マニュアル キャンセル

Captivate での Adobe Connect の使用

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    2. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    3. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    4. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    5. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    6. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    7. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    8. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

インターネットでオンライン会議、プレゼンテーション、トレーニングなどを開催するには、Adobe® Connect™ を使用します。 Adobe Connect と Adobe Captivate を統合すると、Connect の会議にソフトウェアのインタラクティブなシミュレーションやデモンストレーションを含めることができます。

主な統合機能には、次の機能が含まれます。

Adobe® Connect™ トレーニング

Adobe Captivate のデモンストレーションおよびインタラクティブなシミュレーションを追加して、会議やトレーニングの効率を高めます。 プレゼンターは同期ボタンを使用して、参加者全員に操作が見えるようにします。 同期オプションをオフにすると、参加者が各自のコンピューターで Adobe Captivate のデモやシミュレーションを自由に操作できるようになります。

簡単な配信とパブリッシュ

Adobe Captivate のシミュレーションやデモンストレーションは、標準的な Web ブラウザーで提供できます。 Adobe Connect のユーザーは、Adobe Captivate プロジェクトを Adobe Connect に直接パブリッシュできるので、他のユーザーがプロジェクトにアクセスできます。

Adobe Captivate と Adobe Connect を統合するためのオプションの使用

Adobe Captivate では、Adobe Captivate と Adobe Connect の連携を円滑にするために 2 つのオプションを選択できます。 「Adobe Acrobat Connect メタデータを含める」オプションは、Connect の情報を Adobe Captivate のプロジェクトファイルに追加します。 このオプションを設定すると、ユーザーは Adobe Captivate のプロジェクトとその内容を Adobe Connect から検索できます。 また、Adobe Connect をクイズの報告出力オプションとして選択することもできます。 Adobe Connect でこのオプションを使用すると、Adobe Captivate のプロジェクトでユーザーがクイズやインタラクティブなオブジェクトを操作する様子を追跡できます。 アップロードしやすいように、プロジェクトを ZIP ファイルに圧縮することもできます。 Adobe Connect の統合によって、ビデオファイルも簡単に更新できるようになりました。

学習管理への Adobe Connect の使用

Adobe Connect を使用すると、ライブ仮想教室やセルフペースコースへの e ラーニング用のコンテンツの配信、参加者の管理、学習者の進行状況の追跡を簡単に行えるようになります。 Adobe Connect の学習管理システムによる統合ソリューションについて詳しくは、www.adobe.com/go/learn_adobeconnectlms_jp を参照してください。

Adobe Captivate プロジェクトに Adobe Connect の学習管理機能を活用できます。 次の操作を実行して、Adobe Captivate プロジェクトを Adobe Connect サーバーにアップロードします。

  • 環境設定ダイアログボックスで Adobe Connect を LMS として指定します。

  • プロジェクトを Adobe Connect サーバーにパブリッシュします。

LMS としての Adobe Connect の指定

  1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(macOS)を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスで、クイズメニューの「報告」を選択します。

  3. 「Adobe Connect」を選択します。

  4. 「OK」をクリックします。

プロジェクトを Adobe Connect にパブリッシュ

SWF ファイルとは別に、ソースファイルおよび任意の外部 FLV ファイルをサーバーにアップロードできます。また、プロジェクトを単一の zip ファイルとしてアップロードすることもできます。

  1. ツールバーで、パブリッシュ/Adobe Connect にパブリッシュをクリックします。

  2. Adobe Connect にパブリッシュダイアログボックスでフォルダーアイコンをクリックします。

    プロジェクトの Adobe Connect へのパブリッシュ
    プロジェクトの Adobe Connect へのパブリッシュ

  3. Adobe Connect Server ダイアログボックスで「追加」をクリックして、Adobe Connect Server の名前と URL を入力し「OK」をクリックします。 

  4. パブリッシュダイアログボックスで、必要に応じてオプションを選択します。

    プロジェクトファイルをパブリッシュ(*.cptx)

    ソースファイルがサーバーにアップロードされます。

    プロジェクトファイルを Zip 圧縮

    パブリッシュしたすべてのファイルが、単一の zip ファイルとしてサーバーにアップロードされます。

    ビデオファイル(*.flv)をパブリッシュする

    Adobe Captivate プロジェクトに読み込んだ任意のビデオファイルをパブリッシュします。

    SWF

    プロジェクトを SWF ファイルとしてパブリッシュします。

    HTML5(サブスクリプションおよびアドビソフトウェアアシュアランスのお客様向け)

    プロジェクトを HTML5 出力としてパブリッシュします。

    詳細

    「詳細」をクリックして設定を行います。 

  5. 「パブリッシュ」をクリックします。

  6. Adobe Connect ウィンドウで、ログイン資格情報を入力します。

  7. 「新規フォルダー」をクリックし、プロジェクトファイルのアップロード先となるフォルダーを作成します。代わりに、リストから任意の既存フォルダーを選択することもできます。

  8. 「このフォルダーにパブリッシュする」をクリックします。

  9. Adobe Connect Server ウィンドウで、次の操作を実行します。

    1. 「タイトル」フィールドにプロジェクトの名前を入力します。

    2. プロジェクトの URL をカスタマイズする場合は、「カスタム URL」フィールドに名前を入力します。URL プレフィックス http://<サーバー名>/ を追加します。

    3. プロジェクトの説明を入力します。

    4. 作成したプロジェクトの言語を選択します。

    5. 「完了」をクリックします。

Adobe Connect にコンテンツをアップロードした後、そのコンテンツを既存のコースの一部にするか、または新しいコースにすることができます。

Adobe Connect の会議への Adobe Captivate デモの追加

次の 2 通りの方法で Adobe Captivate のプロジェクトを Adobe Connect の会議で使用できます。

  • Adobe Captivate のプロジェクトを Adobe Connect に直接パブリッシュします。プロジェクトを Connect コンテンツライブラリから Adobe Connect の会議に追加します。 アドビ システムズ社ではこのオプションを推奨しています。 コンテンツライブラリから Adobe Captivate プロジェクトを追加すると、Adobe Captivate のすべての機能が Adobe 内で正しく使用できるようになります。)

  • Adobe Captivate プロジェクトをパブリッシュして、コンピューターに保存される .zip ファイルを作成し、その .zip ファイルを Adobe Connect の会議に追加します。

    プレゼンターは同期ボタンを使用して、参加者全員に操作が見えるようにできます。プレゼンターがマウスを動かしたり、デモを操作したりすると、会議の参加者全員のコンピューターにそのアクションが表示されます。 プレゼンターが同期オプションをオフにすると、参加者は各自のコンピューターで Adobe Captivate デモやシミュレーションを自由に操作できるようになります。 プレゼンターは、必要に応じて何度でも同期機能のオンとオフを切り替えることができます。

    注意:Adobe Captivate プロジェクトに _skin ファイルが含まれている場合は、Adobe Connect の「同期」ボタンが表示されません。

    Adobe Connect に複数のファイルを含める場合は、必ず次の操作を実行します。

    1. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(Mac OS)を選択します。

    2. カテゴリーパネルで「プロジェクト」を展開し、「パブリッシュ設定」を選択します。

    3. プロジェクトパネルで「Adobe Acrobat Connect メタデータのパブリッシュ」を選択します。

    4. 「OK」をクリックします。

    5. ファイル/パブリッシュを選択します。

    6. 「Flash(SWF)」を選択します。

    7. 「出力」オプションで ZIP ファイルを選択します。

      ZIP ファイルを Adobe Connect の会議にアップロードします。

Connect コンテンツライブラリから会議への Adobe Captivate プロジェクトの追加

  1. Adobe Captivate で、プロジェクトを作成します。

  2. プロジェクトを Adobe Connect にパブリッシュします。

  3. 既存の会議を開くか、会議を作成します。

  4. 参加してもらいたい人に、会議の URL を送ります。

  5. 会議室に入ります。

  6. ポッド/共有/コンテンツライブラリから選択を選択します。

  7. Adobe Captivate プロジェクトを選択し、「開く」をクリックします。

  8. (オプション)必要に応じて「同期」ボタンをクリックし、プレゼンターが行ったアクションを参加者の画面に表示するか、各自がコンピューターを制御できるようにします。

  9. 「共有の停止」をクリックして Adobe Connect の会議室に戻ります。

デスクトップから会議への Adobe Captivate プロジェクトの追加

  1. Adobe Captivate で、プロジェクトを作成します。

  2. プロジェクトを Flash にパブリッシュして、SWF ファイルを作成します。

  3. SWF ファイルの場所を書き留めます。

  4. Adobe Connect にログインします。

  5. 既存の会議を開くか、会議を作成します。

  6. 参加してもらいたい人に、会議の URL を送ります。

  7. 会議室に入ります。

  8. ポッド/共有/マイコンピューターから選択を選択します。

  9. Adobe Captivate SWF ファイルのある場所まで移動し、ファイルを選択して「開く」をクリックします。

  10. アップロードメッセージが表示されます。SWF ファイルがアップロードされたら、Adobe Captivate 再生バーの「再生」ボタンをクリックしてプロジェクトを開始します。

  11. (オプション)必要に応じて「同期」ボタンをクリックし、プレゼンターが行ったアクションを参加者の画面に表示するか、各自がコンピューターを制御できるようにします。

  12. 「共有の停止」をクリックして Adobe Connect の会議室に戻ります。

Adobe Connect のトラッキングの追加

Adobe Connect の会議に追加した Adobe Captivate のシミュレーションをユーザーが操作する様子を追跡できます。追跡しやすくするには、プロジェクト出力オプションとして Adobe Connect を指定します。 このオプションには環境設定ダイアログボックスの「クイズ」設定からアクセスします。

  1. Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  2. クイズ/クイズ環境設定を選択します。

  3. クイズメニューから「報告」を選択します。

  4. 「このプロジェクトの報告を有効化」を選択します。

  5. 「Adobe Connect」を選択します。

  6. 「OK」をクリックします。

Adobe Connect 検索機能の有効化

検索を有効にすると、Adobe Captivate のプロジェクトを Adobe Connect から検索できるようになります。

  1. Adobe Captivate プロジェクトを開きます。

  2. 編集/環境設定(Windows)または Adobe Captivate/環境設定(macOS)を選択します。

  3. カテゴリーパネルで「プロジェクト」を展開し、「パブリッシュ設定」を選択します。

  4. 「Adobe Connect メタデータのパブリッシュ」を選択します。

  5. 「OK」をクリックします。

    注意:

    「Adobe Connect メタデータを含める」オプションは、デフォルトではオンになっています。このオプションを選択すると、プロジェクトのサイズが大きくなります。 Adobe Connect でプロジェクトを使用しない場合は、このオプションを選択解除します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン