内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe After Effects のアニメーションツールについて説明します。

Adobe After Effects には、以下のようなアニメーションツールがあります。

A. モーションパス

モーションパスは、空間的なプロパティやそのキーフレームを表示したり操作したりするための視覚的・空間的手段で、タイムラインパネルとともに使用してプロパティを操作できます。モーションパスは位置、アンカーポイント、エフェクトコントロールポイントのプロパティなど一連の点として表示され、それぞれの点が各フレームでのレイヤーの位置を示します。パス内のボックスは、キーフレームの位置を示します。

モーションパスの作成方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

- モーションパスを作成する方法

B. モーションブラー

動きのあるオブジェクトを含む映画またはビデオを表示すると、イメージがぼやけることがあります。オブジェクトの動きが速いほど、ぼやける度合いも大きくなります。

これとは対照的に、コンピューターで作成したアニメーションの 1 フレームでは、どのオブジェクトが動いているかを判別できないほど、動きのあるすべてのオブジェクトが、停止したオブジェクトと同じくらい鮮明に表示されます。After Effects でアニメートするレイヤーにモーションブラーを追加すると、動きがよりスムーズで自然になります。

モーションブラーの設定方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

- モーションブラーの設定方法

C. オーディオをキーフレームに変換

「オーディオをキーフレームに変換」キーフレーム補助では、ワークエリア内のオーディオ振幅を分析し、オーディオ振幅のキーフレームを作成することができます。

詳しくは、こちらをご覧ください。

- オーディオをキーフレームに変換する方法

D. アニメーションプリセット

After Effects には、あらかじめ多くのアニメーションプリセットが用意されています。アニメーションプリセットを使用することで、複雑な動きを素早く簡単に適用することが可能です。

アニメーションプリセットは、エフェクト&プリセットパネルで「アニメーションプリセット」を開き、プリセット名をタイムラインパネルのレイヤーにドラッグして適用します。

E. パペットツール

パペットツールを使用すると、静止画、シェイプ、テキスト文字列を含むラスターイメージやベクトルグラフィックに自然な動きをすばやく追加できます。

パペットツールについて詳しくは、こちらをご覧ください。

- パペットツールの使用方法

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー