フォントのアクティベーションエラーと競合の解決

フォントのアクティベーションとその解除は、ネットワーク接続の中断や、ローカルにインストールされているフォントとの競合が原因で失敗する場合があります。

このページでは、Creative Cloud デスクトップでフォントのアクティベーションエラーを解決する手順について説明します。

 

エラーメッセージ:「このエラーは、ネットワークの中断によって発生した可能性があります。」

ネットワークの問題が原因でフォントのアクティベーションに失敗すると、「このエラーは、ネットワークの中断によって発生した可能性があります」というエラーメッセージが表示されます。

unable-activate-error

次の手順でインターネット接続を確認します。

  1. デバイスで Wi-Fi を有効にするか、接続先のネットワークを選択します。
  2. フォント名またはフォントスタイルの横にある再試行アイコンをクリックします。
  問題が解決しない場合は、Creative Cloud からログアウトし、コンピューターを再起動します。正しく実行されていない可能性のあるフォント関連プロセスが停止され、新しいフォント関連プロセスが起動します。  
  1. Creative Cloud デスクトップからログアウトするには、プロファイルアイコンをクリックしてから「ログアウト」を選択します。

    アカウント情報

  2. Creative Cloud デスクトップを終了します。

  3. コンピューターを再起動します。

  4. Creative Cloud デスクトップを開始します。

  5. Creative Cloud にログインし直します。

 

上記の手順でも問題が解決しない場合には、「トラブルシューティングガイド:フォントのアクティベーション」を参照してください。または、Adobe カスタマーサポートまでお問い合わせください。

エラーメッセージ:「同じ名前のフォントが既にインストールされています」

既にコンピューターにインストールされているフォントをアクティベートしようとすると、「同じ名前のフォントが既にインストールされています」というエラーメッセージが表示されます。

same-name-error

Adobe Fonts を通じて利用できるバージョンは、インストールしていたバージョンよりも新しいバージョンである可能性があります。コンピューターのバージョンを置き換えるには、まず、フォント管理ソフトウェア、またはオペレーティングシステムに組み込まれているフォントツールを使用して、ローカルバージョンをアンインストールします。

  • macOS の場合、デフォルトのフォントマネージャーは Font Book です。フォントの名前を強調表示した後、編集/ [フォント] ファミリーの無効化を選択します。
  • Windows の場合、コントロールパネルを開いて「フォント」をクリックします。Fonts フォルダーから別の場所にフォントをコピーしてバックアップを作成してから、そのフォントを Fonts フォルダーから削除します。最後に、お使いの Windows アカウントからサインアウトしてから、再びサインインしてシステムフォントメニューを更新します。

その後、「再試行」ボタンをクリックして、フォントのアクティベーションを再試行します。

InDesign を使用してインストール済みフォントの場所を確認する

InDesign がインストールされている場合、そのフォントを使用して、現在そのフォントがコンピューターにインストールされている場所を見つけることができます。

  1. InDesign で新しい文書を開きます。

  2. 書式/フォント/ [希望のフォント] を選択し、テキストボックスを描画します。

  3. 書式/フォント検索を選択します。

  4. フォント検索ウィンドウで、フォント情報一覧にあるフォント名をクリックし、「詳細情報」をクリックします。パス行には、コンピューターにフォントファイルがインストールされている場所が示されます。

注意:
  • 場合によっては、2 つのフォントが内部 PostScript 名を共有していても、ユーザーに対して表示される名前は若干異なることがあります。まったく同じフォントがインストールされていない場合は類似したフォントを探します。
  • フォントがフォント管理ソフトウェアにリストされていない場合は、コンピューター上でフォント名を検索します。InDesign フォントフォルダーなどのローカルフォルダーにインストールされている場合があります。
アドビのロゴ

アカウントにログイン