マニュアル キャンセル

Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

Adobe Captivate では、プロジェクトにスライドを追加するときのために、記録、読み込みおよびコピーを含め幅広い様々なオプションが用意されています。空白、画像、質問またはアニメーションなど、別の種類のスライドを追加することもできます。

プロジェクトの追加スライドの記録

Adobe Captivate プロジェクトを記録しているとき、スライドレベルで作業を開始してみたら、さらにスライドの記録が必要な場合があります。このような場合は、プロジェクト全体を記録し直さずに、いくつかのアクションだけを追加で記録します。Adobe Captivate では、新規スライドを記録して、既存のプロジェクトに挿入することができます。詳しくは、追加のスライドを既存のプロジェクトに記録するを参照してください。

他のプロジェクトからの複数のスライドのコピー

  1. 開いているプロジェクトで、コピーするスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。複数のスライドを選択するには、キーボードの Shift または Ctrl を押しながらスライドをクリックし、さらに右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  2. 「コピー」を選択します。

  3. スライドを貼り付ける Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  4. 後ろに新しいスライドを表示するスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。例えば、コピーしたスライドをプロジェクトの「スライド 6」として貼り付ける場合は、現在「スライド 5」になっているスライドをクリックします。

  5. 「貼り付け」を選択します。

注意:

スライドに関連付けられた「高度なアクション」と「共有アクション」をコピーすることもできます。そうするには、アクションが割り当てられたスライドとともに、これらのアクション内から参照されたオブジェクトとスライドをコピーします。

読み込み時のスライドのサイズ変更

Adobe Captivate では、スライドの読み込み先のプロジェクトの寸法に合わせて、読み込んだスライドのコンテンツを自動的にサイズ変更できます。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(Mac OS)を選択します。

  2. グローバルメニューの「一般設定」を選択します。

  3. 「読み込んだスライド / 貼り付けたスライドをサイズ変更」を選択します。

スライドの複製

スライドの複製は、プロジェクトを拡張するための簡単な方法です。例えば、特定の背景色、レイアウト、キャプション、およびハイライトボックスを含むスライドを丁寧にデザインした場合、そのスライドを複製し、いくつかのエレメントやテキストを変更すると、プロジェクトにより多くの情報を追加できます。

注意:

マスタースライドも、複数のスライドに統一された外観を実現する方法です。

  1. 開いているプロジェクトで、次のいずれかの操作を実行します。

    • コピーするスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「複製」を選択します。

    • スライドを選択し、Ctrl + D キーを押します。

複数のスライドを選択するには、キーボードの Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら、目的のスライドをクリックします。すべてのスライドを選択するには、スライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「すべてのスライドを選択」を選択します。

選択した 1 つまたは複数のスライドが複製され、プロジェクトに配置されます。複製されたスライドは、オリジナルのスライドと同様に編集および操作できます。

空白スライドの挿入

  1. 開いているプロジェクトで、後ろに新しい空白スライドを表示するスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  2. 挿入/空白スライドを選択します。

新しいスライドがプロジェクトに追加されます。プロジェクト内の他のスライドと同様に、新しいスライドを編集および操作することができます。

新規またはステンシルスライドの挿入

「ステンシル」スライドは、選択したスライドと関連付けられているマスタースライドを継承するものです。

  1. 開いているプロジェクトで、後ろに新しいスライドを表示するスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  2. 挿入/新規スライドを選択します。

新しい「ステンシル」スライドがフィルムストリップに表示されます。必要に応じて、スライドを編集できます。プロパティインスペクター(一般/マスタースライドリスト)を使用して、異なるマスタースライドを関連付けることもできます。

画像をスライドとして挿入

画像スライドは、背景に画像が挿入されているスライドです。

  1. Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  2. 後ろに新しい画像スライドを表示するスライドを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)します。

  3. 挿入/画像スライドを選択します。

  4. 開くダイアログボックスで、読み込む画像を参照して選択します。

  5. 読み込む画像のサイズがスライドより大きい場合、画像をサイズ変更 /トリミングダイアログボックスが表示されます。次のいずれかの操作を実行します。

    ステージに合わせる

    スライドの寸法に合わせて画像のサイズを変更します。

    トリミング

    プロジェクトの寸法に対応する枠線ボックスを表示します。ボックスのハンドルのサイズを変更して、スライドで表示する領域を選択します。縦横比の維持を選択すると、枠線ボックスの高さと幅の比率が維持されます。

    ズーム

    スライダーを動かすことにより、画像をズームインおよびズームアウトできます。または、メニューの標準ズームサイズの一覧から選択することもできます。

    縦横比の維持

    画像のトリミングに使用する枠線ボックスの縦横比を維持します。このオプションは、画像のトリミングを選択した場合にのみ有効になります。このオプションを無効にして枠線ボックスのサイズを変更した後で再びオプションを有効にすると、以降は変更後の寸法に基づいて縦横比が計算されます。

    上記のオプションに加えて、トーンコントロール(明るさ、シャープネス、コントラスト)を設定し、カラー範囲(アルファ、色相、彩度)を調整することもできます。また、画像を反転または回転することもできます。

PowerPoint プレゼンテーションからのスライドの挿入

PowerPoint スライドをプロジェクトの最後またはプロジェクト内に追加できます。

  1. 開いているプロジェクトで、挿入/PowerPoint スライドを選択します。

  2. PowerPoint プレゼンテーションを選択して「開く」をクリックします。

  3. 「スライドを読み込んで、選択したスライドの後に挿入」を選択し、リストから選択したスライドの後に新しいスライドを追加して、「OK」をクリックします。

  4. PowerPoint プレゼンテーションを変換ダイアログボックスで、以下の操作を行います。

    • スライドの「含める」チェックボックスの選択を解除して、読み込みから除外します。

    • 「リンク設定済み」チェックボックスの選択を解除して、ソースの PowerPoint ファイルへのリンクを削除します。

    • スライドの進め方(自動またはマウスをクリックしたとき)を指定します。

アニメーションスライドの挿入

SWF ファイル、AVI ファイルまたはアニメーション化された GIF ファイルを新しいスライドとして挿入できます。

注意:

アニメーションをスライドとして追加することは、大きいアニメーションファイルに最適です。

  1. 開いているプロジェクトで、挿入/アニメーションスライドを選択します。

  2. 挿入するアニメーションファイル(SWF、AVI、またはアニメーション化された GIF)がある場所に移動し、「開く」をクリックします。アニメーションスライドが生成され、プロジェクトに追加されます。

正しいフレームレートに設定することが重要です。読み込まれたすべてのアニメーションファイルは、プロジェクトの環境設定ダイアログボックスで選択されたレートで再生され、ファイルが読み込まれる前に設定されたレートには関係しません。ほとんどの場合に適する、1 秒あたり 30 Flash フレームにデフォルトで設定されています。Adobe Captivate SWF ファイルをフレームレートが 30 以外の別の SWF ファイルに埋め込むときは、レートの変更が必要な場合もあります。

アニメーションスライドを作成するとき、プロジェクトでのスライド表示時間は、自動的にアニメーションファイル自体の長さがデフォルトになります。例えば、新しく作成するアニメーションスライドに使用するアニメーションファイルの長さが 1.2 秒の場合、アニメーションスライドの表示時間は 1.2 秒になります。スライドの表示時間を変更するには、フィルムストリップでスライドをクリックし、プロパティインスペクターで「表示時間」欄に新しい秒数を入力します。または、「タイムライン」を使用してスライドの表示時間を変更します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン