Premiere Elements 2019 リリースの新機能を紹介します。

Adobe Premiere Elements 2019 では、様々な優れた機能を使用して、ビデオを簡単に楽しく編集できます。

起動するとオリジナルで作成して提供される、自動生成された写真やビデオ、スライドショー、コラージュの使用を開始しましょう。前のバージョンにはない、楽しい新機能をお試しください。新しいホーム画面では、様々なアイデアからインスピレーションを得たり、ヘルプやチュートリアルを利用できます。新しいデザインのクイック編集モードには、簡単な操作ですべての要素を配置できるシンプルなタイムラインがあり、ムービーを簡単に作成できます。さらに、2 つの新しいガイド付き編集では、窓ガラス効果とルミナンスフェードトランジションエフェクトの作成が可能です。Premiere Elements の高速パフォーマンスを実感してください。

注意:

Adobe Premiere Elements には、アセットを整理できる Elements Organizer が含まれています。Elements Organizer の新機能について詳しくは、Elements Organizer の新機能を参照してください。

ホーム画面

Premiere Elements をすばやく起動および実行できます。

Premiere Elements の新しいホーム画面では、起動時にオリジナルの写真やビデオ、スライドショー、コラージュを自動作成できます。前のバージョンにはない、楽しい新機能をお試しください。様々なアイデアからインスピレーションを得たり、ヘルプやチュートリアルを利用できます。

詳しくは、ホーム画面についてを参照してください。

home_screen
新しいホーム画面では、様々なアイデアからインスピレーションを得たり、ヘルプやチュートリアルを利用できます。

自動作成

Adobe Sensei を活用しており、すばらしいスライドショー、ビデオコラージュ、スナップ写真の場面が自動的に作成されます。

起動すると、オリジナルのスライドショー、ビデオコラージュ、スナップ写真の場面がホーム画面で自動的に作成されます。お気に入りのソーシャルメディアサイトで、自動作成を容易に表示、開く、編集、保存、または瞬時に共有することができます。

自動作成は、Adobe Sensei AI 技術を活用しており、誕生日や休暇などの記憶に残るイベントをハイライトします。

自動作成
自動作成された写真およびビデオスライドショー

クイックビューの強化

ムービーをかつてないほど容易に作成できます。

強化されたクイックビューでは、手順に従ってビデオをトリミングしたり、シンプルなシーンラインを使用してクリップ、写真、タイトル、音楽などを組み合わせ、独自の作品を制作できます。

詳しくは、ワークスペースの基本の、「クイックビュー」セクションを参照してください。

クイックビュー
クイックビューの強化

新しい窓ガラス効果 - ガイド付き編集

窓ガラス越しに撮影したかのように写真を加工できます。

このガイド付き編集を通して、マットオーバーレイを使用してビデオまたは写真に楽しい窓ガラス効果を追加できます。窓ガラス効果を使用すると、窓ガラス越しに撮影したかのように写真を加工できます。

詳しくは、窓ガラス効果の作成 - ガイド付き編集を参照してください。

窓ガラス効果
メディアに楽しい窓ガラス効果を追加

新しいルミナンスフェードトランジションエフェクト - ガイド付き編集

カラーをフェードさせることで、ドラマチックなトランジションを演出します。

このガイド付き編集を通して、2 つのビデオクリップの間や 2 つの画像の間、または画像とビデオクリップの間にスタイリッシュなトランジションエフェクトを作成できます。ルミナンスフェードトランジションエフェクトを使用すると、暗色から明色までカラーをフェードさせることで、ドラマチックなトランジションを演出できます。

ルミナンスフェードトランジションエフェクト
2 つのメディア間にルミナンスフェードトランジションエフェクトを追加

新しいビデオファイル形式のサポート(macOS 10.13 以上)

Adobe Premiere Elements 2019 は、次のコーデックでキャプチャされたメディアの読み込みおよび編集をサポートします。

  • 画像用高効率画像形式(HEIF) 
  • ビデオ用高効率ビデオコーディング(HEVC) 

iOS 11 以降のバージョンを実行している iOS デバイスは、これらのコーデックを使用してビデオや画像ファイルをキャプチャします。

macOS 10.13 を搭載した MacBook Pro および iMac Pro マシンでは、ハードウェアアクセラレーション対応 HEVC デコードはサポートされていません。ハードウェアによってサポートされている場合、Mac ではハードウェアデコードアクセラレーションがデフォルトのオプションとして自動的に選択されます。

読み込みでサポートされるすべてのビデオファイル形式のリストは、ビデオファイル形式 - 読み込みを参照してください。

アニメーション GIF の書き出しの強化

Windows に加え、Mac でもアニメーション GIF を書き出せるようになりました。

詳しくは、画像の書き出しと共有を参照してください。

可変フレームレートのサポート

Adobe Premiere Elements 2019 では、オーディオを、可変フレームレート(VFR)を持つモバイルデバイスからキャプチャされたビデオ(VFR)と自動的に同期します。

詳しくは、可変フレームレートフッテージが含まれるビデオを参照してください。

パフォーマンス強化

Premiere Elements での作業がかつてないほどに簡単かつ素早くおこなえるようになりました。

次のパフォーマンスの向上は、Premiere Elements 2019 で実装されました。

  • ダウンロードとインストール: ダウンロードとインストールが早くなりました。
  • 起動:Elements のホーム画面からの起動が迅速になりました。
  • 再生:再生、スクラブ、レンダリングが強化されました。

削除された機能

Adobe Premiere Elements 2019 では、以下の機能がサポートされなくなりました。

  • Flash ファイル
  • DVD(Mac のみ)
  • Quick time 形式
    注意:ネイティブのオペレーティングシステムでサポートされるコーデックは引き続き機能します。
  • Facebook での直接共有
    注意:作品をコンピューターに保存して Facebook で個別に共有することはできます。この問題とその回避策について詳しくは、写真やビデオを Facebook にアップロードできないを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー