マニュアル キャンセル

Photoshop Elements の新機能

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. 環境設定
    4. ツール
    5. パネルとエリア
    6. ファイルを開く
    7. 定規、グリッド、ガイド
    8. 機能強化されたクイックモード
    9. ファイル情報
    10. プリセットとライブラリ
    11. マルチタッチサポート
    12. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    13. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    14. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの調整
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. ムービングエレメント
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. クイックアクション
  7. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
    21. ピクセレートフィルター
  8. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  9. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしで選択範囲のエッジを滑らかにする
  10. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  11. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
    4. 写真リールの作成
  12. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG-24 として画像を最適化
  13. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. 塗りつぶしおよびブラシのキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルターのショートカットキー
    8. 選択範囲の変形に使用するキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

Adobe Photoshop Elements 2024 の新機能について確認します。

写真のクイック修正。完全に一変させる。AI、自動化、更新されたエクスペリエンスにより、写真の編集が簡単になります。写真のカラーとトーンを自動的に一致させるか、空または背景をワンクリックで選択します。ユニークな外観に仕上げるには、スタイルを適用したテキストを作成し、新しい背景とアーティスティック効果オプションを試してみます。高速で動く写真リールで写真を共有します。刷新された外観、1 か所で使用できるワンクリックのクイックアクション、無料で直接アクセスできる数多くの Adobe Stock の写真により、まったく新しいエクスペリエンスをお楽しみください。外出先でも、Elements web コンパニオンアプリでクリエイティブなオーバーレイを試したり、Elements モバイルコンパニオンアプリでワンクリックで修正したりできます(英語のみの Beta 版)。写真とビデオは自動同期されるため、どこでも利用できます。

新機能の概要

ui-modernization

新しいライトモードとダークモード
刷新された外観と、まったく新しい編集エクスペリエンスをお楽しみください。

color-match

カラーマッチ
カラーとトーンを一致させて、まったく新しい雰囲気に仕上げます。

photo-reel

写真リール
高速で動く写真リールを作成および共有します。

add-text-guided-edit

「テキストを追加」のガイド付き編集
共有に値する投稿のために、スタイルを適用したテキストを作成します。

quick-actions

クイックアクション
1 か所で使用できるワンクリックのクイックアクションについて確認します。

other-enhancements

その他の新機能

無料で試せる Adobe Stock の写真。
新しいアーティスティック効果。
ワンクリックで空または背景を選択。

新しいライトモードとダークモード

見やすいフォント、アイコン、ボタン、カラーを使用して、最新の編集エクスペリエンスをお楽しみください。ライトモードとダークモードのオプションから選択できます。 ワークスペース(クイック、ガイド付き、詳細設定)、ダイアログ、ボタン、パネル、ツールバー、アクションバーなどが新しくなっています。環境設定から、アプリケーションの UI カラーモードをダークまたはライトに変更できます。

Adobe Photoshop Elements の最新の編集エクスペリエンスをお試しください。

Photoshop Elements の環境設定方法を参照してください。

カラーマッチ

組み込みプリセットから選択するか、自分の写真を使用して 1 回クリックし、色相、彩度、明るさを微調整します。新しいカラーマッチ機能をクイックモードと詳細設定モードで試してみましょう。

  • クイックモードで、組み込みプリセットから選択して、色相、彩度、明るさを微調整します。
クイックモードで、カラーマッチ効果を試してみましょう。

  • 詳細設定モードでは、組み込みプリセットに加えて自分の写真をカスタムプリセットとして使用し、その結果のプロパティを微調整することもできます。

詳細設定モードで、カラーマッチ効果を試してみましょう。

カラーマッチ効果の使用方法を参照してください。

写真リール

リールは、それぞれ独自のテキスト、効果、およびグラフィックを含んだ、お気に入りの写真を早く表示し終えます。MP4 または GIF として保存して、簡単に共有できます。

高速で動く写真リールで最高の写真を共有します。

写真リールの作成方法の詳細を参照してください。

「テキストを追加」のガイド付き編集

このリリースでは、すべてのテキストオプションが、わかりやすいガイド付き編集に統合されました。テキストを横方向、縦方向、またはパスや図形に沿って整列します。 ワープ、ならびにグラデーションおよびパターンでのスタイル適用を行います。

このガイド付き編集機能を使用するには、次の手順に従います。

  1. 目的の写真を開いて、ガイド付きモードに切り替えます。

  2. 基本カテゴリ内で、「テキストを追加」のガイド付き編集カードを選択して、ワークフローを開始します。

  3. ガイド付き編集の手順に従います。

「テキストを追加」のガイド付き編集を使用して、投稿のためにスタイルを適用したテキストを作成します。

「テキストを追加」のガイド付き編集の使用方法を参照してください。

クイックアクション

最もよく使われるワンクリック編集のうち、25 個が簡単に行えるようになりました。1 つの便利なパネルを使用して、すぐに背景をぼかしたり削除したり、肌を滑らかにしたり、写真のかすみ除去やカラー化などを行えます。このクイックアクションモードの「効果パネルは、クイック
クイックアクションでよく使われるワンクリック編集には、次のようなものがあります。

  • JPEG のノイズを削除 
  • 自動スマート補正 
  • 背景を削除 
  • 被写体を選択 
  • 肌を滑らかにする
 Photoshop Elements でよく使われるクイックアクションをご紹介します。

クイックアクションの実行方法を参照してください。

その他の新機能

無料で試せる Adobe Stock の写真

無料で試せる Adobe Stock の写真にアクセスして、クリエイティブな可能性を広げましょう。Photoshop Elements 内から直接、数多くの美しいストックフォトへアクセスして、新しい背景を試したり、コラージュを作成したり、インスピレーションを与えるテキスト入り画像を作成したりできます。
次の 4 つの PSE ワークフローで Adobe Stock を使用して、無料の画像や背景をダウンロードします。

  • ファイルメニュー/Adobe Stock で検索
  • エキスパートモード/グラフィック背景
  • ガイド付き背景を置換
  • 作成テキスト入り画像

詳しくは、Adobe Stock との連携を参照してください。

新しいアーティスティック効果

新しいアーティスティック効果オプションを使用して、写真をアートに一変させましょう。 クリックするだけで、有名な芸術作品や人気のアートスタイルにインスピレーションを得た効果を追加できます。 Adobe Sensei の技術を活用*.

Adobe Photoshop Elements の新しいアーティスティック効果をお試しください。

ワンクリック選択

ワンクリックで空または背景を選択して、より簡単に編集を行います。 自動選択を使用すると、1つの領域のみを簡単に拡張または置換できます。 Adobe Sensei の技術を活用*.

これらのワンクリック選択オプションには、次の 2 つの方法でアクセスできます。

  • 選択メニューのリストから、被写体背景またはを選択します。
Adobe Photoshop Elements で使用できるワンクリック選択オプション。

  • ツールパネルから選択ツールのいずれかを開き、アクションバー内で使用可能なオプション(被写体または背景)のいずれかを選択します。
アクションバーで使用可能な、ワンクリックの選択オプションについて説明します。

Photoshop Elements での選択方法を参照してください。


 

注意:

*Adobe Sensei は、共通のフレームワークで人工知能と機械学習を使用し、すべてのアドビ製品にわたってインテリジェント機能を活用して、デザインとデジタルエクスペリエンスの提供を劇的に向上させるテクノロジーです。

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン