HeroImage

Elements Organizer 14 の数々の新たな機能強化が、パワフルな機能と直感的なインターフェイスにより、メディアの管理や編集の体験を新たなレベルに引き上げます。

Elements Organizer で似た顔がグループ化されるようになりました。これにより、ますます簡単に写真の人物にタグ付けしたり、写っている人物に基づいて写真を整理して表示したりできます。 

Elements Organizer 14 では日付と時刻の情報が分析され、イベントごとの思い出の並べ替えや表示の手間が省かれます。誕生パーティー、母の日や父の日、家族旅行などのイベントに基づいてメディアファイルにマークを付けたり探したりするのが、これまでになく簡単になりました。

機能強化された場所ビューでは、場所と時間に基づいてさらにすばやくメディアファイルを参照できます。新しい「ピン留めあり」タブでは、メディアファイルがマップ上のまさにタグの場所に表示されます。

新しいオンボードエクスペリエンスと、ファイルの読み込みの直感的で視覚的な新しいインターフェイスを備えた Elements Organizer は、初めての方にも使いやすいツールです。 

Elements Organizer 14 では、これまでより多くの作業をこれまでより簡単にできるようになりました。

WhatsNewinEO

パワフルで使いやすい人物認識

写真に写っている人物のタグ付けがさらに簡単迅速になりました。メディアビューで顔を個別に選択してタグ付けする必要はもうありません。

Elements Organizer では、読み込み中に似た顔を自動的にグループ化します。読み込みが完了すると、まだ名前の付いていない人物の顔はすべて、人物ビューの新しい「名前なし」タブに表示されます。一度クリックするだけで、写真のバッチ全体に友達や家族のタグを付けることができます。

people-02_rev2

人物ビューの「名前付き」タブには、名前が指定済みの全員のプロフィールが表示されます。また、「名前付き」タブでは、タグ名の変更、タグ名の確定、各人が写っているすべての写真と顔の表示もできます。

詳しくは、写真内の顔のマークと人物ビューの整理を参照してください。

強化され、さらに直感的になった場所機能

GPS 情報のあるメディアファイルはすべて、自動的にタグ付けされて場所ビューの「ピン留めあり」タブに表示されるようになりました。これにより、カメラが GPS トラッキングをサポートしている場合、読み込まれたメディアファイルは自動ですぐに「ピン留めあり」タブに表示されます。

GPS データのないメディアファイルは「ピン留めなし」タブに表示され、ファイルの場所情報を追加できます。情報を追加されたファイルは、「ピン留めあり」タブに表示されます。

Places_WN_rev3

ピン留めあり」タブでは、ファイルをクリックすると詳細情報が表示されます。

メディアファイルにタグを付けると、位置を微調整できるようになります。また、場所タグをカスタム名に置き換えることで、場所をわかりやすくしたり、自分だけの場所タグを作ったりできます(場所タグを「自宅」に変える、など)。

詳しくは場所データの表示と管理を参照してください。

イベント情報の管理がさらに柔軟に

イベントビューで、イベントをメディアファイルにタグ付けする方法の表示がさらに詳しくなり、イベントへのタグ付けがいっそう簡単になりました。

イベントビューには、「イベントあり」と「イベント候補」という 2 つのタブがあります。

events

メディアファイルは日時の順に整理されます。スライダーを動かすと、タブに表示されるトラック数を増やしたり減らしたりできます。

イベント候補」タブは、以前のリリースのスマートイベントビューに似ていますが、メディアファイルをさらに細かく調整できるほか、以前より見やすくなっています。

イベントあり」タブでは、ファイルがイベントごとに整理されて表示され、思い出を人生の出来事別に整理した状態で表示できます。

詳しくは、イベントデータの表示と管理を参照してください。

使い始めおよび読み込みの新体験

Elements Organizer 14 の新しい一括読み込み機能には、直感的なビジュアルインターフェイスが用意されており、簡単に大量のメディアファイルを一度に読み込むことができます。

この機能は、Elements Organizer 14 を初めて開いたときや、新しいカタログを作成するときに自動で起動されます。

onboarding

詳しくは、メディアの一括読み込みを参照してください。

その他の機能強化

Elements Organizer 14 には、パフォーマンスの向上、ヨーロッパ式の日付形式のサポート、Elements Organizer 内でのビデオストーリーの作成、各種不具合修正など、他にも多くの機能強化が盛り込まれています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー