Dreamweaver で挿入パネルを使用して、テーブル、イメージ、Bootstrap コンポーネントなどのオブジェクトを作成および挿入する方法について説明します。

挿入パネルには、テーブルおよびイメージなどのオブジェクトを作成し、挿入するためのボタンがあります。ボタンはいくつかのカテゴリーーに編成されています。

注意:

Dreamweaver CC 以降では、ユーザーインターフェイスが簡素化されています。そのため、この記事で説明されているオプションの一部が Dreamweaver CC 以降には存在しない場合があります。詳しくは、この記事を参照してください。

挿入パネルの非表示と表示

  1. ウィンドウ/挿入を選択します。

    注意:

    XML、JavaScript、Java、CSS などの特定のタイプのファイルで作業している場合、挿入パネルとデザインビューのオプションは淡色表示になっています。これは、これらのコードファイルには項目を挿入できないためです。

特定カテゴリーのボタンの表示

  1. カテゴリーポップアップメニューからカテゴリー名を選択します。例えば、「レイアウト」カテゴリーのボタンを表示するには「レイアウト」を選択します。

ボタンのポップアップメニューの表示

  1. ボタンのアイコンの隣にある下向き矢印をクリックします。
    挿入パネルでのポップアップメニューの表示
    ボタンのポップアップメニューの表示

    Dreamweaver CC の挿入パネル
    Dreamweaver CC の挿入パネル

オブジェクトの挿入

  1. 挿入パネルのカテゴリーポップアップメニューから、該当するカテゴリーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を実行します。
    • オブジェクトボタンをクリックするか、ドキュメントウィンドウ(デザイン、ライブ、またはコードビュー)にボタンのアイコンをドラッグします。

    • ボタンの矢印をクリックし、メニューからオプションを選択します。

      オブジェクトによっては、対応するオブジェクト挿入ダイアログボックスが表示され、ファイルの参照、またはオブジェクトのパラメーターの指定を求めるメッセージが表示されます。あるいは、Dreamweaver によってコードがドキュメントに挿入されることや、コードの挿入前に情報を指定するようにタグエディターまたはパネルが表示されることもあります。

      オブジェクトによっては、デザインビューでオブジェクトを挿入した場合にダイアログボックスが表示されなくても、コードビューでオブジェクトを挿入した場合にはタグエディターが表示されることがあります。いくつかのオブジェクトでは、デザインビューにオブジェクトを挿入すると、オブジェクトを挿入する前に Dreamweaver がコードビューに切り替わります。

    注意:

    名前付きのアンカーなどの一部のオブジェクトは、ページをブラウザーウィンドウに表示しても表示されません。このような不可視オブジェクトの位置をマークするアイコンをデザインビューに表示することができます。

オブジェクト挿入ダイアログボックスの非表示、および空のプレースホルダーオブジェクトの挿入

  1. オブジェクトのボタンを、Ctrl キーを押しながらクリックするか(Windows)、Option キーを押しながらクリックします(Mac OS)。

    例えば、イメージファイルを指定せずにイメージのプレースホルダーを挿入するには、Ctrl キーまたは Option キーを押しながら「イメージ」ボタンをクリックします。

    注意:

    この手順を使用しても、すべてのオブジェクト挿入ダイアログボックスが表示されなくなるわけではありません。AP エレメントやフレームセットなど多くのオブジェクトでは、プレースホルダーまたは初期設定値のオブジェクトは挿入されません。

挿入パネルの環境設定の変更

  1. 編集/環境設定(Windows)または Dreamweaver/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 環境設定ダイアログボックスの「一般」カテゴリーで、イメージ、テーブル、スクリプト、およびヘッドエレメントなどのオブジェクトを挿入するときにダイアログボックスが表示されないようにするには、「オブジェクト挿入中にダイアログを表示」をオフにするか、または Ctrl キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押したままオブジェクトを作成します。

    注意:

    このオプションをオフにしてオブジェクトを挿入すると、オブジェクトに初期設定の属性値が与えられます。オブジェクトの挿入後に、オブジェクトのプロパティを変更するには、プロパティインスペクターを使用します。

挿入パネルの「お気に入り」カテゴリーでの項目の追加、削除、または管理

  1. 挿入パネル内の任意のカテゴリーを選択します。
  2. ボタンが表示される領域を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「お気に入りのカスタマイズ」を選択します。
  3. お気に入りオブジェクトのカスタマイズダイアログボックスで、必要に応じた変更を加え、「OK」をクリックします。
    • オブジェクトを追加するには、左側の使用可能なオブジェクトペインでオブジェクトを選択して 2 つのペイン間の矢印をクリックするか、使用可能なオブジェクトペインのオブジェクトをダブルクリックします。

    注意:

    1 回の操作で 1 つのオブジェクトを追加できます。「一般」などのカテゴリー名を選択して、カテゴリー全体をお気に入りリストに追加することはできません。

    • オブジェクトまたは区切りを削除するには、右側のお気に入りオブジェクトペインでオブジェクトを選択し、ペインの上にある「お気に入りオブジェクトリストから選択したオブジェクトを削除します」ボタンをクリックします。

    • オブジェクトを移動するには、右側のお気に入りオブジェクトペインのオブジェクトを選択し、ペインの上にある上矢印または下矢印ボタンをクリックします。

    • オブジェクトの下に区切りを追加するには、右側のお気に入りオブジェクトペインのオブジェクトを選択し、ペインの下にある「区切りを追加」ボタンをクリックします。

  4. 挿入パネルの現在のカテゴリーが「お気に入り」ではない場合は、「お気に入り」カテゴリーを選択して変更を確認します。

「お気に入り」カテゴリーのボタンを使用したオブジェクトの挿入

  1. 挿入パネルのカテゴリーポップアップメニューから「お気に入り」カテゴリーを選択し、追加したオブジェクトに対応するボタンをクリックします。

挿入パネルから水平「挿入」バー表示への変更

Dreamweaver の他のパネルとは異なり、挿入パネルは初期設定のドッキング位置からドキュメントウィンドウ上部の水平位置ににドラッグ&ドロップすることができます。この場合、挿入パネルはツールバーに変わります。ただし、他のツールバーと同じ方法で表示と非表示を切り替えることはできません。

  1. 挿入パネルのタブをクリックし、ドキュメントウィンドウの上端にドラッグします。
    挿入パネルから水平「挿入」バー表示への変更
    挿入パネルから水平「挿入」バー表示への変更

  2. ドキュメントウィンドウの上辺に青色の水平線が表示されたら、その場所に 挿入パネルをドロップします。

注意:

従来のワークスペースでは、水平「挿入」バーが初期設定で表示されます。従来のワークスペースに切り替えるには、アプリケーションバーのワークスペース切り替えコントロールから「従来のワークスペース」を選択します。

水平「挿入」バーからパネルグループ表示への変更

  1. 水平「挿入」バーのつまみ(左端部分)をクリックし、パネルをドッキングする位置までバーをドラッグします。
  2. 挿入パネルの位置を決めてドロップします。パネルのドロップ先の位置は、青色の線で示されます。

水平「挿入」バーのカテゴリーのタブ表示

  1. 水平「挿入」バーの左端にあるカテゴリー名の横の矢印をクリックし、「タブとして表示」を選択します。

水平「挿入」バーのカテゴリーのメニュー表示

  1. 水平「挿入」バーのカテゴリータブを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「メニューとして表示」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー