Dimension では高品質の 3D シーンを簡単に作成できます。作成したシーンは、写真のようにリアルな画像にレンダリングしたり、Web に送信したり、様々な方法で利用できます。この記事では、「3D シーンを公開(ベータ版)」機能を使用して、Web フレンドリーで共有や埋め込みが可能な 3D シーンを簡単に作成する方法について説明します。

3D シーンは、Web に送信して、共有、コメント、埋め込みをおこなうことができます。
3D シーンは、Web に送信して、共有、コメント、埋め込みをおこなうことができます。

「3D シーンを公開(ベータ版)」機能の使用

  1. 3D シーンの作成

    最初にコンテンツを作成します。Dimension で作成したものは何でも Web にアップロードできます。

     

    3D シーンの作成
  2. 3D シーンを公開(ベータ版)機能へのアクセス

    ファイル/書き出しメニューまたはアプリケーションの右上隅にある共有アイコンを使用して、「3D シーンを公開(ベータ版)」機能を選択します。

     

    「3D シーンを公開(ベータ版)」へのアクセス
  3. シーンの命名

    シーン名はドキュメント名とは別にすることができます。この名前は、Web インターフェイスに共有シーンを表示する人から見えます。

     

    シーンの命名
  4. リンクの作成

    公開リンクを作成」ボタンを使用します。Dimension は、ファイルを Web フレンドリーな GLB 形式に自動的に変換し、Creative Cloud アセットにアップロードして、公開リンクを生成します。

    生成されたリンクはアプリ内で直接コピーできます。このリンクが誰かと自動的に共有されることはないため、共有する前に非公開な状態で確認できます。

     

    リンクを作成
  5. レビュー用の共有

    公開リンクを使用すると、アクセス制御を管理することなくすばやく共有できます。リンクを知っているユーザーは誰でも、プロジェクトの表示、操作、コメントができます。コメントは保存され、シーンのすべてのアクティビティに対して、電子メール通知を受け取ります。

     

    コメントの公開
  6. 他の Web サイトへの埋め込み

    Web リンクから iFrame 埋め込みコードを生成することもできます。このコードを自分のサイトまたは Behance プロジェクトに貼り付けると、3D ビューアーを埋め込めます。

     

    他の Web サイトへの埋め込み

他の Web サイトへのシーンの埋め込み

他の Web サイトへのシーンの埋め込み

注意:

シーンに選択した名前は、リンクの生成に使用されます。新しく公開するシーンを同じ名前でアップロードすると、アセットは競合する名前に置き換えられます。これは、アップロードごとに固有の ID が作成され、同じ名前を再利用できるように変更される予定です。

ベータ段階では、この機能は公開リンクのみを生成し、プライバシー管理はおこないません。この点については、積極的に開発を進めており、今後のリリースで更新される予定です。

公開したシーンを管理するには、公開済み 3D シーンを管理共有メニューのアプリ内リンクを使用するか、Web 上の Creative Cloud ファイルにアクセスし、「公開済み」タブに移動して公開したシーンを検索します。このインターフェイスからシーンを削除するとシーンが削除されます。削除されたシーンを参照するリンクを使用してアクセスすると、エラーが表示されます。

コメント

リンクを他のユーザーに送信すると、送られた人達は、Creative Cloud ファイルプラットフォームを使用してデザインにコメントすることができるようになります。現在、コメントするには有効な Adobe ID でログインする必要があります。将来的には Adobe ID を持たない人によるゲストコメント機能も予定されています。

 

埋め込み

生成された iFrame コードを使用して、3D シーンを他のサイトに埋め込むことができます。コードを取得するには、公開した 3D シーンリンクにアクセスして次の操作をおこないます。

  1. 3D シーンを表示中にログインしていることを確認します。ログインオプションは、コメントパネルにあります。
  2. 右上隅の共有アイコンをクリックします。
  3. 埋め込みコードを取得ボタンを使用して、埋め込みコードをコピーします。
  4. iFrame をサポートする他の Web サイトに、埋め込みコードをペーストします。

3D シーンを別のサイトに埋め込むには、いくつかの要件があります。

  • サイトでホストドメイン https://dimension.adobe.com をホワイトリストに設定する必要があります。
  • サイトは iFrame をサポートしている必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー