様々なカラー、スタイル、効果の施されたテキストやシェイプを画像に追加できます。横書き文字ツールと縦書き文字ツールを使用して、テキストの作成と編集を行います。単一行テキストまたは段落テキストを作成できます。

テキスト

横書き文字ツール()と縦書き文字ツール()を使用して、テキストの作成と編集を行います。入力したテキストは、新規テキストレイヤーに表示されます。単一行テキストまたは段落テキストを作成できます。入力する単一行テキストは、それぞれ独立しています。このため、編集を行うと行の長さは変化しますが、次の行に折り返されることはありません。テキストを改行するには、Enter キーを押します。段落テキストは、指定された段落の境界線の内側で折り返されます。

テキスト
単一行テキスト(画像の上部)および段落テキスト(画像の下部)

注意:

文字マスクツール(Alt/Option キーを押しながら文字ツールをクリックして、現在のツールを変更)を使用して、文字の形状をした選択範囲を作成します。これによって、テキストを使用して様々な効果を作成したり、テキストの形状に切り抜いたりすることができるようになります。

ツールボックスから文字ツールを選択し、画像内をクリックすると、ツールが編集モードになり、テキストの入力と編集ができるようになります。編集モードの状態から、メニューコマンドの選択などその他の操作を行うには、文字に加えた変更を確定する必要があります。テキストの下に確定ボタン およびキャンセルボタン が表示されている場合、文字ツールは編集モードです。

注意:

テキストをインデックスカラーモードの画像に追加するときには、Photoshop Elements は新しいテキストレイヤーを作成しません。入力したテキストは、マスクテキストとして表示されます。

テキストの追加

  1. ツールバーで、横書き文字ツール または縦書き文字ツール を選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 単一行テキストを作成するには、画像内をクリックして入力位置を指定します。

    • 段落テキストを作成するには、長方形をドラッグして、入力用のテキストボックスを作成します。

    I - ビーム上にある小さな線は、文字のベースラインの位置を示します。ベースラインは、横書きでは文字が配置される基線を示し、縦書きでは文字の中心軸を示します。

  3. (オプション)ツールオプションバーで、フォントの種類やスタイル、サイズ、カラーなど、テキストのオプションを選択します。

  4. 文字を入力します。テキストボックスを作成しなかった場合、テキストを改行するには Enter キーを押します。

    テキスト専用のレイヤーにテキストが表示されます。レイヤーを表示するには、エキスパートモードで、F11 キーを押します。

  5. 次のいずれかの操作を行い、テキストレイヤーを確定します。
    • 確定ボタン をクリックします。

    • テンキーパッド(数字キー)の Enter キーを押します。

    • テキストボックスの外側の画像内をクリックします。

    • ツールボックスで別のツールを選択します。

テキストツールのオプション

オプションバーで、テキストツールのオプションを選択します。

フォントファミリー

新しいテキストまたは既存のテキストのフォントファミリーを指定します。

フォントスタイル

新しいテキストや既存のテキストに、太字などのフォントスタイルを適用します。

フォントサイズ

新しいテキストまたは既存のテキストのフォントサイズを指定します。

テキストカラーを設定

新しいテキストまたは選択したテキストのカラーを指定します。

行送りを設定 

新しいテキストまたは選択したテキストのベースラインの距離を設定します。

トラッキング

新しいテキストまたは選択したテキストの文字間隔を設定します。

太字 

新しいテキストまたは既存のテキストを擬似的に太字にします。使用するフォントに太字スタイルがなく、フォントスタイルメニューから選択できない場合にこのオプションを使用してください。

斜体 

新しいテキストまたは既存のテキストを擬似的に斜体にします。使用するフォントにイタリック体または傾斜スタイルがなく、フォントスタイルメニューから選択できない場合にこのオプションを使用してください。

下線 

新しいテキストまたは選択した既存のテキストの下に下線を引きます。

打ち消し線 

新しいテキストまたは選択した既存のテキストに打ち消し線を引きます。

テキストの整列

テキストの整列を指定します。テキストの方向が横書きの場合、左揃え、中央揃え、右揃えにテキストを整列できます。縦書きの場合、上揃え、中央揃え、下揃えにテキストを整列できます。

テキストの方向の切り替え

縦書きテキストを横書きテキストに、横書きテキストを縦書きテキストに変更します。

ワープテキストを作成 

選択したレイヤーのテキストをワープします(ゆがめます)。

アンチエイリアス 

テキストが滑らかに表示されるようアンチエイリアスを適用します。

アンチエイリアスの適用
アンチエイリアスの適用

A. アンチエイリアスをオフ B. アンチエイリアスをオン 

シェイプに沿ったテキストの追加ツールの使用

シェイプに沿ったテキストの追加ツールで使用可能なシェイプにテキストを追加できます。

  1. シェイプに沿ったテキストの追加ツール を選択します。現在のテキストツールをすばやく変更するには、Option キーを押しながら現在のツールをクリックします。

    シェイプに沿ったテキストの追加ツール
    シェイプに沿ったテキストの追加ツール

  2. 使用可能なシェイプから、テキストの追加に使用するシェイプを選択します。イメージ上でカーソルをドラッグして、シェイプを作成します。

  3. 画像にテキストを追加するには、カーソルアイコンがテキスト描画モードに変化するように、カーソルをパスに合わせます。テキストを追加する場所をクリックします。

    通常のテキストの場合と同じようにテキストを変更します。

    クリックしてテキストを入力
    クリックしてテキストを入力

  4. テキストを追加した後、確定 をクリックします。一部のシェイプでは、テキストを内側に入力する必要があります。テキストをパスに沿って移動することも、クリック&ドラッグしているときに Command キーを押して内側/外側に移動することもできます(テキストが小さな矢印で表示されます)。そのカーソルを選択範囲の内側にドラッグすると、テキストパスを領域の内側/外側に配置できます。

選択範囲に沿ったテキストの追加ツールの使用

選択範囲に基づいて作成されたパスのアウトラインにテキストを追加します。選択範囲を確定すると、選択範囲がパスに変換され、パスに沿ってテキストを入力できるようになります。

  1. 選択範囲に沿ったテキストの追加ツール を選択します。現在のテキストツールをすばやく変更するには、Option キーを押しながら現在のツールをクリックします。

選択範囲に沿ったテキストの追加ツール
選択範囲に沿ったテキストの追加ツール

2. カーソルを画像内の被写体に合わせ、意図した選択範囲が得られるまでカーソルをドラッグします。選択範囲のサイズはオフセットスライダーで調整できます。

選択範囲の設定
選択範囲の設定

選択範囲を確定すると、選択範囲がパスに変換されます。

3. 画像にテキストを追加するには、カーソルをパスに合わせます。カーソルアイコンがテキスト描画モードに変化します。テキストを追加する場所をクリックします。

テキストの追加
テキストの追加

追加したテキストは、通常のテキストの場合と同じように変更できます。

4. テキストの追加を完了した後、確定をクリックします。キャンセルして、ワークフローを再度開始します。

カスタムパスに沿ったテキストの追加ツールの使用

カスタムパスを描画して、それに沿ってテキストを追加することができます。

  1. カスタムパスに沿ったテキストの追加ツール を選択します。現在のテキストツールをすばやく変更するには、Option キーを押しながら現在のツールをクリックします。

    カスタムパスに沿ったテキストの追加ツール
    カスタムパスに沿ったテキストの追加ツール

  2. 画像にカスタムパスを描画します。ツールオプションバーの確定/キャンセルを選択して、描画したパスを確定することも、キャンセルして再描画することもできます。

  3. パスを調整または再描画するには、「ツール内で変更」オプションバーをクリックします。パスに表示されるノードを使用して変更します。

  4. パスの作成が完了したら、パス上の任意の場所をクリックしてテキストを追加します。通常のテキストの場合と同じようにテキストを変更します。

    テキストの追加
    テキストの追加

  5. テキストを追加した後、確定 をクリックします。

マスクされた文字の作成および使用

横書き文字マスクツールまたは縦書き文字マスクツールにより、テキストの形状で選択範囲を作成することができます。テキストの選択範囲を使用して、画像からテキストを切り取って背景を表示したり、選択したテキストを新しい画像に貼り付けたりして楽しむことができます。様々なオプションを使用して、独自の画像とコンポジションの作成を試してみてください。

横書き文字マスクツールによる選択範囲の塗りつぶし
横書き文字マスクツールによる選択範囲の塗りつぶし

  1. エキスパートモードを使用して、選択範囲を表示するレイヤーを選択します。最良の結果を得るためには、テキストレイヤー上にテキストの選択範囲を作成しないでください。
  2. 横書き文字マスクツール または縦書き文字マスクツール を選択します。
  3. 必要に応じてテキストオプションを選択し(テキストツールのオプションを参照)、テキストを入力します。

アクティブレイヤーの画像にテキストの選択範囲が表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー