Adobe Captivate ではキャプション、ハイライトボックス、アニメーション、または画像など、複数のオブジェクトをスライドに追加できます。オブジェクトの表示順序も指定できます。タイムラインにより、スライド上にあるすべてのオブジェクトのタイミングを、正確に調整することができます。

  1. 開いているプロジェクトで、順序を変更するオブジェクトを含むスライドに移動します。

  2. 必要に応じて、オブジェクトの順序やタイミングを変更します。

    例えば、サイズ変更カーソルが表示されるまで、タイムライン上のオブジェクトの左端または右端にマウスを移動させます。次に、その端を左右にドラッグして、オブジェクトが表示されるタイミングと期間を変更します。

    現在、スライドとオブジェクトが同じ時間表示される設定になっていて、そのオブジェクトを少し遅れて表示したい場合は、ハンドカーソルが表示されるまでマウスをオブジェクトの中央に移動させます。そして、オブジェクト全体をドラッグしてキャプションの左端がヘッダーの 2 秒(2 秒遅れ)、または 4 秒(4 秒遅れ)の位置まで移動させます。

  3. スライド上で 2 つのオブジェクトが重なっている場合、重なり順序を設定することにより、最前面に表示するオブジェクトを指定します。重なり順序を変更するには、オブジェクトをスライドの「ステージ」の前後に移動させます。重要な点は、ステージの一番後ろにあるオブジェクトは、他のオブジェクトよりも後ろに表示されることです。重なり順序を設定するには、以下のいずれかの方法で行います。

    • スライド上のオブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、オブジェクトの順序オプションのいずれかを選択します。必要に応じて、スライド上の他のオブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して順序を調整します。

    • タイムラインで、ハンドカーソルが表示されるまでオブジェクトにポインターを移動させます。次に、オブジェクトを上下にドラッグし、オブジェクトの重なり順序を変更します。オブジェクトを重なり順序内で上に移動させるとステージの前方に移動し、下に移動させるとステージの後方に移動します。

    注意:

    スライドレットの順序が変更されると、スライドレットに含まれるオブジェクトもスライドレットと共に後ろまたは前に移動します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー