Premiere Elements の新機能

Adobe Premiere Elements 2022 の新機能について確認します。

Premiere Elements 2022

クリエイティブな方法でストーリーを表現し、思い出を共有しましょう。Adobe Sensei AI テクノロジー* および自動化オプションにより、すばやく簡単に被写体を自動的にリフレームしたり、特定の領域を選択してエフェクトを追加したり、不鮮明なフッテージを修正したりできます。ソーシャルメディアで使いやすい縦型および正方形の縦横比でビデオを編集して書き出します。楽しいアニメーションオーバーレイをビデオに追加したり、ハイライトとシャドウのディテールをはっきりさせたりする 27 種類のガイド付き編集で、スキルを向上できます。ビデオを容易に整理して、ダイナミックな写真やビデオのスライドショーやアニメーション化されたソーシャル投稿など、思い出に残る作品を作ることができます。共有しやすいように、ビデオを圧縮できます。さらに、使いやすさと操作性が向上した最新の外観を利用できます。

新機能の概要

縦横比

完璧な縦横比を選択

コンテンツを損なうことなく、ソーシャルメディアで使いやすい縦型および正方形の縦横比でビデオを編集して書き出します。横型以外のビデオ向けにデザインされたモーションタイトル、マット、背景も追加できます。

オートリフレーム

被写体をオートリフレーム

アクションの最も重要な部分をフレーム内に維持したまま、ソーシャルメディア用などにビデオを簡単にサイズ変更できます。子供の誕生日パーティやスポーツイベントなど、動きの多いクリップで適切に機能します。

アニメーションオーバーレイ

楽しいアニメーションオーバーレイを追加

飛び交う蝶や包み込むようなハートなど、美しく風変わりなアニメーションでビデオを華やかにします。簡単な操作をいくつか行うだけで、まったく新しいシーンを作成できます。

シャドウとハイライトを調整

シャドウとハイライトを調整

ビデオの暗い領域や明るい領域の隠れたディテールを簡単に浮き上がらせ、あらゆるシーンでより多くのものが見えるようになります。

スライドショーのスタイル

新しいスライドショーのスタイルを試す

様々なスタイルの新しいアニメーションスライドショーテンプレートを使用して、写真やビデオを披露したり、ストーリーを表現したりできます。

圧縮

共有しやすいように、ビデオファイルを圧縮できます。

シンプルなスライダーを使用してムービーのサイズを縮小すれば、簡単に Web やソーシャルサイトにアップロードしたり、テキストメッセージで送信したりできます。

 

Premiere Elements の以前のリリース

アドビのロゴ

アカウントにログイン