このドキュメントには、ColdFusion 2016 のその他の変更および機能強化がすべて記載されています。

新しい関数

SpreadsheetAddRows

この関数には、新しいパラメーター includeColumnNames が追加されました。詳しくは、SpreadsheetAddRows 関数の説明と例を参照してください。

ReplaceList

この関数には、新しいパラメーター includeEmptyFields が追加されました。詳しくは、ReplaceList 関数の説明と例を参照してください。

cfapplication

<cfapplication> タグには、2 つの新しい属性があります。

  1. passArrayByReference
  2. searchImplicitScopes

詳しくは、cfapplication を参照してください。

cfsearch

厳格度タイプ simple、explicit、internet、internet_basic および natural がなくなりました。タグに 2 つの新しい厳格度タイプ Standard および DisMax が追加されました。詳しくは、cfsearch を参照してください。

cfloop

<cfloop> に新しい属性 item が追加されました。index 属性は、オプションになりました。

詳しくは、cfloop を参照してください。

cfmailparam

cfmailparam に、新しいオプションの filename 属性があります。

詳しくは、cfmailparam を参照してください。

cfoutput

このタグに、新しいオプションの encodefor 属性があります。

詳しくは、cfoutput を参照してください。

cfpdf

ColdFusion 2016 では、PDF ドキュメントを保護する際に、追加された 2 つの 256 ビット暗号化アルゴリズムを使用できます。そのアルゴリズムを次に示します。

  1. AES_256R5
  2. AES_256R6

詳しくは、cfpdf を参照してください。

CacheRemove

CacheRemove 関数のシンタックスが次のように更新されました。

CacheRemove(Object id, boolean throwOnError, String key, boolean exact)

詳しくは、CacheRemove を参照してください。

TimeFormat

TimeFormat 関数に、様々なフォーマットでタイムゾーンを表すための新しいマスクが追加されました。詳しくは、TimeFormat 関数の説明と例を参照してください。

DateFormat

DateFormat 関数に、様々なフォーマットでタイムゾーンを表すための新しいマスクが追加されました。詳しくは、DateFormat 関数の説明と例を参照してください。

Replace

Replace 関数の説明とシンタックスが更新されました。この関数は、引数の代わりに文字列関数またはコールバック関数を引数として取り、文字列と置き換えることができます。詳しくは、Replace 関数の説明を参照してください。

StructNew

作成する構造体のタイプを表す新しいパラメーター structType が追加されました。

詳しくは、StructNew を参照してください。

WriteOutput

新しいパラメーター encodefor が追加されました。encodefor は、入力文字列にエンコーディングを適用します。

詳しくは、WriteOutput を参照してください。

その他の変更

サービスフォルダーのすべてのサービスは、仮想ディレクトリを作成した場合にのみ、期待どおりに機能します。サービスフォルダーのパス(/CFIDE/services/)を指す仮想ディレクトリを作成します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー