マニュアル キャンセル

Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

マスタースライドでは、ロゴ、ヘッダー、フッターなど、スライドの背景や共通のオブジェクトを定義します。マスタースライドを使用することで、プロジェクト全体の外観を統一できます。

オブジェクトやプレースホルダーなど、マスタースライド上のすべてのものは、マスタースライドにリンクされているスライド上に反映されます。

一群のマスタースライドによりテーマが形成されます。テーマについて詳しくは、テーマを参照してください。

空白のプロジェクトを作成するか、またはプロジェクトをテンプレートから作成すると、デフォルト(空白)のテーマが使用されます。 テーマには次の種類のマスタースライドが含まれます。

メインマスタースライド

メインマスタースライドは、マスタースライドパネルの最初のスライドです。 スライドの名前はテーマの名前と同じです。 このマスタースライドのオブジェクトと背景色が、他のすべてのマスタースライドに表示されます。各テーマは 1 つのメインマスタースライドを持ちます。

コンテンツマスタースライド

コンテンツスライドで使用できるレイアウトやオブジェクトを含みます。たとえば、タイトルマスタースライドはプロジェクトのタイトルのために使用できます。テーマには、1 つ以上のコンテンツマスタースライドを含めることができます。

質問マスタースライド

各テーマには、次の質問タイプのための個別のマスタースライドが含まれています。

  • 照合

  • ホットスポット

  • リッカート

  • その他の質問タイプ : 多肢選択、空欄埋め、○×形式、短い答え、順序問題

  • 結果スライド

各質問マスタースライドには、プレースホルダー質問、解答、およびテーマに関連したスタイルを持つキャプションが含まれます。

メインマスタースライド以外の各スライドには、テキストキャプション、画像、または汎用コンテンツプレースホルダーなど、さまざまなオブジェクトのためのプレースホルダーが含まれます。コンテンツプレースホルダーでは、次のうちの任意のものを挿入できます。

  • テキストキャプション

  • テキストアニメーション

  • 画像

  • FLV または F4V ビデオ (イベントビデオ)

  • SWF アニメーション

新しいクイズやコンテンツマスタースライドを挿入したり、既存のスライドを編集して自分の要件に合わせたりできます。

マスタースライドの表示

  1. ウィンドウ/マスタースライドを選択します。

  2. ステージ上でマスタースライドを表示および編集するには、それをマスタースライドパネルで選択します。

マスタースライドパネル

マスタースライドパネルには、プロジェクトに含まれるすべてのマスタースライドが表示されます。追加のマスタースライドを追加していない限り、マスタースライドパネルには、プロジェクトの現在のテーマに関連付けられているスライドが表示されます。

タイムライン

マスタースライドには、タイミングに関する情報がありません。マスタースライドのタイムラインは、マスタースライドに追加されたオブジェクトを配置、ロックまたは非表示にする場合にのみに役立ちます。

マスタースライドの追加

追加のマスタースライドを追加するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • 挿入/クイズマスタースライドを選択し、必要なタイプのスライドを選択します

  • 挿入/コンテンツマスタースライドを選択します

プロジェクトには複数のマスタースライドが含まれていますが、スライドをリンクできるマスタースライドは 1 つのみです。

プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)を使用して、次の操作を行います。

  • マスタースライドにラベルを追加する:テキストボックスに一意のラベルを指定します。

  • 背景色を設定する:「プロジェクトの背景」の選択を解除し、ステージから色を選択します。

  • 背景画像を挿入する:参照アイコン をクリックし、背景画像を選択します。

マスタースライドへのオブジェクトの追加

次の標準オブジェクトをマスタースライドに追加できます。

  • テキストキャプション
  • ロールオーバーキャプション
  • ロールオーバー画像
  • ハイライトボックス
  • Smart shapes

その他の標準オブジェクトはすべて無効にされています。

次のオブジェクトも挿入できます。

  • テキストアニメーション

  • ウィジェット

  • 画像

  • アニメーション

  • FLV/F4V ファイル (イベントビデオ)

注意:

音声はマスタースライドに追加できません。

マスタースライド上にプレースホルダーオブジェクトを追加できます。オーサリング時に、マスタースライドの基づいたスライド上のプレースホルダーをダブルクリックし、適当なコンテンツを挿入することができます。

マスタースライドにオブジェクトを追加するには、次の操作を行います。

  1. マスタースライドストリップから、マスタースライドを選択します。

  2. プロジェクトのスライドに追加する場合と同じ方法で、オブジェクトを追加します。

マスタースライドの使用

プロジェクトスライドで作業するときは、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)を使用して、次の操作を行います。

  • 別のマスタースライドへのリンク:マスタースライドドロップダウンリストで、適当な選択を行います。マスタースライドは、複数のスライドを含んだグループに適用することもできます。

  • マスタースライドオブジェクトをスライドのオブジェクトの最上位に表示する:「最上位のマスタースライドオブジェクト」をチェックします。

注意:

メインマスタースライド上のオブジェクトは、z 順序において、常に他のマスタースライド上のオブジェクトよりも下に配置されます。

マスタースライド自体のタイムラインは維持されます。そのため、マスタースライドオブジェクトは、リンクされたスライドのタイムラインには表示されません。マスタースライドオブジェクトのタイムラインは調整できず、プロジェクトスライドのタイムライン上での順序も変更できません。

  • マスタースライドの背景を使用:マスタースライドの背景色または背景画像を使用するには、このオプションを選択します。

 

マスタースライドの編集

マスタースライド上のオブジェクトは、そのマスタースライド上でのみ変更できます。オブジェクトは、マスタースライドを継承するスライド上では選択したり編集したりすることはできません。

フィルムストリップ内のスライドでは、マスタースライドから継承されたプレースホルダーを編集したり削除したりできます。

マスタースライドの再利用

  • マスタースライドの複製:右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「複製」を選択します。

  • コンテンツのコピー:コンテンツを選択して「コピー」をクリックします。

  • 読み込み/書き出し:マスタースライドの読み込みまたは書き出しはできませんが、プロジェクト間でコピー&ペーストすることはできます。

  • XML/Microsoft Word への読み込み/書き出し:プロジェクトスライドのコンテンツと同様に、マスタースライドのコンテンツは XML および Microsoft Word への読み込み/書き出しができます。

Fluid Box を使用したコンテンツマスタースライドのデザイン

  1. マスタースライドビューでコンテンツマスタースライドを挿入し、マスタースライドにわかりやすい名前を付けます。

  2. 3 つの垂直レイアウトをスライドに挿入するには、Fluid Box/垂直方向をクリックし、レイアウトを 3 つ選択します

    Fluid Box のレイアウトの選択
    Fluid Box のレイアウトの選択

  3. 次のように、スライド上で青いハンドルを使用してレイアウトをサイズ変更します。これにより、マスタースライドの例にヘッダー、画像、ボタンの領域を作成します。

    マスタースライドのレイアウト領域
    マスタースライドのレイアウト領域

  4. スライド領域の外側を右クリックし、「プレースホルダー オブジェクト」 を選択して、 「テキストキャプション」を選択します。キャプションをレイアウト内の任意の場所に移動できるように、キャプションの注釈を作成します。

    テキストキャプション
    テキストキャプション

    同様に、次のように画像とボタンのプレースホルダーをマスタースライドに追加します。

    プレースホルダーが追加されているマスタースライド
    プレースホルダーが追加されているマスタースライド

  5. マスタースライドビューを終了して空のコンテンツスライドを挿入し、作成したマスタースライドをマスタースライドのリストから選択します。

    コンテンツスライド
    コンテンツスライド

Fluid Box を使用したクイズマスタースライドのデザイン

  1. レスポンシブプロジェクトモードで、マスタースライドビューを開き(ウィンドウ/マスタースライド)、クイズマスタースライドを挿入します(挿入/クイズマスタースライド/その他の問題タイプ)。

    クイズマスタースライド
    クイズマスタースライド

  2. マスタースライド内のオブジェクトを再配置して、プロジェクトのパブリッシュまたはプレビュー時のオブジェクトの配置を整えます。例えば、成功時のキャプション、失敗時のキャプション、ヒントのキャプションは重ねることができます。これらのキャプションの表示は一度だけであり、同時に表示されることはないためです。

    オブジェクトが再配置された質問マスタースライド
    オブジェクトが再配置された質問マスタースライド

  3. Fluid Box のレイアウトを適用するには、プロパティパネルで「Fluid Box を推奨」をクリックします。オブジェクトの配置に応じて、Fluid Box によってオブジェクトにレイアウトが割り当てられ、スライド領域が小さな Fluid Box レイアウトに分割されます。

    クイズマスタースライド - Fluid Box
    クイズマスタースライド - Fluid Box

    数字は、プロパティパネルの階層に定義されている Fluid Box コンテナの数を表しています。

    Fluid Box 階層
    Fluid Box 階層

  4. 各 Fluid Box コンテナでオブジェクトを再配置し、オブジェクトを「静止」にして、テンプレートをカスタマイズします。ハンドルをドラッグしてコンテナのサイズを調整します。

    クイズマスタースライド - Fluid Box の静的オブジェクト
    クイズマスタースライド - Fluid Box の静的オブジェクト

  5. マスタースライドビューを終了して質問スライドを挿入すると、質問スライドで新しいマスタースライドのレイアウトを表示できます。

注意:

マスタースライドの Fluid Box が使用されている場合、フィルムストリップビューから Fluid Box を削除することはできません。 Fluid Box を削除するには、マスタースライドビューに移動しててください。

サンプルプロジェクトのダウンロード

Captivate で魅力的な学習コンテンツを作成する方法の詳細については、次のプロジェクトをダウンロードします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン