一般的な形式のビデオファイルをプロジェクトのスライドに挿入できます。記録済みのビデオを読み込んだ後、各スライドのコンテンツと同期させて再生する必要があるビデオパーツを選択できます。

注意:

同期ビデオは、ロックされたスライド、ランダムスライド、スライドプレースホルダーの記録、クイズプレースホルダースライド、同期ビデオを含むスライドまたはスライドビデオプレースホルダーには追加できません。

スライドビデオの挿入

  1. メディア/ビデオ/スライドビデオ」を選択します。

    以下のいずれかを選択します。

    • コンピュータから
    • YouTube ビデオ
  2. コンピューターから」を選択した場合は、ビデオのファイルパスまたは URL を指定します。

  3. ビデオタイプリストでビデオのタイプをクリックします。

    プログレッシブダウンロードビデオ

    任意の内部サーバー、Web サーバー、または Adobe Media Server (AMS) 上でビデオがホストされている場合は、このオプションを選択します。

    ストリーミング

    RTMP ストリーミングを使用する場合は、このオプションを選択します。ビデオは AMS にホストされている必要があります。

    Adobe Streaming Service

    ビデオが AMS または他の Web サーバーにホストされている状態で、かつサービスプロバイダーが Adobe パートナーの 1 社である場合は、このオプションを選択します。このオプションで、RTMP または HTTP ストリーミングのいずれかを使用できます。

    注意:

    Adobe Captivate プロジェクトに FLV/F4V ファイルが含まれる場合は、ビデオの再生が適切に機能するためのメタデータが含まれていることを確認してください。Flash Communication Server 1.5.2、FLV Exporter バージョン 1.2 および Sorenson Squeeze® 4.0 で FLV/F4V ファイルを作成すると、メタデータが自動的に含まれます。Sorenson Squeeze 4.0 は、Flash Video キットに含まれています。メタデータを持たない FLV ファイルを読み込んだ場合、ファイルがプロジェクトで正しく再生されません。

  4. ビデオを必要とする箇所で、「ビデオの表示場所」リストの「ステージ」または「目次」をクリックします。

  5. フィルムストリップで選択したスライドにビデオを挿入するには、「スライドの長さを変更してビデオを収容する」をクリックします。

    特定のスライド間でビデオを配布するには、「スライド間で配布」をクリックし、スライド番号を指定します。

同じビデオを、同じプロジェクトの別のスライドまたはスライドグループに挿入できます。同期したビデオが複数のスライドに読み込まれた場合、ビデオとスライド(同期ビデオグループ)の関連付けは内部で保持されます。 ビデオのタイミングに対して行った編集は、同期ビデオグループのすべてのスライドに反映されます。

注意:

Adobe Bridge からビデオを配置するときは、ウィンドウ/進行状況インジケーターパネルのオプションを使用して、ステージまたはライブラリのスライドにビデオを挿入します。

YouTube ビデオの挿入

  1. ビデオを挿入ダイアログボックスで「YouTube ビデオ」オプションを選択します。

    YouTube ビデオの挿入
    YouTube ビデオの挿入
  2. URL」フィールドで、YouTube ビデオの URL を入力します。

    OK」をクリックします。

  3. YouTube ビデオがステージに表示されたら、プロパティインスペクターで開始時間と終了時間を変更します。

    開始時間と終了時間
    開始時間と終了時間

Flash 以外のビデオファイル形式の挿入

Adobe Captivate では、FLV/F4V ファイルを同期ビデオとして直接挿入できます。 ただし、Flash 以外のビデオ形式を挿入するには、Adobe Media Encoder(AME)を使用してファイルを FLV/F4V に変換する必要があります。

  1. ビデオの選択/ビデオの挿入/マルチスライド同期ビデオを選択します。。

  2. ファイルを選択し、「OK」をクリックします。

  3. ビデオダイアログボックスで、「はい」をクリックし、ファイルを FLV 形式で保存する場所を指定します。

    ファイル変換のステータスは、ウィンドウ/進行状況インジケーターパネルに表示されます。

  4. ファイルが変換されたら、進行状況インジケーターパネルの次のオプションのうち 1 つを選択し、「移動」をクリックして、ファイルをプロジェクトに追加します。

    • ビデオをステージ上のスライドに追加するには、同期ビデオとして読み込みます。

    • ビデオをプロジェクトのライブラリに追加し、必要なときに使用するには、「ライブラリに読み込み」を選択します。

注意:

Adobe Bridge から FLV ファイルや F4V ファイル以外のファイルを配置することはできません。ただし、Adobe Bridge から Adobe Captivate のステージ上のスライドに、ファイルをドラッグ&ドロップすることはできます。

ビデオのタイミングの編集

ビデオ/ビデオのタイミングを編集を選択して、ビデオのタイミングを編集できます。

  • 編集およびプレビュー:「編集」タブを使用してタイミングを編集し、編集中に同期ビデオをプレビューします。 各スライドで再生する必要があるビデオパーツを決定できます。編集したタイミングは、特定の同期ビデオグループにのみ適用されます。

    プレビューを再生し、ビデオを調整するポイントで一時停止してから、マーカーを左右にドラッグして調整します。タイムラインをズームすると、ビデオ編集がより簡単になります。スライドとビデオを同期しやすいように、タイムラインの下にスライドとビデオの長さが表示されます。

    マーカーを移動すると、ビデオとスライドの長さが一致しなくなる場合があります(ビデオの長さを短くしたスライドの場合)。タイムラインを使用して、長さを同期させることができます。開始マーカーと終了マーカーの外側にある使用されていないビデオの部分は、隣接するスライド(プロジェクト内にある場合)に割り当てることができます。そのためには、 および を使用します。

    また、ライブラリとステージ上の同期ビデオをプレビューすることもできます(「ビデオタイミングの編集」ダイアログボックスを使用)。ステージプレビューでは、ビデオの再生中に各オブジェクトの出現順を決めることができます。

注意:

ステージで、同期ビデオを含むスライドのみをプレビューすることができます。

  • 開始スライドと終了スライドの追加:ビデオの配布を効率良く管理するために、プロジェクトの最初のスライドの前または最後のスライドの後ろに、必要に応じてスライドを追加できます。これは、プロジェクトの最初または最後に未使用のビデオがある場合に便利です。同期ビデオはこれらのスライドにも配布されます。

    これを行うには、( および )を使用します。

  • クローズドキャプション:ビデオに音声コンテンツが含まれている場合は、「クローズドキャプション」タブを使用して、聴覚に障害のあるユーザーのためのキャプションを入力します。 スライドを再生するときに、音声と共にテキストが表示されます。

オブジェクトとビデオの同期

タイムラインを使用して、ビデオを再生、オブジェクトを表示したいところで一時停止、プレイヘッドの位置にオブジェクトを移動または新しいオブジェクトを挿入することができます。

注意:

スライドを再生すると、ビデオの開始時または終了時にエラーが発生する場合があります。ビデオが意図した時間よりわずかに早く、または遅く、開始または終了します。プロジェクト全体を再生するときは、このような現象は発生しません。

ビデオの縦横比の変更

ビデオの縦横比を変更することはできません。これは、画質を落とさないようにするためです。

同期ビデオの管理

ビデオ管理ダイアログボックス(ビデオ/ビデオ管理)では、次の情報が表示されます。

  • 挿入した同期ビデオ

  • 属するスライドおよびスライドグループ

  • ビデオタイプ

  • ホストされているビデオファイルの URL

  • 配置(目次またはステージの場合)

このダイアログボックスを使用して、次の操作を行います。

  • ビデオタイプの指定:挿入するビデオのタイプ。ビデオタイプの説明については、ビデオファイルのプロパティの「一般」セクションを参照してください。

  • 配置の指定:目次またはステージの場合。配置に応じて、フィルムストリップおよびタイムライン上のスライドの右下隅に次のアイコンが表示されます。

    • 目次上の場合

    • ステージ上の場合

    スライド内のオブジェクト(テキストや Flash ビデオなど)に重点を置いたトーキングヘッドのシナリオでは、目次にビデオを配置できます。目次にビデオを配置することで、ステージ上の同期ビデオを再生する煩わしさがなくなり、視聴者もスライドに集中できます。

    目次で再生するスライドビデオがある場合は、「目次を表示」(プロジェクト/目次)を選択し、プロジェクトの再生時に目次も表示されるようにする必要があります。

  • ビデオのタイミングを編集ダイアログボックスの起動 をクリックし、ビデオのタイミングを編集します。ビデオのタイミングの編集について詳しくは、ビデオのタイミングの編集を参照してください。

  • 削除 をクリックし、同期ビデオを削除します。

同期ビデオの更新

  1. 必要に応じて、ビデオのソースファイルを変更します。

  2. ビデオを更新するプロジェクトを開きます。

  3. ライブラリパネルのメディア/ビデオフォルダーで、ビデオ名を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「更新」をクリックします。

ビデオを使用するすべてのスライドに変更が反映されます。

音声の使用

同期ビデオに追加の音声を関連付けることはできません。 そのため、同期を正しく行うには、音声をオブジェクトとして使用するのではなく、音声ファイルを使用することをお勧めします。

タイミングの設定

  1. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「タイミング」領域では、特定のスライドにビデオが表示されるまでの時間を秒数で指定します。

トランジションの設定

  1. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「トランジション」領域では、ビデオのトランジションエフェクトを指定します。

注意:

トランジションエフェクトは、目次で使用される同期ビデオには適用されません。

スライドビデオのサイズと位置の設定

  1. プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「位置とサイズ」領域では、サイズと位置の値を指定します。

    注意:

    ビデオオブジェクトに任意のサイズを適用すると、パブリッシュされたプロジェクトでのビデオの画質が低下します。

  2. 値を同期ビデオグループ内のすべてのスライドに適用するには、 をクリックします。 同期ビデオグループは、同期ビデオを同時に読み込むスライドで構成されます。

    注意:

    「すべてに適用」をクリックした場合、サイズと位置の値は、同期ビデオが読み込まれたスライドのグループにのみ適用されます。 これらの値は、プロジェクト(他の同期ビデオグループ)内のビデオの他のインスタンスには適用されません。

スライドビデオを効果的に使用するためのベストプラクティス

  • ビデオをスライドの内容と同期して再生する必要がある場合は、同期ビデオを使用します。それ以外の目的には、FLV ファイルまたは F4V オブジェクトを使用し、ユーザーがビデオを制御できるようにします(例えば、ビデオの再生や一時停止)。

  • ビデオに十分なキーフレームがあることを確認します。推奨されるキーフレーム間隔は、少なくとも 2 秒間に 1 キーフレームです。

    必要に応じて、Adobe Media Encoder(AME)を使用してキーフレーム間隔を長くすることができます。30 fps のビデオの場合は、AME(または他の適当なツール)でキーフレーム距離を 60(フレーム)に設定します。

  • ユーザーが見やすいようにビデオのビットレートが最適であることを確認します。そうでないと、「読み込み中」メッセージが頻繁に表示されます。

    ビットレートは、サーバーおよび対象ユーザーの帯域幅に基づいて決定します。

  • 共有ネットワークの場所ではなくローカルコンピューターからビデオを読み込みます。大きいビデオをネットワーク上の場所から直接読み込むと、遅延が長くなり、システムが不安定になる場合があります。

  • スライドのビデオ部分の最小の長さが(同期ビデオごとに)、3 秒になるようにします。スライドごとに少なくとも 2 つのキーフレームが割り当てられるには、この長さが必要です。

  • 同期ビデオの最大の長さが 999 秒になるようにします(最大スライド長)。 ビデオがこれより長い場合は、複数のスライドに分けます。ビデオが 999 秒より長いと、システムが不安定になる可能性があります。

  • ビデオのサイズ:

    • 最適な品質にするには、ビデオオブジェクトのサイズを元のビデオのサイズと同じにします。

    • ビデオオブジェクトと元のビデオのサイズを同じに保てない場合でも、ビデオの縦横比は変更しないでください。縦横比を変更すると、ビデオの品質が低下します。

    • 目次に含めるビデオのサイズは、高さ 144 幅 196 に維持します。

ビデオとプロジェクトの同期

  1. プロジェクト内で同期ビデオの必要なスライドを決定します。 同期がより効果的になるように、スライドの最適な長さを設定します。

  2. ビデオに表示する順序でスライドを配置します。ビデオを読み込んだ後でスライドの順序を変更することはお勧めしません。

  3. 複数のスライドにまたがるビデオを読み込みます。

  4. ビデオのタイミングを編集ダイアログボックスを使用して、各スライドで再生するビデオパーツを指定します。詳しくは、ビデオのタイミングの編集を参照してください。

  5. ビデオクリップの特定の部分で表示するオブジェクトを指定します。詳しくは、オブジェクトとビデオの同期を参照してください。

同期ビデオを含むプロジェクトのパブリッシュ

デフォルトでは、パブリッシュされる同期ビデオを含む SWF ファイルは、ビデオのプログレッシブダウンロード用に最適化されます。 設定を変更しないで、Web サーバー上の SWF ファイルでパブリッシュフォルダーをホストできます。

SWF ファイルが置かれているサーバーとは別のサーバー(ビデオサーバーなど)で、またはストリーミングや Flash Video Streaming Service(FVSS)を使用する場合に、ビデオをホストするには:

  1. ビデオをサーバーにアップロードします。

  2. ビデオ管理ダイアログボックス(ビデオ/ビデオ管理)で、サーバー上のビデオのパスを指定します。

ストリーミングの場合は、rtmp パスを指定します。FVSS の場合は、FVSS プロバイダーによって提供されているパスを指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー