エフェクトの種類と適用方法 (Photoshop Elements 11)

内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements でエフェクトを適用する方法と、エフェクトの種類について説明します。

A. エフェクトの適用方法

Adobe Photoshop Elements には、24 種類の写真効果というエフェクトが用意されています。写真効果を使用することによって、画像の視覚効果をすばやく変えることができます。 

  1. Photoshop Elements を起動し、スタートアップ画面で「写真の編集」を選択します。

  2. ファイル/開く から編集する画像を開きます。

  3. ウィンドウ上部から「エキスパート」をクリックして、エキスパート編集モードにします。

  4. ウィンドウ右下部から「効果」をクリックして、効果パネルを表示します。

  5. ウィンドウ右上部で「効果」をクリックします。

  6. 画像の一部にのみエフェクトを適用する場合は、選択ツール等で適用範囲を作成しておきます。

  7. 必要に応じてカテゴリーで絞り込み、適用するエフェクトを画像にドラッグします。

  8. 画像にエフェクトが適用されます。

B. エフェクトの種類

 

写真効果には 5 つのカテゴリがあり、それぞれ以下のようなエフェクトが用意されています。

B-1. フレーム (3 種類)

B-2. モノトーン (6 種類)

B-3. 古い写真 (2 種類)

B-4. 色あせた写真 (3 種類)

B-5. 年代物の写真 (1 種類)

B-6. その他の効果 (9 種類)

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン