この文書では、Adobe InDesign で画像に効果を加える方法について説明します。

A. InDesign の効果機能

Adobe InDesign では、Photoshop と一貫性のあるインタフェースを使用することにより、オフセット距離や角度、その他のオプションを指定し、光彩(内側)やベベル、エンボスといった新しいビジュアル効果を適用することができます。また、各種効果は、ライブ効果としてオブジェクトの線、塗り、またはコンテンツに個別に適用可能です。

A-1. 画像やオブジェクトに効果を加える方法

  1. 選択ツールで効果を加える画像かオブジェクトを選択します。

  2. オブジェクト/効果 を選択し、任意の効果を選択します。

  3. 効果ダイアログボックスが表示されます。効果のオプションを任意で設定し、「OK」をクリックします。
    ※ ここでは例として、基本のぼかしを設定します。

  4. 画像またはオブジェクトに効果が追加されました。

InDesign の効果ダイアログボックスでは、各種効果の詳細設定が出来ます。

ドロップシャドウ
オブジェクト、線、塗りまたはテキストの背後にシャドウを追加することができます。

シャドウ(内側)
オブジェクト、線、塗りまたはテキストの境界の内側にシャドウを追加して窪みを表現します。

光彩(外側)、光彩(内側)
オブジェクト、線、塗りまたはテキストの境界の外側または内側から発する光彩を追加します。

ベベルとエンボス
ハイライトとシャドウをさまざまに組み合わせて、テキストと画像に 3 次元的な外観をもたらすことができます。

サテン
形状に応じた陰影(特につや出し仕上げのような効果)を追加することができます。

基本のぼかし、方向性のぼかし、グラデーションぼかし
オブジェクトの境界を透明にフェード(徐々に薄く)し、境界を柔らかくぼかすことができます。

グラデーションぼかし効果
グラデーションを含むマスクを適用することにより、オブジェクトが背景に自然に溶け込んでいくような美しい効果の作成が可能です。また、InDesign 内でグラデーション角度やフェード率などのカスタマイズが可能です。ザインバリエーションを試すことができます。 

A-2. 効果プリセット

効果の適用は効果メニューからできるほか、オブジェクトスタイルとしてもあらかじめ定義することもできます。またオブジェクト、塗り、線、テキストから適用対象を個別に選択可能です。

オブジェクトスタイルを定義するには

オブジェクトに適用済みの設定に基づいてスタイルを定義できます。また、初めからスタイルを作成したり、別のスタイルに基づいてスタイルを作成したりすることも可能です。

  1. ウインドウ/スタイル/オブジェクトスタイルを選択します。
  2. オブジェクトスタイルパネルのメニューから「新規オブジェクトスタイル」を選択します。

  3. オブジェクトスタイルオプションダイアログボックスが表示されたら、「効果」セクションで任意の効果を選択し必要な設定を行います。設定後「スタイル名」テキストボックスにオブジェクトスタイルの名前を入力し、「OK」をクリックします。

  4. オブジェクトスタイルパネルにスタイルが追加されます。作成したスタイルを適用するには、選択ツールでオブジェクトを選択してオブジェクトスタイルパネルのスタイル名をクリックします。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー