ライブラリのオブジェクトの表示

  1. ウィンドウ/ライブラリを選択します。

    ライブラリパネルが表示されます。

  2. フォルダー(音声、背景、画像、メディア)を開き、そのカテゴリのオブジェクトを表示します。

  3. 個々のオブジェクトをクリックして、ライブラリのプレビューペインに表示します。

注意:

ライブラリのプレビューペインでは、画像ファイルを表示するだけでなく、音声ファイルおよびアニメーションファイルを再生することができます。

ライブラリに表示されるオブジェクトの再利用

  1. ウィンドウ/ライブラリを選択します。

  2. ライブラリパネルで、再利用するオブジェクトのカテゴリごとにフォルダーを展開します。

  3. 再利用するオブジェクトをクリックし、プレビューペインでそのオブジェクトをプレビューします。

  4. オブジェクトを、選択したスライドまたはスライドレットにドラッグします。配置した場所に応じて、オブジェクトはスライドまたはスライドレットの一部になります。

注意:

スライドにオブジェクトをコピーした後でオブジェクトのプロパティを編集しても、プロジェクト内にあるそのオブジェクトの他のインスタンスには影響しません。

別のプロジェクトのライブラリに表示されるオブジェクトの再利用

  1. ウィンドウ/ライブラリを選択します。

  2. ライブラリパネルのツールバーで、参照アイコンをクリックします。

  3. 再利用するオブジェクトを含むプロジェクトに移動して選択し、「開く」をクリックします。

    他のプロジェクトのライブラリは、別の拡張可能なウィンドウに表示されます。

  4. 再利用するオブジェクトをクリックして選択します。

  5. オブジェクトを選択したスライドステージまたは現在のプロジェクトのライブラリの適切なフォルダーにドラッグします。

オブジェクトをスライドに直接ドラッグした場合でも、現在のプロジェクトのライブラリに新しいオブジェクトが表示され、必要なだけ何度でも再利用できます。

注意:

別の Adobe Captivate プロジェクトのライブラリを開いた後も、そのプロジェクトはライブラリを開くメニューに引き続き表示されます。このプロジェクトライブラリには、いつでもすばやくアクセスできます。

ライブラリからの未使用オブジェクトの削除

  1. プロジェクトのライブラリパネル(ウィンドウ/ライブラリ)で、 をクリックします。ライブラリ内の未使用項目がハイライト表示されます。

  2. クリック .

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー