Adobe Premiere Elements 2020 の新機能について確認します。

これまで以上に簡単に編集、作成および整理できます。ドラッグ&ドロップするだけで、ざらついた低光量のクリップの画質を改善します。3 つの新しいガイド付き編集を使用して、タイプラプスビデオを作成したり、写真の空をアニメーション化したり、ビデオの周囲の黒いエッジを残りのフレームにマッチするように埋めたりします。Adobe Sensei AI テクノロジー* を駆使した、被写体に基づいて適用される自動人物認識とスマートタグにより、写真と同じくらい簡単にビデオを見つけることができます。思い出をアニメーション GIF、ビデオコラージュ、ダイナミックスライドショーおよびノーカットのムービーで共有できます。

写真も編集したい方は、Adobe Photoshop Elements 2020 の新機能を参照してください。

ざらついたビデオの改善

不要なノイズを軽減してビデオの明瞭度を向上させます。

光が弱い状態でビデオを撮影すると、多くの場合、ざらついたノイズの多い見た目になります。ノイズ軽減エフェクトをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に低光量のビデオの見た目をより鮮明にできます。

仕組みについて詳しくは、ノイズを軽減を参照してください。

不要なノイズを軽減して画像の明瞭度を向上させます
不要なノイズを軽減して画像の明瞭度を向上させます

写真の空をアニメーション化

写真の空が動いているように見せます。

空が含まれる写真に驚きの要素を追加します。ガイド付き編集のアニメーション化された空を使用すると、静的な空を動きのある空に簡単に置き換えて、人目を引くことができます。

仕組みについて詳しくは、アニメーション化された空 - ガイド付き編集を参照してください。

アニメーション化された空を適用して写真をムービーのように見せる
アニメーション化された空を適用して写真をムービーのように見せる

動的なタイプラプスビデオの作成

写真やビデオに対してタイムラプス機能を使用して、時が過ぎていくように感じさせます。

一連の写真やビデオをドラマチックなタイプラプスビデオに変換して、時間の経過を楽しみます。ガイド付き編集のタイプラプスなら、簡単に実現できます。

仕組みについて詳しくは、タイムラプスの作成 - ガイド付き編集を参照してください。

写真およびビデオのタイムラプスのガイド付き編集
写真およびビデオのタイムラプスのガイド付き編集

ビデオにマッチするようにフレームを埋める

フレームにマッチするように写真やビデオの周囲の黒いバーを埋めます。

写真やビデオの両側に黒いバーが表示されることがよくあります。これらの黒いバーは、メディアと PRE プロジェクトの縦横比の違いが原因で表示されます。このガイド付き編集を使用して、フレームにマッチするように黒いバーを埋めます。

仕組みについて詳しくは、フレームを埋める - ガイド付き編集を参照してください。

 

フレームにマッチするように両側の黒いバーを埋める
フレームにマッチするように両側の黒いバーを埋める

試したい新機能を見つける

Premiere Elements を起動すると、ホーム画面に緑色のタグが付いた新しい「試す」カードが表示されます。これらのカードを使用すると、アプリケーションの新機能(ノイズを軽減、タイプラプス、フレームを埋めるなど)の詳細を確認し、学習することができます。

新しいホーム画面
新しい「試す」カード

スマートタグですばやくビデオを探す

写真の場合と同じように、夕暮れ、誕生日、犬、猫など、一般的な被写体に基づいてビデオに自動的にタグ付けします。Adobe Sensei の技術を活用しています。

仕組みについて詳しくは、スマートタグを参照してください。

スマートタグと呼ばれる自動的に割り当てられたタグを使用して、ビデオや写真を検索します
スマートタグと呼ばれる自動的に割り当てられたタグを使用して、ビデオや写真を検索します

顔でビデオを見つける

写真の場合と同じように、ビデオに映っている顔が自動的に認識されます。次に人物ごとにグループ化されるので、後で見つけやすくするために名前のタグを簡単に追加できます。Adobe Sensei の技術を活用しています。

仕組みについて詳しくは、人物ビューを参照してください。

人物ビューでスタックに整理されたビデオと写真を検索します
人物ビューでスタックに整理されたビデオと写真を検索します

HEIF および HEVC のサポートの拡張

Premiere Elements のこのアップデートでは、HEVC および HEIF のデコードがサポートされます。必要システム構成、拡張機能およびその他の重要情報については、Windows での HEVC および HEIF メディアの使用を参照してください。

*Adobe Sensei は、共通のフレームワークで人工知能と機械学習を使用し、すべてのアドビ製品にわたってインテリジェント機能を活用して、デザインとデジタルエクスペリエンスの提供を劇的に向上させるテクノロジーです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー