ズーム領域は、スライドの重要なセクションに学習者の注意を引き付けるのに役立ちます。例えば、見過ごしやすい手順を含むシミュレーションを作成する場合は、ズーム領域を追加して手順を強調できます。ズーム領域を追加した後で、タイミング、トランジション、音声オプションをズームエフェクトに追加できます。ズーム領域は次の項目で構成されます。

ズームソース

スライド内の、拡大する領域です。

ズーム出力先領域

スライドの拡大部分が表示される領域です。

ズーム出力先領域のプロパティ

プロパティインスペクターを使用して、ズーム出力先領域のプロパティを設定できます。

ズーム出力先のプロパティ
ズーム出力先のプロパティ

塗りつぶし

「ズーム出力先領域」ボックス内の領域の色です。塗りつぶし色の透明度を決定するには、色メニューの「アルファ」オプションの値を選択します。90 %の透明度はよりベタ塗りで、10 %の透明度はより透明です。

「ズーム出力先領域」ボックス内の線の色です。

「ズーム出力先領域」ボックスの枠線の太さです。

新規画像を追加

ズーム出力先領域の画像です。画像を追加、削除、またはトリミングするには、それぞれのアイコンをクリックします。

注意:

ズーム領域またはズーム出力先領域のサイズと位置は、スライドで直接変更することもできます。変更するボックスを選択します。ハンドカーソルが表示されているときは、ボックスの位置を調整できます。両向き矢印カーソルが表示されているときは、サイズを調整できます。

ズームソース領域のプロパティ

プロパティインスペクターを使用して、ズームソース領域のプロパティを設定できます。

ズームソースのプロパティ
ズームソースのプロパティ

ズームソース

名前

オブジェクトの固有の名前を入力します。オブジェクトを表示するかどうかの条件を定義するときに、この名前を使用できます。

表示

スライド上にオブジェクトを表示しない場合は、このオプションの選択を解除します。「表示」オプションを使用すると、オブジェクトを表示可能にすることができます。詳しくは、オブジェクトの表示の制御を参照してください。

スタイル

ズームソースのスタイルを選択します。新しいスタイルを定義するには、編集/オブジェクトスタイルマネージャーを選択します。オブジェクトスタイルについて詳しくは、オブジェクトスタイルを参照してください。.

塗りと線

塗りつぶし

ズームソース内の領域の色です。

塗りつぶし色の透明度を決定するには、色メニューの「アルファ」オプションの値を選択します。90 %の透明度はよりベタ塗りで、10 %の透明度はより透明です。

ズームソース内の領域の線の色です。

注意:

ズーム領域の外側の塗りつぶし色は、プロジェクトをプレビューまたはパブリッシュするまでは表示を確認できません。 

「ズーム領域」ボックスの枠線の太さです。

タイミング

ズーム領域のタイミング
ズーム領域のタイミング

表示(秒)

ズーム領域を表示する時間を指定します。

表示開始までの時間(秒)

スライドが最初に表示されてからズーム領域が最初に表示されるまでの時間です。

ズーム

ズームの持続時間(1/10 秒単位)です。

ズーム領域の追加

  1. 開いているプロジェクトで、ズーム領域を追加するスライドを選択します。

  2. 大きなボタンバーで、「オブジェクト/ズーム領域」をクリックします。

    ズームブロックが表示されます。必要に応じて移動することができます。

    ズームブロック
    ズームブロック
  3. 必要に応じて、ズーム領域のサイズと場所を設定します。

    スライド上のズーム領域
    スライド上のズーム領域
  4. ズーム出力先領域を選択し、プロパティインスペクターを使用してプロパティを設定します。

ズーム領域のビデオ

Adobe Captivate: Adding Zoom Areas

Adobe Captivate: Adding Zoom Areas
Kevin Siegel

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー