内容 (What's Covered)

この文書では、Adobe Photoshop Elements および Adobe Premiere Elements 付属の Elements Organizer でスライドショーを作成する方法について説明します。

Windows 版 Elements Organizer ではスライドショーエディタを使用して、シンプルなスライドショーから BGM やキャプション付きのスライドショーまで、簡単に作成することができます。また、トランジションやパン&ズーム効果、キャプション、BGM、ナレーショ ン、さらにはクリップアートなどをドラッグ&ドロップで簡単に追加できるようになりました。作成したスライドショーは、用途に応じた最適な形式で保存でき ます。

 注意 : Mac OS 版 Elements Organizer にはスライドショー作成機能はありません。

4291_001

PDF スライドショーを作成してメールで送信する方法についてはこちらをご覧ください。

電子メールで画像を送信する方法

A. スライドショーを作成する方法

  1. Photoshop Elements または Premiere Elements を起動し、スタートアップ画面で「整理」をクリックして Elements Organizer を起動します。

  2. メディアビューから、スライドショーで使用するメディアファイルを選択します。

    cq12270010_04
  3. ウィンドウ右上の「作成」から「スライドショー」を選択します。

    cq12270010_02
  4. スライドショーの環境設定 ダイアログボックスでスライドショーの設定を行い、「OK」をクリックします。

    cq12270010_03
  5. スライドショーダイアログボックスで、以下のような操作を行い、スライドショーを編集します。
    ※ 詳しくは、B. を参照ください。

    • スライドを並べ替えます。ドラッグドロップして、スライドの順序を並べ替えます。
    • スライドの写真のサイズを変更します。ビデオファイルのサイズは変更できません。
    • 新しい空のスライドを追加します。例えば、空のスライドでタイトルページを作成できます。
    • スライドを右クリックして「スライドを削除」をクリックすると、スライドショーから削除されます。
    • 音楽クリップを追加します。
    • スライドにクリップアートグラフィックやテキストを追加します。
      ※ ビデオファイルにはグラフィックやテキストを追加できません。
    • スライドにテキストキャプションを追加します。
    • スライドに動きを追加します。
    • スライドにエフェクトを追加します。
    • スライドの間の切り替え方法を追加したり、切り替え間隔を変更します。
    • スライドにナレーションを追加します(コンピューターにマイクを接続する必要があります)。
    • 各スライドの表示時間を調整します。
    4291_05
  6. 「フルスクリーンプレビュー表示」ボタンをクリックし、スライドショーをプレビューします。Esc キーを押すと、いつでもスライドショーの編集に戻ることができます。

    4291_06
  7. 作成が完了したら、「プロジェクトを保存」ボタンをクリックします。

    4291_07

B. スライドの編集

B-1. スライドの並び替え

ストーリーボード内でスライドを別の位置にドラッグすると、スライドを並び替えることができます。また、 「並べ替え」ボタンをクリックすると、ダイアログボックス全体を使って並び替えが可能です。

4291_08

B-2. グラフィック、テキスト、ナレーションや音楽の追加

「スライドショー」 ダイアログボックスの 「エクストラ」 パネルで各ボタンをクリックして追加するコンテンツをドラッグするだけで、スライドにグラフィックやテキスト、ナレーションを追加することができます。 

 注意 : ビデオファイルにはグラフィックやテキストを追加することはできません。

4291_09

B-3. パンとズームの設定

ストーリーボードで設定するスライドを選択し、「プロパティ」パネルで、「パン・ズームを設定」にチェックを入れると、設定を行うことができます。開始ポイント、終了ポイントの画像をクリックし、プレビュー画面でドラッグしてポイントを設定します。

4291_10

B-4. スライドの切り替え方法の追加および編集

スライドの切り替え方法を編集するには、各スライド間にあるアイコンをクリックします。プロパティパネルで切り替え方法を選択します。

4291_11

B-5. スライドへのエフェクトの追加、スライドの編集

スライドショー内の写真に、モノクロやセピアなどのエフェクトを適用できます。また、画像の回転やサイズ変更および切り抜き、スマート補正や赤目補正などが行えます。

これらの操作は、メインプレビューウィンドウで写真をクリックし、「プロパティ」パネルで行います。

4291_12

B-6. スライドの表示時間の調整

ストーリーボードのスライドの下にある表示時間をクリックして、オプションから表示時間を変更することができます。

4291_13

B-7. スライドショーへの音楽の追加

スライドショー ダイアログボックスで、「メディアを追加」ボタンをクリックし、「Elements Organizer からオーディオを追加」または「フォルダーからオーディオを追加」を選択して、スライドショーにオーディオを追加することができます。

 

4291_14

C. スライドショーの出力

スライドショーを作成したら、プロジェクトを配信できます。作成したスライドショーは、PDF やムービーファイル、ビデオ CD や DVD として出力したり、Adobe Premiere Elements でビデオプロジェクトとして使用したりすることができます。

スライドショーを出力するには、「出力」ボタンをクリックし、書き出し形式を選択して「OK」をクリックします。

 注意 : スライドショーを PDF ファイルとして保存すると、パンとズームなど、一部のスライドショー機能が無効になります。

4291_15

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー