GPU を使用する間にプレビューが使用できない

環境設定で「顔立ちを調整にグラフィックプロセッサーを使用」オプションを有効にしてから、顔立ちを調整を使用して写真の品質を向上させようとすると、次の問題のいずれかが発生します。

  • スライダーの調整後にこの機能のプレビューが利用できない。
  • グラフィックカードが検出されない。 その結果、Photoshop Elements が CPU に切り替わる。

解決策

この問題は、お使いのシステムのグラフィックスカードが原因で発生することがあります。 以下の手順に従って、グラフィックドライバーを更新してこの問題を解決します。

  1. 次のワークフローのいずれかを実行します。

    • Windows の場合:「コントロールパネル/デバイスマネージャ/ディスプレイアダプター」に移動します。
    Windows_KB2
    • Mac の場合:「Apple メニュー/この Mac について/ディスプレイ」に移動します。
    Mac_KB2
  2. ご使用のグラフィックカードの名前をチェックします。
  3. グラフィックカード製造元の Web サイトからお使いのグラフィックカードの最新のドライバーをインストールします。

顔立ちを調整の間に顔検出に失敗する

Windows において Photoshop Elements 15 で顔立ちを調整オプションを使用するとき、写真の顔が検出されません。 「顔が検出されません」という警告メッセージが画面に表示されます。

解決策

この問題は、インストールパスにダブルバイト文字が含まれている場合に発生します。 この問題を解決するには、ダブルバイト文字が含まれていないカスタムパスに Photoshop Elements または Adobe Premiere Elements をインストールします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー