内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe DNG Converter の使用方法について説明します。

Digital Negative(DNG)は、Camera Raw ファイル用に新たに開発された一般公開用の画像フォーマットです。Adobe DNG Converter を使用すると、デジタルカメラメーカー固有の複数の Camera Raw ファイルを、汎用性に優れた DNG Raw ファイルへ一度に変換できます。

注意:

この文書では Adobe DNG Converter 8.7.1 のユーザインターフェースに基づいて操作方法を説明しています。

Adobe DNG Converter の使用方法

Camera Raw ファイルを汎用性のある Digital Negative(DNG)形式に変換するには、以下の操作を行います。

  1. あらかじめ、DNG 形式に変換する Camera Raw 画像を 1 つのフォルダにまとめて保存しておきます。

  2. Adobe DNG Converter を起動します。インストールおよび起動方法については、以下の文書を参照してください。

  3. Adobe DNG Converter が起動したら、「1. 変換する画像を選択」セクションで「フォルダーを選択」ボタンをクリックします。

  4. 手順 1. で用意した DNG 形式に変換する画像をまとめたフォルダーを選択し、「選択」ボタンをクリックします。

  5. 「2. 変換した画像の保存先を選択」セクションで、変換後の DNG ファイルを保存する場所を指定します。

    • 同じフォルダーに保存する場合
      画像の読み込み先と同じフォルダーに保存します。プルダウンメニューで「同じフォルダーに保存」を選択します。
    • 別のフォルダー内に保存する場合
      プルダウンメニューから「新しいフォルダーに保存」を選択するか、「フォルダーを選択」ボタンをクリックし、任意の保存先フォルダーを指定します。

    ※ここでは、「同じフォルダーに保存」を選択します。

  6. 「3. 変換した画像の名前を選択」セクションで、変換後のファイル名を設定します。

    • 初期設定の「ドキュメントの名前」のみを選択した場合は、既存のファイル名に DNG の拡張子が付与され、新しいファイル名が生成されます。
    • ファイル名は、「ドキュメントの名前」のほかに「シリアル番号」(連番)や「日付」などを選択することもできます。
    • ファイルの拡張子は、大文字(.DNG)または小文字(.dng)を選択することができます。
  7. 「4. 環境設定」セクションで、DNG 変換についての各種設定を確認します。

    設定を変更する場合は、「環境設定を変更」ボタンをクリックして環境設定ダイアログボックスで変更します。

    変更しない場合は次の手順に進みます。

  8. すべての設定が完了したら、「変換」ボタンをクリックします。

  9. 変換ステータスダイアログボックスが表示され、DNG への変換が実行されます。

  10. 変換完了後、引き続き別の Raw ファイルを変換する場合は「OK」を、Adobe DNG Converter を終了する場合は 「終了」をクリックします。

  11. 手順 5. で保存先として指定したフォルダーを開き、正しく DNG 形式として変換されているかを確認します。

    ※ オリジナルの Camera Raw ファイルは、バックアップとして保存しておくことをお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー