スマートシェイプのカスタマイズ

シェイプをカスタマイズし、それらを様々なスライドやプロジェクトで簡単に再利用できます。 色やグラデーションで塗りつぶすには、「ホバーステート」を使用します。カスタムシェイプとラインを使用して、レスポンシブプロジェクトでユーザー定義のオブジェクトを作成できるようになりました。

独自のスマートシェイプの作成

  1. ツールバーから、シェイプ/多角形をクリックします。

    多角形ツール
  2. スライド内で独自のシェイプを描画します。

  3. カスタム」の横にある小さなドロップダウンリストをクリックします。

  4. 下のスクリーンショットのように「シェイプを保存」を選択します。

    ユーザー定義のシェイプが保存され、ほかのスライドで再利用できるようになります。 プロパティインスペクターからプロパティを選択して、ユーザー定義のシェイプのプロパティをカスタマイズすることもできます。 

    カスタムスマートシェイプの保存
    カスタムスマートシェイプの保存

次のスライドに移動して「シェイプ」をクリックすると、以下のスクリーンショットのようにカスタマイズしたシェイプがドロップダウンリストに表示されるので、それを選択することができます。

最近使用したスマートシェイプの表示
最近使用したスマートシェイプの表示

ホバーステート

  1. 作成したスマートシェイプをクリックし、プロパティにあるボタンとして使用チェックボックスをクリックします。

  2. ステートドロップダウンボックスで、「ロールオーバー」を選択します。

  3. 塗りつぶしドロップダウンから色を選択します。
    スマートシェイプオブジェクトにマウスを置いたときにスマートシェイプの色が変わることが分かります。
ステート」ドロップダウンボックスにある押下オプションを使用して、マウスボタンを押下したときのプロパティを設定することもできます。
スマートシェイプにホバーステートを追加する
スマートシェイプにホバーステートを追加する

注意:

「成功」「失敗」「ヒント」キャプションはスマートシェイプに置き換えることができます。 キャプションを右クリックし、「スマートシェイプに変換」を選択します。

カスタムスマートシェイプの共有

カスタムシェイプを作成すると、同じコンピューター内のプロジェクト間で使用できるだけでなくCaptivate がインストールされている別のコンピューターでも使用することがことができます。

カスタムシェイプを共有するには、

  1. 共有元のコンピューターから C:¥Users¥Public¥Documents¥Adobe¥eLearning Assets¥Shapes フォルダを開き、カスタムシェイプを探します。各カスタムシェイプには、次の 3 種類のファイルがあります。

    1. 新しいオブジェクトの PNG ファイル
    2. オブジェクトのプレビュー用 PNG ファイル
    3. プロジェクトの XML
  2. 共有先のコンピューターの同じ eLearning アセットフォルダにファイルをコピーします。

  3. 共有先のコンピューターでプロジェクトを開き、メインツールバーから「図形/ポリゴン」を選択します。

  4. スライドでシェイプを作成します。

  5. カスタム」の近くにあるドロップダウンをクリックすると、インポートしたシェイプを選択することができます。スライドで使用するシェイプを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー