マニュアル キャンセル

ガイドモード - 特殊編集

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

ガイドモードでは、ウィザードのようなインターフェイスであるガイド付き編集を使用して、特定の定義済みの効果を実現できます。各ガイド付き編集には関連画像が用意されています。画像の上でマウスポインターを横方向に動かすと、スライダーの左部分にエフェクトを適用する前の画像が表示されます。スライダーの右部分にはエフェクトが適用された後の画像が表示されます。

「風景写真をきれいに」のガイド付き編集

「風景写真をきれいに」のガイド付き編集を使用すると、空の置き換え、かすみの除去、不要なオブジェクトの消去を簡単におこなって、素晴らしいアウトドアシーンを作成できます。わくわくするような理想の写真を作成できること間違いなしです。

ビデオを見る >

「風景写真をきれいに」のガイド付き編集 - 適用前 「風景写真をきれいに」のガイド付き編集 - 適用後

背景を置き換えガイド付き編集

背景を置き換えガイド付き編集では、写真の背景を、ほかの写真、カラー、用意されている背景プリセットで置き換えることができます。自分の写真を背景画像として使用する場合は、読み込んで背景として使用できます。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアから写真を選択します。
  2. ガイド特殊編集背景を置き換えを選択します。

  3. 次のいずれかのツールを選択し、写真の主要な被写体の選択範囲を作成します。

    • 自動:自動選択(オートセレクション)ツールを使用して、選択したい被写体の周囲にシェイプを描くと選択範囲が自動作成されるようにします。詳しくは、オートセレクションツールの使用を参照してください。
    • クイック:クイック選択ツールを使用して、選択する範囲をクリックまたはドラッグするとカラーとテクスチャの類似性に基づいて範囲が選択されるようにします。詳しくは、クイック選択ツールの使用を参照してください。
    • ブラシ:選択ブラシツールを使用して、選択したい被写体をペイントします。詳しくは、選択ブラシツールの使用を参照してください。
    • 調整:選択エリア調整ブラシツールを使用して、エッジの自動検出により選択範囲に領域を追加したり選択範囲から領域を削除したりできるようにします。詳しくは、選択範囲の編集と調整を参照してください。
  4. 次のいずれかの操作をおこなって、背景を選択します。

    • 写真の読み込み」をクリックし、写真を背景として追加します。
    • プリセット」をクリックし、背景プリセットのいずれかを背景として追加します。
    • なし」をクリックすると、背景が削除されます。
    • カラー」をクリックし、カラーを背景として追加します。
  5. (オプション)必要に応じて、移動ツールをクリックし、前景または背景をドラッグします。

  6. エッジを調整ブラシをクリックし、前景をペイントして、背景のエッジを微調整します。ブラシの設定を調整するには、以下のオプションを使用します。

    • 追加:前景のエッジに領域を追加します。
    • 削除:前景のエッジから領域を削除します。
    • サイズ:ブラシのサイズを大きくしたり小さくしたりします。
    • 不透明度:ブラシストロークの不透明度を増加または減少させます。
  7. (オプション)「カラートーンの自動一致」をクリックし、被写体のカラートーンを背景と一致させます。

  8. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - /Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

被写界深度ガイド付き編集

被写界深度ガイド付き編集を使用すると、画像の選択した領域に焦点を合わせ、その他の領域をぼかすことができます。

シンプル

この方法では、背景レイヤーのコピーが作成され、ぼかしが一様に適用されます。焦点を合わせる選択領域を選択します。画像の他の領域に適用するぼかしの度合いをカスタマイズできます。

  1. ガイドモードで、「特殊編集」セクションから「被写界深度」をクリックします。

  2. シンプル」をクリックします。

  3. ぼかしを追加」をクリックします。画像全体にぼかしが一様にかかります。

  4. 焦点を合わせる領域を指定するには、「焦点領域を追加」をクリックして、画像上の焦点を合わせる領域をカーソルでドラッグします。

  5. 画像の残りの部分にかかるぼかしをカスタマイズするには、意図したぼかし効果が得られるようにぼかしスライダーをドラッグします。

  6. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

カスタム

この方法では、焦点を合わせるオブジェクトをクイック選択ツールで選択します。ぼかしは、画像の選択されていない領域に適用されます。画像の他の領域に適用するぼかしの度合いをカスタマイズできます。

  1. ガイドモードで、「特殊編集」セクションから「被写界深度」をクリックします。

  2. カスタム」をクリックします。

  3. クイック選択ツールをクリックし、焦点を合わせる画像の領域をカーソルでドラッグします。

  4. ぼかしを追加」をクリックします。画像の他の部分にぼかしが一様に適用されます。

  5. 画像の残りの部分にかかるぼかしをカスタマイズするには、意図したぼかし効果が得られるようにぼかしスライダーをドラッグします。

  6. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

「背景を拡張」のガイド付き編集

Photoshop Elements 2022 の新機能

「背景を拡張」のガイド付き編集を使用する場合、「自動塗りつぶし」を使用して画像の周囲を複製するか、「拡張」ツールを使用して画像を拡大することで、画像の背景を拡張できます。いずれの場合も、画像のメインのオブジェクトに歪みは生じません。

PSE-Extend-Background

Photoshop Elements でこの機能を使用するには、次の手順に従います。

  1. ファイル開くに移動して、Photoshop Elements で画像を開きます。

  2. ガイドモードで「特殊編集」を選択し、「背景を拡張」をクリックします。

  3. 以下の手順を実行して、調整を適用します。

    • 画像のカンバスサイズを選択します。
    • 拡張する辺を選択
    • 自動塗りつぶし」または「拡張」オプションを使用して、拡張した領域を塗りつぶします。
    • 細かい修正にはスポット修復ブラシを使用し、大幅な修正にはコピースタンプツールを使用します。
  4. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - 画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどちらで続けるかを選択します。
    • 共有 - Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

フレーム作成ガイド付き編集

ライブラリのどの写真からでもフォトフレームを作成できるようになりました。フレーム作成ガイド付き編集では、カスタムフレームを手早く作成して写真を枠に収めることができます。 

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。

  2. ガイドモードで特殊編集/フレーム作成をクリックします。

  3. 次の選択ツールのいずれかを使用して、他の写真を配置できる範囲を写真上で選択します。

    • クイック:ツールを写真上でドラッグすることで、広い範囲を簡単に選択できます。
    • ブラシ:他の写真を挿入できるようにする領域を塗りつぶします。
    • 自動選択ツール:他の写真を挿入できるようにする部分をクリックします。
    • 多角形選択ツール:他の写真を挿入できるようにする領域の隅をクリックします。
  4. 「フレームを作成」をクリックして、フレームを作成します。前の手順で選択した範囲が元の写真から取り去られて、フレームが作られます。

  5. 「フレームを保存」をクリックします。新しいフレームにわかりやすい名前を指定します。

  6. 「エキスパートで継続」をクリックして、フレームをさらに調整するか、フレームを使い始めます。 

    注意:

    作成したフレームはすべて、エキスパートモードのグラフィックパネルで使用できます。作成したフレームをフィルター機能で絞り込むには、フィルターの種類/フレーム/マイフレームを使用します。

  7. 写真をクリックするかドラッグして、フレームに配置します。 

    写真をフレームに追加します。

    注意:

    カスタムフレームは、エキスパートモードのグラフィックパネルから他のユーザーと共有できます。フィルターの種類/フレーム/マイフレームを使用します。共有するフレームを右クリックし、「ファイルの保存場所を表示」を選択します。

共有フレームの読み込み

あなたのストーリーを物語る楽しいカスタムフレームを作ることができるだけでなく、他の Elements ユーザーが作成したフレームを読み込むことも可能です。

フレームの読み込みはわずか数ステップです。

  1. Photoshop Elements で、エキスパートモードに切り替えます。

  2. 「グラフィック」をクリックし、フライアウトメニューの「フレームを追加」をクリックします。

  3. 読み込むフレームの PSD ファイルを選択し、「読み込み」をクリックします。

読み込まれたフレームを表示します。

  1. エキスパートモードで、「グラフィック」をクリックします。

  2. 右パネルのドロップダウンから、種類/フレーム/マイフレームを選択します。

注意:

フレーム作成ガイド付き編集で作成されたカスタムフレームは、保存して別のデバイスや Photoshop Elements の別のバージョンで再利用できます。再利用するには、Photoshop Elements をアンインストールする前に、カスタムフレームを以下の場所から別のフォルダーにコピーして、フレームをバックアップします。

/Applications⁩/⁨Adobe Photoshop Elements 2021⁩/⁨Contents⁩/MacOS⁩⁩/Adobe Photoshop Elements 2021 Editor⁩⁩/⁨Contents⁩⁩/⁨Application Data⁩⁩/⁨Photoshop Elements⁩⁩/19.0⁩/⁨Photo Creations⁩

オートン効果ガイド付き編集

オートン効果は、夢の中のような効果を写真に加えることができます。

  1. ガイドモードで、「特殊編集」セクションから「オートン効果」をクリックします。

  2. オートン効果の作成パネルで、「オートン効果を追加」をクリックします。

  3. 目的に応じて次のパラメーターを編集します。

    ぼかしを強める

    焦点がぼけているレイヤーに適用するぼかしの量を指定します。

    ノイズを強める

    ぼかしたレイヤーにノイズを加えます。

    明るさを適用

    ぼかしのかかったレイヤーの明るさを強めます。

  4. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。
注意:

この効果が写真の様々な領域にどう適用されているかを確認するには、Elements Editor のズームオプションを使用します。

「素晴らしいペット写真」のガイド付き編集

Photoshop Elements 2022 の新機能

Perfect-per-guided-edit
オリジナルの画像(左)とイメージに「素晴らしいペット写真」を適用した後の画像(右)

「素晴らしいペット写真」ガイド付き編集ツールでは、基本的な切り抜き、目の光の削除、小さな不要物の削除、効果の追加を実行できるツールを使用して、ペット写真の見栄えを良くすることができます。また、被写体および背景に対して選択範囲の調整を適用することもできます。

Photoshop Elements「素晴らしいペット写真」ガイド付き編集を使用するには、次の手順を実行します。

  1. Photoshop Elements エディターで、ファイル開くをクリックして、編集する画像を開きます。

  2. ガイドモードで、「特殊編集」セクションから「素晴らしいペット写真」をクリックします。

  3. 必要に応じて、次の調整を適用します。

    • 画像のフレームを調整するには、切り抜き角度補正を選択します。切り抜きについて詳しくは、切り抜きを参照してください。画像の角度補正について詳しくは、画像の角度の補正を参照してください
    • 汚れやしみの除去」、「カラーやリードの除去」、「ペットの目を補正」オプションを選択して、画像から不要なオブジェクトや目の光を削除できます。
    • 被写体または背景を選択して修正および強化
    • 照明と強化」オプションを使用して、画像を微調整します。画像の明るさの調整について詳しくは、シャドウとライトの補正を参照してください。
    • 効果を追加する
  4. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存
    • 編集を続行 - 画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどちらで続けるかを選択します。
    • 共有 - Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

再構成ガイド付き編集

再構成ガイド付き編集で使用されている各種機能について詳しくは、再構成を参照してください。

顔写真をきれいにガイド付き編集

ガイド付き編集で、使いやすいツールを使用してしみを除去し、画像の各部の見栄えを良くすることによって、顔写真をきれいにできます。

  1. ガイドモードで、「特殊編集」セクションから「顔写真をきれいに」をクリックします。

  2. 肌の質感を整えます。

    1. 肌を滑らかにする」ボタンをクリックして、肌を滑らかにします。強度スライダーを動かすと、滑らかさエフェクトを調整できます。

    2. コントラストを上げる」をクリックして鮮明にします。

  3. 顔の特定の箇所を調整します。

    1. しみを除去」をクリックして、小さな傷を補正します。

    2. 歯を白くする」をクリックして、輝くような笑顔にします。

    3. 目を輝かせる」をクリックして、目を明るくします。

    4. 眉を濃くする」をクリックして、まゆ毛とまつ毛を濃くします。分離された領域の明るさの調整を参照してください。

  4. 特殊な微調整をおこないます。

    1. 光彩を追加」をクリックします。スライダーを調節して見栄えを整えます。

    2. スリム化」をクリックして、選択した顔をスリムに見せます。

      注意:

      クリックするたびに効果が強まります。

  5. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

古い写真の復元ガイド付き編集

写真は、天候や紙の質の影響、または不注意が原因で、時間の経過に伴い損傷する場合があります。損傷した写真をデジタル化した後、様々なツールを使用して、裂け目、変色、汚れ、またはその他の欠陥を除去して画像を復元することができます。古い写真の復元ガイド付き編集では、段階を追ったプロセスを通して、画像を復元するために必要なすべてのツールを 1 つのワークフローで提示します。

  1. 切り抜き(C)ツールと回転切り抜きフレームを使用して、写真の復元する部分を選択します。

  2. スポット修復ツールを使用して、小さなスポット、線、裂け目を修復します。

  3. 修復ブラシツールを使用して、画像の損傷している部分を同じ写真の損傷していない部分で修復します。画像の適切な部分を Alt キーを押しながらクリックして、画像の損傷している部分にドラッグします。

  4. コピースタンプツールを使用して、画像の一部を別の部分にコピーします。修復するには、該当部分を Alt キーを押しながらクリックして、損傷している部分にドラッグします。

  5. ぼかしツールを使用して、荒い領域を滑らかにします。

  6. ほこり除去ツールを使用して、小さな線、ほこりっぽい感じ、その他の欠陥を修復します。

  7. 該当のボタンを使用して、レベル、コントラストおよびカラーについての補正を適用します。シングルクリックで写真を白黒画像に変換することもできます。

  8. シャープツールを使用して、最終的な出力を鮮明にします。

  9. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

傷や汚れガイド付き編集

画像の傷(大きさを問わず)を、修復ブラシまたはスポット修復ブラシを使用して補正できます。

補正後の写真のみを表示することも、補正前と補正後の写真を縦または横に並べて表示することもできます。

写真の微調整について詳しくは、大きなしみの除去、または小さな斑点やしみの除去を参照してください。

テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集

Photoshop Elements 2019 の新機能

あなたのストーリーを物語るテキスト付きのスタイリッシュな境界線を、写真に追加します。テキストと境界線のオーバーレイガイド付き編集を使用すると、洗練された境界線とテキストの組み合わせにより、写真に新しい素敵な表情が付け加えられます。

  1. 次のいずれかの操作を実行します。

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアから写真を選択します。

  2. ガイド特殊編集テキストと境界線のオーバーレイの順に選択します。

  3. 境界線選択」をクリックすると、使用可能なオプションから境界線を選択できます。

    境界線のスタイル
    さまざまなスタイルの境界線。

  4. 境界線サイズ変更スライダーをドラッグして、境界線のサイズを拡大または縮小します。

  5. 「カラーピッカー」ボタンをクリックして、境界線に適用したいカラーをクリックします。

  6. テキストオーバーレイ追加」をクリックします。境界線上にテキストフレームが表示され、文字ツールがアクティブになります。

  7. 新しいテキストを入力します。ガイド付き編集のワークスペースのツールオプションバーでテキストのフォント、サイズ、カラー、スタイルを変更できます。入力が終わったら、緑色のチェックマーク()をクリックして変更内容を確定します。

  8. 境界線上のドットをクリックして、テキストの位置を変更します。

    ドットをクリックしてテキストの位置を変更します。

  9. テキストスタイル」ボタンをクリックすると、テキストに適用できる事前設定済みテキストスタイルが表示されます。テキストに適用するテキストスタイルをクリックします。リセット()ボタンをクリックすると、元のテキストスタイルに戻すことができます。

  10. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

チルトシフトガイド付き編集

チルトシフト効果を適用して特定の縦横比または写真内のオブジェクトに焦点を当てながら、写真内の他のオブジェクトから選択的に焦点を外します。チルトシフト効果は、写真の上に形成される擬似ミニチュア効果も引き起こします。

チルトシフト効果を適用する前(左)と適用した後の写真

  1. 写真を開き、ガイド付き編集パネルで写真効果/チルトシフトをクリックします。

  2. チルトシフトの追加をクリックして、写真に基本的な効果を適用します。写真はぼやけて見えます。

  3. 「焦点領域の変更」をクリックしてから、画像をクリックして、シャープな焦点を合わせる領域全体をドラッグして指定します。

  4. さらなる効果を試すには、「効果の調整」をクリックして変更します。

    • ぼかし: 写真に適用されるぼかしの強度を増やします。

    • コントラスト: 写真のコントラストレベルを調整します。

    • 彩度: 写真のカラー彩度レベルを調整します。

  5. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。

水彩画効果ガイド付き編集

テクスチャやテキストの効果を使用して、写真に水彩画の効果を与えることができます。 

  1. 次のいずれかの操作を実行します。  

    • Photoshop Elements で写真を開きます。
    • フォトエリアで写真を選択します。
  2. ガイド特殊編集水彩画効果を選択します。

  3. 用意されているオプションから水彩画の効果を選択します。

  4. 水彩画の用紙を選択します。用紙の不透明度を調節できます。

  5. カンバスのテクスチャを選択します。テクスチャの適用度を調節できます。

  6. (オプション)効果を調整ブラシを使用して、詳細を調節します。このツールを使用すると、ブラシでペイントした領域に対して効果の追加や削除ができます。

  7. (オプション)文字ツールをクリックし、テキストを追加します。写真の任意の個所をクリックし、テキストを入力します。ガイド付き編集のワークスペースのツールオプションバーでテキストのフォント、サイズ、スタイルを変更できます。入力が終わったら、緑色のチェックマークをクリックして、変更内容を適用します。

    テキストの追加について詳しくは、テキストの追加を参照してください。

  8. (オプション)用意されているオプションからスタイルを選んでテキストに適用します。詳細オプションを選択して効果に変更を追加できます。詳細オプションについて詳しくは、レイヤースタイルを参照してください。

  9. 狙いどおりの成果が得られたら、「次へ」をクリックし、次におこなう処理を選択します。

    • 保存 - 保存/別名で保存:新しく作成した画像を使用可能ないずれかの形式で保存します。
    • 編集を続行 - クイックモードまたはエキスパートモード:画像に対する作業をクイックモードまたはエキスパートモードのどこで続けるかを選択します。
    • 共有 - Flickr/Twitter:Photoshop Elements で利用できるソーシャル/共有サービスのいずれかを通じて、画像をオンラインで公開します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン