分岐パネル(ウィンドウ/分岐ビュー)では、プロジェクトのスライド間のリンクがすべて視覚的に表示されるので、そのようなリンクをすばやく編集できます。このパネルを使用して、プロジェクトのスライドがどのように相互リンクされているかを分析および解釈できます。

分岐パネルは、質問スライドを含む教材を作成し、正解と不正解に対して異なるパスを指定する場合に特に有効です。例えば、正解のときは「次のスライドへ」などの動作を設定し、不正解のときは「スライドへジャンプ」などの別の動作を設定できます。分岐ビューを使用すると、分岐の設計を簡単に変更できます。

既存の Adobe Captivate プロジェクトの分岐ビューを BMP、JPEG/JPG、PNG、または GIF ファイルに書き出すこともできます。

分岐パネルのペイン

プレビューペイン

このペインはパネルの下部にあり、プロジェクトのすべてのスライドが表示されます。このペインが表示されていない場合は、パネルの下部にある矢印をクリックします。

ペイン内の矩形は、メインペインに現在表示されているスライドを示します。別のスライドのセットをメインペインに表示するには、矩形を必要な領域に移動します。

メインペイン

このペインはパネルの中央にあり、プロジェクトの分岐を解釈および編集するメイン領域です。スライド間の矢印は、スライドが互いにどのように関連しているかを示します。

黒の矢印

この矢印の根元にあるスライドにはインタラクティブオブジェクトがないことを示します。実行時には、このスライドの表示時間が経過すると、矢印の先にある次のスライドが表示されます。

緑の矢印

この矢印の根元にあるスライドにインタラクティブオブジェクトが含まれていることを示します。実行時にユーザーがこのオブジェクトをクリックすると、矢印の先にあるスライドが表示されます。

赤の矢印

矢印の根元にあるスライドのインタラクティブオブジェクトをユーザーがクリックできなかった場合に表示されるスライドを示します。

矢印をクリックすると、ポップアップが表示され、スライドをリンクするオブジェクトの名前が表示されます。

このペインのオプション:

スライドグループを作成

選択したスライドを 1 つのグループにまとめます。スライドのグループ化について詳しくは、分岐ビューを使用したスライドのグループ化を参照してください。

スライドグループを展開

選択したグループに属するスライドをすべて表示します。グループ内のスライドは、デフォルトでは折りたたんだ状態になっています。

スライドグループを折りたたむ

展開されているスライドのグループをグループに再びまとめます。

スライドグループを削除

グループ化されたスライドをグループ解除します。

分岐ビューの書き出し

表示されるダイアログボックスを使用して、分岐ビューを BMP、JPEG/JPG、PNG、または GIF ファイルとして書き出します。

ズーム

一覧で選択した値またはスライダーに基づいて、メインビューをズームインまたはズームアウトします。

このペインを使用したスライドのリンクの編集について詳しくは、スライド間のリンクの編集を参照してください。

リンク未設定のスライドペイン

このペインには、プロジェクト内のどのスライドにもリンクされていないすべてのスライドが表示されます。このペインが表示されていない場合は、パネルの左側にある矢印をクリックします。

スライドのリンクを変更するには、スライドのサムネールをダブルクリックし、表示されたポップアップの「アクション(成功)」のリストでオプションを選択します。

インタラクティブオブジェクトのリンクを変更するには、スライドのサムネールをダブルクリックし、オブジェクトをクリックします。表示されたポップアップの「アクション(成功)」および「アクション(失敗)」のリストでオプションを選択し、保存アイコンをクリックします。

例えば、スライド 1 にボタンがあるとします。ユーザーがこのボタンをクリックすると、スライド 4 が表示される必要があり、ボタンをクリックしなかった場合(失敗)、スライド 23 が表示される必要があります。ポップアップボックスを使用して、成功イベントと失敗イベントのスライドを指定できます。ターゲットスライド(スライド 23)に、スライド 1 に戻るインタラクティブオブジェクトが含まれている場合、スライド 1 への逆リンクがスライドの下に表示されます。

「アクション(成功)」および「アクション(失敗)」のリストには、以下のオプションが表示されます。

  • 次のスライドに移動

  • 前のスライドに移動

  • スライドへジャンプ

電子メールの送信や、URL またはファイルを開くなど、その他のアクションを割り当てるには、スライドのプロパティインスペクターを使用します。詳細なインタラクションパネル(プロジェクト/詳細なインタラクション)では、プロジェクトのすべてのインタラクションを表示できます。

分岐ビューを使用したスライドのグループ化

  1. パネル内(スライドではない)をクリックし、マウスボタンを押したまま、グループ化するスライド上にマウスを移動します。

    長方形選択ツールが表示され、選択したスライドが周囲の太い枠線でハイライト表示されます。

  2. スライドグループを作成アイコンをクリックします。1 つのグループスライドがパネルに表示されます。

    • グループを展開するには、グループスライドの矢印をクリックするか、グループスライドを選択してスライドグループを展開アイコンをクリックします。

    • スライドをグループ解除するには、グループスライドを選択し、スライドグループを削除アイコンをクリックします。

    注意:

    グループスライドに名前を付けるには、プロパティインスペクターを使用します。詳しくは、スライドグループの名前および色の設定を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー