この文書では、Adobe Acrobat DC で使用する注釈機能について説明します。

Adobe Acrobat でいう注釈とは、PDF に挿入することができるマークアップのことをいいます。注釈は、文書内のどこにでも挿入することができ、スタイルや書式を指定することもできます。注釈を追加するには、注釈および描画マークアップツール(注釈パネルウィンドウ)を使用します。

A. 注釈の追加方法

注釈を追加するには ツール/注釈 を選択した後、注釈ツールバーから「注釈」や「描画マークアップ」などの追加する注釈ツールのアイコンをクリックします。

B. 注釈の削除

追加した注釈を削除するには、選択ツールでノートアイコンをクリックして、Delete キーを押します。または、ノートアイコンを右クリックして、オプションメニューから「削除」を選択しても削除できます。

C. 注釈の種類

C-1. 注釈ツール

複数人数で文書で管理する場合や、作成者と校正者との間でやり取りを行う場合に、以下の注釈ツールを使用すると便利です。テキスト、スタンプ、添付ファイルなどのさまざまな形で、PDF 文書に注釈を追加することができます。

  • ノート注釈
    ノート注釈は最も一般的に使用する注釈です。ノート注釈を使用すれば、文書内の任意のページに、またページ内の任意の位置に注釈を追加できます。ノート注釈を追加すると、ノート注釈アイコンとポップアップウィンドウが表示されます。
  • テキスト注釈ツール
    PDF 文書の校正にテキスト注釈ツールを使用すると、修正が必要な箇所を指定することができます。テキスト注釈ツールでは、テキストの注釈を追加したり、テキストの挿入や置換を指示することができます。
  • スタンプツール
    スタンプツールは、紙の書類にゴム印を押すように、PDF 文書にスタンプを押すことができます。使用するスタンプは、あらかじめ定義されているスタンプのリストから選択する他に、新しく自分で作成することができます。
cq06181101_10
  • ハイライトツール/下線ツール/取り消しツール
    ハイライトツールは PDF 文書内の任意の部分をハイライト表示します。取り消し線ツールは、任意の部分に取り消し線を、下線ツールは任意の部分に下線を引きます。
  • ファイルを添付
    注釈として任意のファイルを添付します。添付ファイルは PDF 文書に埋め込まれるため、他のコンピュータに移動した場合でも他のユーザが参照することができます。
  • 音声ファイルを添付
    WAV 形式、または AIFF 形式の音声ファイルを注釈として文書に添付したり、音声注釈をマイクから録音して添付することができます。「音声ファイルを添付」ツールを使用するとサウンドレコーダが表示され、録音もしくは添付するファイルの選択を行うことができます。
※ 「録音」ボタンが表示されるのは、録音デバイスが接続されている場合のみです。
  • 鉛筆ツール、消しゴムツール
    フリーハンドで図形を描画することができます。また、消しゴムツールを使用して、鉛筆ツールで描画した箇所を削除することもできます。

C-2. 描画マークアップツール

描画ツールは、線や円などの図形を使用して文書を視覚的にマークアップすることができます。このようなマークアップを描画マークアップと呼びます。また、描画マークアップにはノートを追加することもできます。以下の各種の描画ツールから、目的の視覚効果に合ったツールを選択して使用できます。

  • 長方形ツール、楕円ツール、矢印ツール、線ツール
    単純な図形を作成することができます。
  • 多角形ツール、折れ線ツール
    多角形ツールは、複数の辺から成る閉じた図形を作成することができます。辺を閉じない場合は、折れ線ツールを使用します。
  • 雲型ツール
    雲形の図形を作成することができます。多角形ツールと使用方法は同じですが、図形を描き終えると自動的に辺が曲線に変化します。
cq06181101_18
  • テキストボックスツール、引き出し線付きテキストボックスツール
    テキストボックス注釈は PDF 文書のどのページにも作成でき、ページのどこにでも置くことができます。テキストボックス注釈は常に文書のページ上に表示され、閉じることはできません。

D. 注釈の表示方法の変更

釈の色と表示は、変更することができます。新しく設定した表示方法を、そのツールのデフォルトの表示方法として設定することもできます。

注意:

以下の手順では、ノート注釈を例に説明します。注釈の種類によりダイアログの内容が異なる場合があります。

  1. 変更する注釈を選択し、右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択します。

    注意:

    現在の表示設定をデフォルトに設定する場合は、ここで「現在のプロパティをデフォルトとして使用」を選択します。

  2. プロパティダイアログボックスで、必要に応じて設定を変更します。

  3. 同じ種類のすべての注釈にこれらのプロパティを適用するには、プロパティダイアログボックスの下部にある「プロパティをデフォルトとして使用」にチェックをいれます。

  4. 「OK」をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

E. 注釈の環境設定

注釈の設定は、編集/環境設定 の「注釈」から行えます。オプション項目については以下の通りです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー