Acrobat の主要なツールや基本的な操作方法

本ガイドはWindows環境での操作画面および解説をしております。

mac環境の場合はメニュー画面や表示画面が異なる場合がございますのでご了承ください。

 

画面各部の名称と機能紹介

ツールバー/クイックツール

ツールバーには、頻繁に使用するツールをクイックツールとして表示することができます。初期設定では、ごく基本的なツールしか表示されませんが、必要なツールを選択して追加することができます。(クイックツールの追加方法は、5ページを参照ください)

ツールパネルウィンドウ

ツールパネルウィンドウには、Acrobatのほとんどのツールが集約されており、カテゴリーごとにわかりやすく整理されているので、目的の作業をすぐに開始することができます。「PDFを編集」、「注釈」などのパネル名をクリックすると、その作業に必要なツールがパネルに表示されます。

ナビゲーションパネル

ナビゲーションパネルには、ページサムネール、しおり、添付ファイルなどの様々なパネルを切り替えて表示できます。文書の種類によって表示される機能が異なり、タグや署名、レイヤーなどが追加された文書を開いた場合は、その機能のパネルのボタンが追加で表示されます。

Acrobat DCの基本構成

Acrobat DCの初期画面では「ホーム」と「ツール」の2つのビューが備わっています。「ホーム」では主にファイルの管理を行い、「ツール」ではツールの管理を行います。タブには、この2つに加えて、現在作業中の文書ファイルが並びます。

ホームビュー

Acrobat DCを起動すると初期画面としてホームビューが表示されます。ホームでは主にAcrobat  DCで閲覧するための文書を開くための操作を行います。

 

ファイルリスト

● 「最近使用したファイル」ファイルビュー

ファイルリストには、最近使用したファイルとAcrobat  DCから直接送信されたファイルの一覧を見ることができます。「最近使用したファイル」の一覧からファイルを選択すると右側に、ファイルのサムネールプレビュー、場所および頻度の高いツールのリストを表示する詳細パネルが表示されます。

● 「共有」ファイルビュー

表示用、レビュー用、署名用に共有したファイルをオンラインでトラックおよび管理できます。

ストレージ

● 「マイコンピューター」

ストレージでは、お使いのPC内に保存されているファイルを開く操作や、Document CloudあるいはOneDriveやGoogle ドライブなど、他社のクラウドストレージサービスからファイルを読み込む機能が備わっています。

マイコンピューターを選択すると、最近使用したファイルが保存されているフォルダーが一覧として表示されます。クリックすることで、素早く文書を選ぶことができます。

● Document Cloud

1クリックでDocument Cloudのストレージに保存することができ、モバイルデバイスからもアクセスできます。ここでは、Document Cloudにアップロードしたファイルの一覧を見ることができます。

● アカウントを追加

Acrobat DCから、直接box、Dropbox、Google Drive、OneDrive、Microsoft SharePointにアクセスすることができます。アカウント情報を入力すると、ストレージにそれぞれの項目が追加され、各アカウントのファイルへ直接アクセスすることができます。

ツールセンター

Acrobatで使用できるツールにアクセスしたり、見つけたりする際に使用します。すべてのツールが、カテゴリごとに一覧表示されます。ツールを選択すると、ファイルが開いている場合は、その作業に応じたツールバー①およびツールパネルウィンドウ②が表示されます。また、「ツールを検索」③にキーワードを入力すると、そのキーワードに関連するツールを表示させることができます。

Acrobat DCを使いやすい環境にする

PDFには、テキストや画像以外にもさまざまな情報を付加することで、電子文書としての付加価値を高めることができます。また、ユーザーにとって使いやすい環境を整えるためのカスタマイズ機能も豊富です。
本章ではPDFを最大限に活用するためにいくつかの設定を行います。

 

ページ表示を設定する

ページ表示の設定をしておくことで、ファイルを開いてから調整することなく、閲覧しやすい状態にできます。普段よく利用するデバイス向けの表示設定を行っておくと便利です。

  1. Acrobatの画面上部にあるメニューバーの「編集」→「環境設定」を開き、「ページ表示」を選択します。
  2. ページレイアウトやズームなど、ファイルを開いた際の表示状態を設定しておくことができます。

ユーザー情報を設定する

Acrobatの画面上部にあるメニューバーの「編集」から「環境設定」を実行すると、設定可能な情報の一覧が表示されます。この中から「ユーザー情報」を選択しま す。ユーザー情報で設定された情報は、注釈の入力時などで、本人を識別するケースなどで利用されます。

クイックツールの登録と利用

Acrobat  DCでファイルを開くと、画面上部のツールバーにクイックツールが表示されます。よく使うツールを登録しておくと、必要な時に素早く利用することができます。

1. 「表示」→「表示 切り替え」→「ツールバー項目」→「クイックツール をカスタマイズ」を実行します。もしくは、ツールバー上で右クリックし、「クイックツールをカスタマイズ」を選択します。

2. ツールバーへ登録したい機能を選び、「ツールバーへ追加」ボタン①を押します。

3. 保存ボタンを押すと追加されたツールがクイックツールに登録されます。

ツールセットの登録と利用

ツールパネルウィンドウには、ツールセンターから頻繁に利用する機能を登録し、表示させておくことができます。

1. タブから「ツール」を選択します。

2. ツール一覧の中から、ツールパネルウィンドウへ登録する機能のアイコンをドラッグ&ドロップします。

3. ツールパネルウィンドウに登録されたショートカットを削除するには、ショートカットにマウスカーソルを合わせるとXボタンが表示されるので、クリックします。

表示テーマから背景色を設定する

Acrobat DCでは、ユーザーインターフェイスの色を「ライトグレー」、「ダークグレー」、「システムテーマ」の3種類から選ぶことができます。

ここでは「表示」→「表示テーマ」→「ライトグレー」か「ダークグレー」を選択します。

 

Acrobatを再起動すると、選択したカラーのユーザーインターフェイスで起動します。

オンラインストレージのアカウントを設定する

ホームタブから「アカウントを追加」を選ぶと、box、Dropbox、Google Drive、OneDrive、Microsoft SharePointのアカウント設定を行うことができます。アカウントを登録することで、それぞれのストレージへ直接アクセスすることが可能です。

 

(box)

1. boxの「追加」ボタン①を押します。

 

2. アカウント情報を入力し、「boxへのアクセスを許可」②をクリックします。

3. メールアドレス、パスワードを入力し、承認③します。

4. ファイルとフォルダーのリストが表示され、ファイルのアップロードとダウンロードが可能になります④。アップロードしたファイルを選択すると、そのファイル形式に伴う処理ができるようになります⑤。

(Dropbox)

1. Dropboxの「追加」ボタン①をクリックします。

 

2. アカウント情報を入力し、ログイン②します。

3. アクセスを許可③します。

4. ファイルとフォルダーのリストが表示され、ファイルのアップロードとダウンロードが可能になります④。アップロードしたファイルを選択すると、そのファイル形式に伴う処理ができるようになります⑤。

(Google Drive)

1. Google Driveの「追加」ボタン①をクリックします。

 

 

2. メールアドレスを入力し、「続行」②します。

3. アカウント情報を入力し「サインイン」③をクリックします。

4. アプリからのアクセスを許可し、「はい」④をクリックします。

5. ファイルとフォルダーのリストが表示され、ファイルのアップロードとダウンロードが可能になります⑤。アップロードしたファイルを選択すると、そのファイル形式に伴う処理ができるようになります⑥。

(OneDrive)

1. OneDriveの「追加」ボタン①をクリックします。

 

2. メールアドレスを入力し、「続行」②します。

3. アカウント情報を入力し「サインイン」③をクリックします。

4. アプリからのアクセスを許可し、「はい」④をクリックします。

5. ファイルとフォルダーのリストが表示され、ファイルのアップロードとダウンロードが可能になります⑤。アップロードしたファイルを選択すると、そのファイル形式に伴う処理ができるようになります⑥。

(SharePoint)

1. Microsoft SharePointの「追加」ボタン①を押します。

2. アカウント情報を入力②します。

※入力するURLは通常、ブラウザーでログインしてSharePointサイトのホームページを開くときにブラウザーのアドレスバーで確認できるURLです。

3. 続行すると、アカウントが左側のウィンドウの「ストレージ」セクションに追加されます。

モバイルデバイスでの利用(サブスクリプション)

AcrobatDCでは、コンピューターはもとより、スマートフォンやタブレットなどデバイスを問わず、PDFを閲覧および活用することができます。お使いのコンピューターまたはモバイルデバイスで、いつでも最新のファイルにアクセスできるため、どこにいても作業を継続することができます。

 

Acrobat DC モバイル版アプリ

Acrobat DCモバイル版アプリを使用すれば、スマートフォンやタブレットなど、iOSまたはAndoroidが搭載されたデバイス上で、PDFの作成、整理、注釈、書き出し、署名など様々な操作を行うことができます。デスクトップのAcrobat DCと共通のユーザーインターフェイスを採用しており、すべてのデバイスで一貫した操作性を実現します。

※書き出しや編集などのプレミアム機能を利用するためには無料のアプリをダウンロードし、サブスクリプション契約しているAdobe IDでログインが必要です。