ニーズに合わせて Dreamweaver ワークスペースを変更します。ウィンドウとパネルの移動、サイズ変更、ドッキング、フローティング、折りたたみ、展開を行う方法について説明します。

ドキュメントウィンドウとパネルを移動および操作することによって、カスタムワークスペースを作成できます。複数のカスタムワークスペースを保存し、それらを切り替えて使用することもできます。

パネルのドッキングとドッキング解除

ドックとは、複数のパネルまたはパネルグループの集合で、通常は縦方向に並べて表示されます。パネルのドッキングとドッキング解除は、パネルをドックの外側や内側に移動することによって行います。

  • パネルをドッキングするには、そのタブをドックの上部、下部または他のパネルの間にドラッグします。

  • パネルグループをドッキングするには、そのタイトルバー(タブの上にある、何も記述されていない単一色のバー)をドックにドラッグします。

  • パネルまたはパネルグループをドックから解除するには、そのタブまたはタイトルバーをドックの外にドラッグします。そのまま他のドックにドラッグできるほか、ドッキングせずにフローティング状態にしておくこともできます。

パネルの移動

パネルを移動すると、移動可能な位置に青色でハイライトされたドロップゾーンが表示されます。例えば、ドックの内部でパネルを上下に移動して他のパネルの上または下に表示される細い青色のドロップゾーンまでドラッグすることで、ドック内部でのパネル位置を変更できます。ドロップゾーンではない位置にドラッグすると、パネルはワークスペースの中でフローティング状態になります。

注意:

ドロップゾーンを有効にするのは、パネルの位置ではなく、マウスの位置です。ドロップゾーンが表示されない場合は、ドロップゾーンが表示されるはずの場所にマウスをドラッグしてみてください。

  • パネルを移動するには、そのタブをドラッグします。

  • パネルグループを移動するには、タイトルバーをドラッグします。

注意:

移動中のパネルがドッキングされないようにするには、移動中に Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押します。操作を途中でキャンセルするには、Esc キーを押します。

パネルの追加と削除

ドックにあるパネルをすべて削除すると、そのドックはなくなります。ドロップゾーンが表示されるまでパネルをワークスペースの右端に移動すると、ドックを作成できます。

  • パネルを削除するには、パネルのタブを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「閉じる」を選択するか、ウィンドウメニューでパネルの選択を解除します。

  • パネルを追加するには、ウィンドウメニューでそのパネルを選択し、目的の場所にドッキングします。

パネルグループの操作

  • パネルをグループに移動するには、グループ内のハイライトされたドロップゾーンにそのパネルのタブをドラッグします。

パネルグループへのパネルの追加
パネルグループへのパネルの追加

  • グループの中でパネルを並べ替えるには、パネルのタブをグループ内の新しい場所までドラッグします。

  • パネルをグループから解除してフローティング状態にするには、そのパネルのタブをグループ外部にドラッグします。

  • グループを移動するには、タイトルバー(タブの上にある部分)をドラッグします。

フローティングパネルのスタック

ドック外部のドロップゾーン以外の場所にパネルをドラッグすると、そのパネルはフローティング状態になります。フローティングパネルはワークスペース内のどこにでも配置できます。フローティング状態のパネルまたはパネルグループをまとめてスタックすると、最前面のタイトルバーをドラッグしたときに全体を 1 つの単位として移動できます。

フローティング状態でスタックしたパネル
フローティング状態でスタックしたパネル

  • フローティングパネルをスタックするには、そのタブを他のパネルの下端にあるドロップゾーンまでドラッグします。

  • スタック順を変更するには、パネルのタブを前面方向または背面方向にドラッグします。

注意:

このとき、タブを置く位置は、タイトルバーにある幅の広いドロップゾーンではなく、パネルとパネルの間にある幅の狭いドロップゾーンです。

  • パネルまたはパネルグループをスタックから解除してフローティング状態にするには、そのタブまたはタブ領域(タブの横にある空の領域)あるいはタイトルバーをスタックの外にドラッグします。

パネルのサイズ変更

  • パネル、パネルグループ、パネルのスタックを最小化または最大化するには、タブをダブルクリックするか、タブ領域(タブの横にある空の領域)をダブルクリックします。

  • パネルのサイズを変更するには、パネルのいずれかの側をドラッグします。Photoshop のカラーパネルのように、ドラッグしてもサイズ変更できないパネルもあります。

パネルのアイコン化と展開

雑然としたワークスペースにならないように、パネルをアイコン化できます(あらかじめ用意されたワークスペースには、パネルが最初からアイコン化されているものもあります)。

アイコン化したパネル
アイコン化したパネル

アイコンから展開したパネル
アイコンから展開したパネル

  • 列にあるすべてのパネルをアイコン化または展開するには、ドックの上端にある二重矢印をクリックします。

  • 単独のパネルを展開するには、そのアイコンをクリックします。

  • パネルアイコンのサイズを変更し、ラベルがないアイコンのみの表示にするには、テキストが表示されなくなるまでドックの幅を調整します。アイコンのテキストを再表示するには、ドックの幅を広くします。

  • 展開したパネルを閉じるには、パネルのタブ、パネルのアイコンまたはパネルのタイトルバーにある二重矢印をクリックします。

注意:

一部の製品では、インターフェイス環境設定またはユーザーインターフェイス環境設定で「自動的にアイコンパネル化」を選択している場合、展開したパネルの外側をクリックすると自動的にパネルが閉じられます。

  • アイコンのドックにフローティングパネルまたはパネルグループを追加するには、そのパネルのタブまたはパネルグループのタイトルバーあるいはタブ領域をドックにドラッグします(アイコンで表示されているドックに追加したパネルは、自動的にアイコン化されます)。
  • パネルアイコンまたはパネルアイコンのグループを移動するには、アイコンをドラッグします。パネルアイコンは、ドック内では上下にドラッグできます。他のドックへとドラッグして移動すると、ドラッグ先のドックのパネルスタイルで表示されるようになります。また、ドラッグしてドックの外に出すと、アイコンのままフローティング状態になります。

カスタムワークスペースの作成

現在のパネルのサイズと位置を名前の付いたワークスペースとして保存しておくと、パネルを移動したり閉じたりした後でも、そのワークスペースを呼び出すことができます。 保存したワークスペースの名前は、ドキュメントツールバーのワークスペース切り替えコントロールに表示されます。

カスタムワークスペースを保存するには:

  1. ウィンドウ/ワークスペースのレイアウト/新規ワークスペースを選択します。
  2. ワークスペースの名前を入力します。
ワークスペースが保存されると、ドキュメントツールバーのワークスペース切り替えコントロールに表示されます。

カスタムワークスペースを削除するには:

アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから「ワークスペースの管理」を選択し、ワークスペースの管理ダイアログボックスを開きます。ワークスペースを選択して「削除」をクリックします。

ワークスペースの表示と切り替え

  1. アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから、ワークスペースを選択します。

タブ付きドキュメントの表示(Mac のみ)

1 つのドキュメントウィンドウに複数のドキュメントを表示でき、各ドキュメントを示すタブが表示されます。フローティングワークスペースの一部として表示することもでき、このとき、ドキュメントはそれぞれ別のウィンドウに表示されます。

タブ付きドキュメントを別のウィンドウで開く

Control キーを押しながらタブをクリックし、コンテキストメニューから「新規ウィンドウに移動」を選択します。

タブ付きドキュメントの初期設定の変更

  1. Dreamweaver/環境設定を選択し、「一般」カテゴリーを選択します。
  2. 「タブを使用してドキュメントを開く」をオンまたはオフにし、「OK」をクリックします。

Dreamweaver では、環境設定を変更しても、現在開いているドキュメントの表示は変更されません。ただし、新しい環境設定を選択した後に開いたドキュメントは、選択した環境設定に従って表示されます。

Dreamweaver の起動時、および何もドキュメントが開いていないときは、「ようこそ」画面が表示されます。「ようこそ」画面を非表示にするように選択しておき、後で表示することも可能です。「ようこそ」画面を非表示にすると、開いているドキュメントがない場合にはドキュメントウィンドウは空白になります。

マルチユーザーシステムでの Dreamweaver のカスタマイズについて

Windows XP や Mac OS X などのマルチユーザーオペレーティングシステムであっても、ユーザーのニーズに合わせて Dreamweaver をカスタマイズすることができます。

Dreamweaver では、あるユーザーがカスタマイズした設定と、他のユーザーがカスタマイズした設定とが、互いに影響し合うことはありません。これは、マルチユーザーオペレーティングシステムで、ユーザーが初めて Dreamweaver を実行したときに、そのユーザー用の様々な設定ファイルのコピーが作成されるためです。これらのユーザー設定ファイルは、ユーザーのフォルダーに保存されます。

その場所は、例えば Windows XP では C:¥Documents and Settings¥ユーザー名¥Application Data¥Adobe¥Dreamweaver¥ja_JP¥Configuration (初期設定では隠しフォルダー)です。隠しファイルや隠しフォルダーが表示されるようにするには、エクスプローラー(Windows)でツール/フォルダーオプションを選択し、「表示」タブをクリックして、「すべてのファイルとフォルダーを表示する」オプションを選択します。

Windows Vista では、保存場所は C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Roaming¥Adobe¥¥Dreamweaver¥ja_JP¥Configuration (初期設定では隠しフォルダー)です。隠しファイルや隠しフォルダーが表示されるようにするには、エクスプローラー(Windows)でツール/フォルダーオプションを選択し、「表示」タブをクリックして、「すべてのファイルとフォルダーを表示する」オプションを選択します。

Mac OS X では、保存場所はユーザーのホームフォルダー内、具体的には Users/ユーザー名/Library/Application Support/Adobe/Dreamweaver/Configuration です。

Dreamweaver を再インストールまたはアップグレードするときは、Dreamweaver によって既存のユーザー設定ファイルのバックアップコピーが自動的に作成されます。このため、手動でこれらのファイルをカスタマイズしていた場合でも、以前の変更内容を利用できます。

Dreamweaver の一般環境設定の設定

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 次のいずれかのオプションを設定します。

    タブを使用してドキュメントを開く

    ドキュメント間を切り替えることができるタブを使用して、単一のウィンドウ内ですべてのドキュメントを開きます(Mac OS のみ)。

    「ようこそ」画面を表示

    「ようこそ」画面を表示します。Dreamweaver の起動時、または何もドキュメントが開いていないときに表示されます。

    起動時にドキュメントを開く

    Dreamweaver の終了時に開いていたドキュメントが、次回の起動時に開きます。このオプションがオフの場合、Dreamweaver を起動すると、「「ようこそ」画面を表示」の設定に応じて、「ようこそ」画面と空白画面のいずれかが表示されます。

    読み取り専用ファイルを開く際に警告する

    ロックされている読み取り専用ファイルを開いたときに、警告が表示されます。ファイルのロック解除およびチェックアウト、ファイルの表示、またはキャンセルから選択できます。

    関連するファイルを有効にする

    現在のドキュメントに関連するファイル(CSS ファイルや JavaScript ファイルなど)を表示できます。Dreamweaver では、ドキュメントの上部に関連するファイルごとのボタンが表示され、このボタンをクリックしてファイルを開くことができます。

    動的関連ファイルの検索

    動的関連ファイルを関連ファイルツールバーに自動的に表示するか、または手動操作の後で表示するかを選択できます。動的関連ファイルの検索を無効にすることもできます。

    ファイルを移動するときにリンクを更新する

    サイト内でドキュメントの移動、名前の変更、または削除を行った場合の動作を決定します。この環境設定は、常にリンクを自動更新する、リンクを更新しない、および更新の実行を確認するのいずれかに設定できます (リンクの自動更新を参照してください)。

    オブジェクト挿入中にダイアログを表示

    挿入パネルまたは挿入メニューを使用してイメージ、テーブル、Shockwave ムービー、およびその他のオブジェクトを挿入するときに、Dreamweaver が追加情報の入力を求めるかどうかを決定します。このオプションをオフにするとダイアログボックスが表示されず、プロパティインスペクターを使用してイメージのソースファイル、テーブルの行数などを指定する必要があります。ロールオーバーイメージおよび Fireworks HTML の場合は、このオプションの設定にかかわらず、オブジェクトを挿入するときに必ずダイアログボックスが表示されます。この設定を一時的に無効にするには、オブジェクトの作成および挿入時に Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックします。

    ダブルバイトのインライン入力可

    日本語の文字など、ダブルバイトのテキストを使う開発環境や言語キットを使用している場合、ドキュメントウィンドウに直接ダブルバイトのテキストを入力できるようにします。このオプションを無効にすると、ダブルバイトテキストの入力と変換を行うテキストの入力ウィンドウが表示されます。テキストが確定されると、ドキュメントウィンドウに表示されます。

    見出しの次の段落を標準スタイルに戻す

    デザインビューまたはライブビューの見出し段落の終わりで Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押したときに、p タグが付いた新しい段落が作成されます(見出し段落とは、h1h2 などの見出しタグが付いている段落です)。オプションが無効になっている場合、見出し段落の終わりで Enter キーまたは Return キーを押すと、同じ見出しタグが付いている新しい段落が作成されます。続けて複数の見出しを入力し、戻って詳細を入力することもできます。

    連続するスペースを入力可能にする

    デザインビューまたはライブビュー内で 2 つ以上のスペースを入力すると、区切りなしスペースが作成され、ブラウザー内に複数のスペースとして表示されます(例えば、タイプライターのように、行間をダブルスペースにすることができます)。このオプションは、ワードプロセッサーでの入力に慣れている人向けに用意されています。このオプションが無効になっている場合、複数のスペースは単一のスペースとして扱われます。これは、ブラウザーでは複数のスペースが 1 つのスペースとして扱われるためです。

    <b> と <i> の代わりに <strong> および <em> を使用

    Dreamweaver によって、strong タグが、通常は b タグが適用される操作を行ったときに適用されます。また、em タグも、通常は i タグが適用される操作を行ったときに適用されます。例えば、HTML モードのテキストのプロパティインスペクターで、ボールドやイタリックのボタンをクリックしたときや、フォーマット/スタイル/ボールドまたはフォーマット/スタイル/イタリックを選択したときなどに、この処理が行われます。b および i タグを使用する場合は、このオプションをオフにします。

    注意:

    World Wide Web Consortium は、b および i タグの使用を推奨していません。これは、strong および em タグは、b および i よりも詳細な意味情報を提供するためです。

    <p> または <h1> ~ <h6> タグ内に編集可能領域を配置する際に警告する

    段落タグや見出しタグに編集可能領域がある Dreamweaver テンプレートを保存したときに、警告メッセージを表示するかどうかを指定します。このメッセージにより、その編集可能領域でそれ以上段落を作成できないことがわかります。初期設定では有効になっています。

    中央揃え

    プロパティインスペクターの「中央揃え」ボタンをクリックしたとき、エレメントを中央に配置する方法として divalign="center" タグと center タグのいずれを使用するかを指定します。

    注意:

    どちらの中央揃えの方法も HTML 4.01 仕様では公式に推奨されていません。テキストの中央揃えには CSS スタイルを使用する必要があります。どちらの方法も、XHTML 1.0 Transitional 仕様では技術的に有効ですが、XHTML 1.0 Strict 仕様では有効ではありません。

    ヒストリーステップの最大数

    ヒストリーパネルに表示されるステップ数を設定します。初期設定値は、ほとんどのユーザーに適した設定である必要があります。ヒストリーパネルに設定されている数を超えると、最も古い手順から消去されます。

    詳しくは、タスクの自動化を参照してください。

    スペル辞書

    使用可能なスペル辞書の一覧が表示されます。辞書に複数の方言やスペル規則(米語や英語など)がある場合は、スペル辞書ポップアップメニューに方言がそれぞれ表示されます。

Dreamweaver のドキュメントに対するフォント環境設定

ドキュメントのエンコードによって、ドキュメントがブラウザーにどのように表示されるかが決まります。Dreamweaver のフォントの環境設定を使用すると、指定したエンコード方法で特定のフォントおよびサイズを使用した場合の表示を確認できます。ただし、フォントの環境設定ダイアログボックスで選択したフォントは、Dreamweaver でのフォントの表示方法に影響するだけで、ユーザーのブラウザーでドキュメントを表示する方法には影響しません。ブラウザーでのフォントの表示方法を変更するには、プロパティインスペクターを使用するか、CSS 規則を適用してテキストを変更する必要があります。

新規ドキュメントの初期設定のエンコードを指定する方法について詳しくは、ドキュメントを作成して開くを参照してください。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 左のカテゴリーリストで「フォント」を選択します。
  3. フォント設定リストからエンコードの種類(「西ヨーロッパ言語」や「日本語」など)を選択します。

    注意:

    アジア言語を表示するには、ダブルバイトのフォントをサポートしているオペレーティングシステムを使用している必要があります。

  4. 選択したエンコードの各カテゴリーに使用するフォントとサイズを選択します。

    注意:

    コンピューターにインストールされていないフォントは、フォントポップアップメニューに表示されません。例えば、日本語のテキストを表示するには、日本語フォントがインストールされている必要があります。

    プロポーショナルフォント

    Dreamweaver が通常のテキスト(例えば、段落、見出し、およびテーブルのテキスト)の表示に使用するフォントです。初期設定は、システムにインストールされているフォントによって異なります。ほとんどの英語(U.S.)のシステムでは、Windows には「Times New Roman 12 pt (Medium)」、Mac OS には「Times 12 pt」が 初期設定されています。

    等幅フォント

    Dreamweaver が precode、および tt タグ内のテキストを表示するために使用するフォントです。初期設定は、システムにインストールされているフォントによって異なります。ほとんどの英語(U.S.)のシステムでは、Windows には「Courier New 10 pt (Small)」、Mac OS には「Monaco 12 pt」が 初期設定されています。日本語のシステムでは、Windows には「MS ゴシック 10pt(小)」、Mac OS には「Osaka-等幅 9pt(小)」が初期設定されています。

    コードビュー

    コードビューとコードインスペクターに表示されるすべてのテキストに使用されるフォントです。初期設定は、システムにインストールされているフォントによって異なります。

Dreamweaver のハイライトカラーのカスタマイズ

「ハイライト」環境設定では、テンプレートの領域、ライブラリ項目、サードパーティタグ、レイアウトエレメント、およびコードの識別用に Dreamweaver で使用されるカラーをカスタマイズできます。

ハイライトカラーの変更

  1. 編集/環境設定を選択し、「ハイライト」カテゴリーを選択します。
  2. ハイライトカラーを変更するオブジェクトの横にあるカラーボックスをクリックし、カラーピッカーを使用して新しいカラーを選択するか、カラーの 16 進数値を入力します。

オブジェクトのハイライト表示の有効化または無効化

  1. 編集/環境設定を選択し、「ハイライト」カテゴリーを選択します。
  2. ハイライトカラーを有効または無効にするオブジェクトの横にある「表示」オプションをオンまたはオフにします。

初期設定の環境設定に戻す

デフォルトの Dreamweaver 環境設定を復元する手順については、テクニカルノート 83912 を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー