ言語をサポートしない OpenType フォントには、「Standard」というラベルが付されており、「Std」という接尾辞が付いています。 また、すべての OpenType フォントは、PostScript Type 1 フォントおよび TrueType フォントと一緒にインストールすることができます。

OpenType フォントについて詳しくは、http://www.adobe.com/go/opentype_jp を参照してください。

OpenType SVG フォント

Illustrator では、色付きのフォントや絵文字フォントなどの OpenType SVG フォントをサポートしています。OpenType SVG フォントでは、1 つの字形に様々な色とグラデーションを指定できます。 

SVG font_example
OpenType SVG フォント:複数のカラーとグラデーション

絵文字フォントを使用して、スマイリー、旗、道路標識、動物、人物、食品、場所といった様々なカラフルなグラフィカル文字をドキュメントに含めることができます。EmojiOne フォントなどの OpenType SVG 絵文字フォントでは、1 つまたは複数の字形を使用して特定の合成字形を作成できます。例えば、国旗を作成したり、人物やボディパーツ(手、鼻など)を表す特定の字形の皮膚色を変更することができます。

EmojiOne-glyphs-panel
EmojiOne SVG フォントの文字を示している字形パネル

OpenType SVG フォントを使用するには、次の手順に従います。

  1. 文字ツールを使用してテキストオブジェクトを作成します。

  2. フォントを OpenType SVG フォントに設定します。フォントリストでは、これらのフォントは で示されています。

  3. 字形パネルを使用して特定の字形を選択します。字形パネルを表示するには、書式字形を選択します。または、ウィンドウ書式字形を選択して字形パネルを開くことができます。

合成字形の作成

説明のために、OpenType SVG 絵文字フォントの 1 つである EmojiOne を考えてみましょう。複数の EmojiOne OpenType SVG フォント文字を合成して、字形を作成できます。

例えば、国旗を作成したり、初期設定で通常は肌の色が 、または に設定されている 1 人の人物やボディパーツのキャラクターの皮膚色を変更したりすることができます。

注意:

EmojiOne などの絵文字フォントの字形は、キーボード上の文字とは異なります。これらの字形は異なる文字として扱われ、キーボードではなく、字形パネルからのみ使用することができます。

国旗の作成

EmojiOne の「文字」(A、B、C、D など)は、キーボード上の対応するキーに対応していません。字形パネルで国の ISO コードを構成する 2 つの文字を合成すると、その国の国旗が形成されます。例えば、US を選択するとアメリカ国旗、GB を選択するとイギリス国旗、AR を選択するとアルゼンチンの国旗、IN を指定するインドの国旗になります。

Flag composite
字形を合成して、その国の国旗を形成する

キャラクターのバリエーションの作成

1 人の人物の初期設定のキャラクター(通常は肌の色が  または 設定されています)やボディパーツと、使用可能な皮膚色のいずれかを合成します。元の初期設定のキャラクターは、選択した皮膚色にマッチするように塗り直されます。現在、2 人以上の人物で構成された字形では、通常このような合成をおこなうことはできません。

skin-colored characters
皮膚色が設定されたキャラクター
Face color composite
1 人の人物のキャラクターと皮膚色を合成する

注意:

  • 1 人の人物のキャラクターやボディパーツの絵文字は、皮膚色が設定されたキャラクターと一度だけマッチさせることができます。
  • 合成字形はフォント特性です。すべての OpenType SVG フォントで、キャクターを合成して、合成字形を作成できるわけではありません。
  • 一部の EmojiOne 合成字形を構成するキャラクターに分解することができます。

OpenType 変数フォント

Illustrator では、線幅、幅、傾斜、オプティカルサイズなどのカスタム属性をサポートする変数フォントという新しい OpenType フォント形式がサポートされるようになりました。このリリースの Illustrator には、複数の変数フォントが付属しています。この変数フォントの線幅、幅、傾斜は、コントロールパネルでクリックしたときに使用できる便利なスライダーコントロールを使用して調整できます。

フォントリストで変数を検索して変数フォントを探します。または、フォント名の横 アイコンを探します。

Variable-fonts_updated
A. 文字パネルを使用した変数フォントへのアクセス B. 文字スタイルへの変数フォントの追加 

書式最近使用したフォントを選択して、作成したカスタムフォントやドキュメントで最近使用したフォントを表示します。

フォントのライブプレビュー

ドキュメント内のテキストを選択するか、サンプルテキストを選択してフォントをリアルタイムでプレビューできます。プレビュー用に選択できる複数のサンプルテキストオプションが用意されています。

選択済みのテキストオブジェクトまたはサンプルテキストをプレビューするには、コントロールパネルおよび文字パネルでフォントリストのフォント名にポインターを重ねます。

フォント特性のライブプレビュー

サイズ、スタイル、行送り、字送りなどのフォント特性をリアルタイムでプレビューするには、コントロールパネルと文字パネルで使用可能なフォント特性にカーソルのポインターを合わせます。

注意:カーニングのライブプレビューは使用できません。

プレビューオプションをオフにするには、次の操作をおこないます。

  • 編集環境設定を選択します。
  • テキスト環境設定」で、「メニュー内のフォントプレビューを有効化」オプションをオフにします。

サンプルテキストとオプションはフォントパネルに表示されません。

フォントサイズの変更

選択したテキストまたはサンプルテキストのフォントサイズを変更し、リアルタイムでプレビューを表示するには、サンプルサイズ小、サンプルサイズ中、サンプルサーズ大のアイコンをクリックします。

live-font-preview-size_3

フォントの整理、検索、フィルタリング

よく使用するフォントをすばやく見つけるには、文字パネルまたはプロパティパネルの「フォント」タブで次の操作を行います。

  • 分類フィルターのドロップダウンリストからフォントの分類を選択し、フォントリストを絞り込みます。デフォルトでは、すべてのフォントの分類が表示されます。
    注意:欧文フォントはこのフィルターでのみフィルタリングが可能です。
  • よく使用するフォントをお気に入りとして設定します。これをおこなうには、フォント名にマウスを置くとその横に表示されるお気に入りアイコンをクリックします。フォントリストからすべてのお気に入りのフォントをフィルタリングするには、お気に入りのみ表示フィルターをクリックします。
  • システムに最近インストールしたフォントを選択します。最近使用したフォントは、フォントリストの一番上に表示されます。 
    注意最近使用したフォントおよびお気に入りに指定したフォントは、Illustrator のセッションが終了しても保持されます。
  • 視覚的な類似性に基づいてフォントを検索するには、フォントにカーソルを合わせると表示される類似フォントを表示アイコン()をクリックします。選択したフォントに最も見た目の近いフォントが、検索結果の最上位に表示されます。
  • 過去 30 日間に追加したすべてのフォントをフィルタリングするには、最近追加したフォントを表示アイコン をクリックします。
organize-search-filterfonts
A. 分類を適用フィルター B. お気に入りフィルター C. 最近追加したフォントを表示フィルター D. アクティベートされたフォントを表示フィルター E. サンプルテキストオプション F. サンプルテキストサイズオプション 

その他のフォントの有効化

Illustrator 内から数百のフォントサービスから数千のフォントを参照し、簡単に有効化してアートワークで使用できます。アクティベートしたフォントをすべての Creative Cloud アプリケーションで使用できます。

  1. 文字パネルで「さらに検索」タブをクリックします。

  2. フォントリストを参照し、フォントを選択します。

    注意:選択したテキストでフォントをリアルタイムでプレビューするには、フォント名の上にカーソルを置きます。

  3. フォントの横に表示されているアクティベートアイコンをクリックします。アクティベートアイコンには、フォントが有効になって使用可能になるとチェックマークが表示されます。

Activate-more-fonts
A. アクティベートされたフォントフィルター B. フォントをアクティベートアイコン C. フォントをアクティベート解除アイコン D. アクティベート中アイコン 

Adobe Fonts について詳しくは、fonts.adobe.com を参照してください。

注意:

fonts.adobe.com に最近追加されたすべてのフォントのリストを見るには、最近追加したフィルターをクリックします。

日本語フォントのプレビュー

さらに検索」タブから、fonts.adobe.com で利用可能なすべての日本語フォントのプレビューを表示したり、閲覧したりできます。日本語フォントのプレビューを表示できるように環境設定を設定するには、次のステップに従います。

  1. 編集環境設定タイプを選択します。
  2.  「さらに検索」で日本語フォントのプレビューを有効化を選択します。

Illustrator を再起動すると変更が適用されます。

フォントファミリーとスタイルの選択

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。テキストを選択しなかった場合、フォントは新しく作成するテキストに適用されます。

  2. コントロールパネル、書式メニューまたは文字パネルを使用して、フォントファミリーとフォントスタイルを選択します。
    • コントロールパネルで、フォントファミリーとフォントスタイルを設定します。

    • 書式メニューで、フォントまたは最近使用したフォントサブメニューからフォント名を選択します。 使用可能なフォントがそのフォントデザインで表示されるため、フォントメニューを使用する方法が便利です。

    • 文字パネルで、フォントファミリーとフォントスタイルを設定します。 ポップアップメニューから選択するほかに、フォント名が英語で表示されている場合は、テキストボックス内をクリックして、名前の先頭の数文字を入力して選択することもできます。

      ヒント:最近使用したフォントサブメニューに表示されるフォント数を変更するには、編集/環境設定/テキスト(Windows)または Illustrator/環境設定/テキスト(macOS)を選択し、「最近使用したフォントの表示数」オプションを設定します。

書体サイズの指定

デフォルトでは、書体サイズはポイントで指定します(ポイントは 1/72 インチに相当します)。 0.001 ポイントの増分値で 0.1 から 1296 pt の範囲でフォントサイズを指定できます。

注意:

Fireworks では、書体サイズはデフォルトではピクセル単位で測定されます。

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。テキストを選択しなかった場合、書体サイズは新しく作成するテキストに適用されます。
  2. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 文字パネルまたはコントロールバーで、「フォントサイズ」オプションを設定します。

    • 書式サイズメニューでサイズを選択します。「その他」を選択すると、文字パネルで新しいサイズを入力できます。

      ヒント:文字サイズの単位は、環境設定ダイアログボックスで変更できます。このオプションは Fireworks では使用できません。

フォントの検索と置換

  1. 書式フォント検索を選択します。

    注意:

    フォントの検索ダイアログボックスを移動すると、ドキュメント内のすべてのテキストが確認できるようになります。

  2. ダイアログボックスの上部で、検索するフォントの名前を選択します。 最初に該当するテキストがドキュメントウィンドウ内で強調表示されます。
  3. ダイアログボックスの下部で置換するフォントを選択します。 次の操作をおこなって、置換するフォントのリストをカスタマイズできます。
    • 置換するフォントポップアップメニューでオプションを選択します。「ドキュメント」を選択すると、ドキュメントで使用されているフォントだけが表示され、「システム」を選択すると、コンピューターにインストールされているフォントがすべて表示されます。

    • 「対象フォント」で、一覧に表示するフォントの種類を選択し、表示しないフォントの種類の選択を解除します。

  4. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 置換」をクリックすると、強調表示されたテキストのフォントが置換されます。

    • すべてを置換」をクリックすると、該当するフォントがすべて置換されます。

      該当するフォントがドキュメント内ですべて置換されると、そのフォント名が「使用中のフォント」の一覧から削除されます。

  5. 手順 2 ~ 4 を繰り返して、他のフォントを検索、置換します。
  6. 完了」をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

    注意:

    フォント検索コマンドを使用してフォントを置換した場合、フォント以外の文字の属性は変更されません。

所在不明のフォントの操作

システムにインストールされていないフォントをドキュメントで使用している場合、そのドキュメントを開くと警告メッセージが表示されます。 Illustrator では、フォントが環境下にない場合、使用可能な類似のフォントで置き換えられます。

  • 使用できないフォントを別のフォントと置き換えるには、そのフォントが使用されている文字を選択し、使用可能な別のフォントを適用します。
  • 環境にないフォントを Illustrator で使用できるようにするには、そのフォントをシステムにインストールするか、Adobe Fonts サービスを使用して有効にします。詳細については、フォントの追加を参照してください。
  • 代替フォントをピンク色で強調表示するには、ファイル書式を選択し、「代替フォントを強調表示」(必要に応じて「代替字形を強調表示」)を選択してから「OK」をクリックします。

デフォルトフォントの変更

Adobe Illustrator のデフォルトのフォントは Myriad Pro です。デフォルトのフォントは、フォントメニュー、文字パレットで、また文字スタイルパネルで標準文字スタイルとして選択されます。デフォルトのフォントは、開いているドキュメントにフォントが含まれていない場合や、Illustrator を終了する前に他のフォントを使用していた場合でも選択されます。Illustrator でデフォルトのフォントを変更するには、デフォルトのテンプレートファイルを編集します。

  1. ファイル開くを選択します。

  2. 次の場所に移動します。

    (Windows)OSDisk¥Users¥<ユーザー名>¥AppData¥Roaming¥Adobe¥Adobe Illustrator <バージョン番号> Settings¥ja_JP¥x64¥新規ドキュメントプロフィール

    (macOS)Finder/アプリケーション/Adobe Illustrator (バージョン番号)/Support Files/新規ドキュメントプロフィール/ja_JP

    注意:

    • <ユーザー名> をお使いのアカウント名に置き換えます。
    • <バージョン番号> を、システムにインストールした Illustrator のバージョンに応じて、次の値に置き換えます。詳しくは、Illustrator バージョン番号の置き換えに関するページを参照してください。
  3. 目的のドキュメントプロファイルテンプレートを選択し、「開く」をクリックします。

  4. ウィンドウ書式文字スタイルを選択します。

  5. 文字スタイルパネルで標準文字スタイルをダブルクリックします。

    character-styles-panel_1
  6. 文字スタイルオプションダイアログの左で「基本文字形式」を選択します。

  7. フォントファミリーメニューから目的のフォントを選択します。フォントスタイルサイズなどの設定を変更することもできます。

    character-styles-options_2
  8. OK」をクリックします。

  9. ファイル別名で保存を選択してオリジナルのドキュメントプロファイルテンプレートを上書きし、ファイルを閉じます。

  10. ファイル新規を選択し、目的のデフォルトのドキュメントプロファイルテンプレートを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー