マニュアル キャンセル

フィルター

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. 仮想記憶ディスク、プラグインおよびアプリケーションのアップデート
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
    14. 動くオーバーレイ
    15. 動く要素
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

フィルター

フィルターを使用して、写真を消去したりレタッチしたりできます。また、特殊なアートエフェクトを適用したり、独特な変形効果を与えることもできます。Adobe が提供するフィルターの他、サードパーティの開発者が提供するフィルターの一部もプラグインとして使用できます。これらのプラグインフィルターをインストールすると、それらはフィルターリストの一番下に表示されます。

フィルターは、写真や画像の雰囲気を大幅に変更することができます。

次の 3 つの方法でフィルターを適用することができます。

フィルターメニュー

利用可能なすべてのフィルターが含まれていて、フィルターを個別に適用することができます。

フィルターギャラリー

パネルと同様、各フィルターのエフェクトを示すサムネールが表示されます。フィルターギャラリーでは、いろいろなフィルターを重ねて適用したり、1 つのフィルターを複数回適用することができます。また、フィルターを並べ替えたり、適用した各フィルターの設定を変更したりして、目的の効果を得ることができます。柔軟性に優れたフィルターギャラリーは、フィルターを適用するのに最適な方法です。ただし、フィルターギャラリーでは、フィルターメニューに表示される一部フィルターを利用できません。

フィルターパネル

フィルターメニューに表示される各フィルターのエフェクトを示すサムネールが表示されます。フィルターパネルでは、エキスパートビュー内の写真にフィルターを個別に適用できます。

フィルターの適用に関するヒント

ここでは、画像にフィルターを適用する際のヒントについて説明します。

  • フィルターの使用結果をプレビューします。大きな画像にフィルターを適用すると、処理に時間がかかることがあります。フィルターギャラリーでフィルターの使用結果をプレビューすることで、フィルターのエフェクトをすばやく確認できます。また、ほとんどのフィルターは、フィルターオプションダイアログボックスおよびドキュメントウィンドウで使用結果をプレビューすることができます。結果を確認した後でフィルターを適用するか操作をキャンセルできるので、時間を節約できます。

  • フィルターは、画像のアクティブな部分にのみ適用されます。フィルターは、アクティブな表示レイヤーまたはレイヤーの選択範囲にのみ影響を与えます。

  • フィルターは、一部の画像では機能しません。一部のフィルターは、グレースケールモードの画像では使用できません。また、ビットマップモードやインデックスカラーモードの画像でフィルターを使用することはできません。フィルターの多くは、16 ビット画像では機能しません。

  • 以前に適用したフィルターを再度適用することができます。前回適用したフィルターは、フィルターメニューの一番上に表示されます。前回使用したのと同じ設定でフィルターを再度適用して、エフェクトをさらに強調することができます。

フィルターを使用した視覚効果の作成上のヒント

ここでは、フィルターを使用して特別な視覚効果を得るためのヒントについて説明します。

  • フィルターの縁を処理します。選択範囲にフィルターを適用する場合、フィルターを適用する前に選択範囲の境界をぼかして、フィルターエフェクトのエッジをぼかすことができます。

  • フィルターを連続的に適用して、エフェクトを作成します。1 つのレイヤーまたは複数のレイヤーに連続的にフィルターを適用して、エフェクトを作成することができます。レイヤーパネルで異なる描画モードを選択すると、エフェクトが合成されます。レイヤーにフィルターのエフェクトを適用するには、レイヤーが表示されていて、ピクセルを含んでいる必要があります。

  • テクスチャと背景を作成します。単色またはグレースケールの画像にフィルターを適用して、様々な背景やテクスチャを作成できます。その後、これらのテクスチャをぼかすことができます。単色に適用したときに視覚的にはエフェクトがほとんどまたはまったく得られないフィルター(ガラスフィルターなど)もありますが、その他のフィルターは独特のエフェクトを作り出します。そのような色には、ノイズを加える、チョーク・木炭画、雲模様 1、クレヨンのコンテ画、雲模様 2、ガラス、グラフィックペン、ハーフトーンパターン、メゾティント、ノート用紙、点描、ちりめんじわ、粗いパステル画、スポンジ、粗描き、を使用できます。また、テクスチャサブメニュー内のあらゆるフィルターも使用できます。

  • 画質と一貫性を向上できます。不要な部分を隠したり、画像を変更または加工したり、一連の画像のそれぞれに同じフィルターを適用したりして、見た目を同じようにすることができます。

フィルターの適用

  1. フィルターの適用範囲を選択します。
    • フィルターをレイヤー全体に適用するには、選択範囲を選択解除し、レイヤーパネルでレイヤーを選択します。

    • フィルターをレイヤーの一部に適用するには、任意の選択ツールを使用して範囲を選択します。

  2. フィルターの適用方法を選択します。
    • フィルターギャラリーを使用するには、フィルター/フィルターギャラリーを選択して、カテゴリを選択し、適用するフィルターをクリックします。

    • フィルターパネルを使用するには、ウィンドウ/フィルターを選択し、カテゴリを選択し、適用するフィルターをダブルクリックします。

    • フィルターメニューを使用するには、「フィルター」を選択し、適用するフィルターをサブメニューから選択します。フィルター名の後ろに省略記号(...)が付いているフィルターを選択すると、フィルターオプションダイアログボックスが表示されます。

  3. ダイアログボックスが表示されたら、値を入力するかオプションを選択します。
  4. 可能な場合は、「プレビュー」オプションを選択して、フィルターをドキュメントウィンドウでプレビューします。フィルターをプレビューするには、フィルターとその適用方法に応じて、次のいずれかの操作を行います。
    • ズームインまたはズームアウトするには、プレビューウィンドウの下にある + ボタンまたは - ボタンを使用します。

    • ズーム率を選択するには、ズームバー(ズーム率が表示される部分)をクリックします。

    • 画像の特定の領域をウィンドウの中央に配置するには、プレビューウィンドウ内でクリックしてドラッグします。

    • フィルターのサムネールを非表示にするには、ダイアログボックスの上にある表示/非表示ボタン をクリックします。サムネールを非表示にすると、プレビュー領域が拡張されます。

    • プレビュー画像でエフェクトを非表示にするには、フィルターの横にある目のアイコン をクリックします。

  5. ダイアログボックスにスライダーが表示されている場合は、Alt キー(Mac OS の場合は Option キー)を押しながらスライダーをドラッグすると、リアルタイムプレビュー(リアルタイムレンダリング)を確認できます。
  6. 画像ウィンドウをクリックして、画像の特定の領域をプレビューウィンドウの中央に配置します(この操作は、一部のプレビューウィンドウでは機能しないことがあります)。
    注意:

    プレビューサイズの下の点滅している線は、プレビューがレンダリング中であることを示しています。

  7. フィルターギャラリーを使用している場合、またはフィルターギャラリーでフィルターを開いた場合は、次のいずれかの操作を行って「OK」をクリックします。
    • ダイアログボックスの下部にある新しいエフェクトレイヤーボタン をクリックして、適用する追加のフィルターを選択します。複数のエフェクトレイヤーを追加して、複数のフィルターを適用できます。

    • ダイアログボックスの下部にある適用されているフィルターの一覧で、フィルター名を別の位置にドラッグして、適用されているフィルターを並べ替えます。フィルターの順番を並べ替えると、画像の見た目を大幅に変更することができます。

    • フィルターを選択し、エフェクトレイヤーを削除ボタン をクリックして、適用されているフィルターを削除します。

  8. フィルターパネルを使用している場合は、次の操作を行い、「OK」をクリックします。

    • 写真に適用するフィルターをクリックします。
    • 可能な場合は、次のいずれかの操作を行うことができます。
      • スライダーを調整して、適用されるフィルターの強度を調整します。
      • 「適用を追加」ボタンをクリックして、別の効果を追加します。いくつかのワンクリックフィルター(ぼかしなど)が可能です。
      • 一部のフィルターでは、さらなる調整が可能です。「詳細オプション」ボタンをクリックします。ダイアログボックスでスライダーを調整したりオプションを選択したりして、写真に適用されているフィルターを変更します。 

     

フィルターカテゴリ

次のカテゴリのフィルターを適用できます。

レンズ補正

樽型や糸巻き型のゆがみ、ビネットなど、一般的なレンズの傷を補正します。また、画像を回転させて、垂直方向または水平方向のカメラの傾きによる画像の遠近感のずれを補正します。

色調補正フィルター

画像内のピクセルの明るさ、色、グレースケールの範囲および色調を変更できます。カラーピクセルをモノクロに変換することもできます。

アーティスティックフィルター

カンバスに描いた絵画のように、独特の外観に仕上げることができます。

ぼかしフィルター

選択範囲または画像全体をぼかすことができます。レタッチに便利です。

ブラシストロークフィルター

様々なブラシやインクを使用した絵画や美術品のような見た目にできます。

変形フィルター

画像を幾何学的にひずませ、3 次元効果やその他の変形効果を出します。

ノイズフィルター

選択範囲をその周囲のピクセルと合成し、ほこりや傷を含む領域を除去できます。

ピクセレートフィルター

色の値が似ているピクセルをまとめることで、画像全体または選択範囲をシャープにします。

描画フィルター

画像に雲模様、逆光、ファイバー、稲妻効果を適用します。

スケッチフィルター

テクスチャを追加して立体感を出したり、手描きのように見せたりできます。

表現手法フィルター

ピクセルを置き換え、コントラストを強くすることで、印象派の絵画のような効果を与えることができます。

テクスチャフィルター

立体感や質感を出したり、自然な見た目にしたりすることができます。

その他のフィルター

独自のフィルター効果を作成したり、マスクを変更したり、画像内の選択範囲をオフセットしたり、色をすばやく調整したりできます。

Digimarc フィルター

Digimarc の透かしを読み取ることができます。

フィルターギャラリー(フィルター/フィルターギャラリー)では、いろいろなフィルターを重ねて適用したり、1 つのフィルターを複数回適用することができます。また、フィルターを並べ替えたり、適用した各フィルターの設定を変更したりして、目的の効果を得ることができます。フィルターギャラリーダイアログボックスでは、複数のフィルターを画像に適用できるので、各フィルターの画像への効果を細かく制御できます。フィルターギャラリーは、柔軟で、使いやすいので、フィルターの適用にはこのツールを使用することをお勧めします。

フィルターギャラリーを使用したフィルターの適用

A. 元の写真 B. それぞれ別のフィルターを適用したところ C. 3 つのフィルターを重ねて適用したところ 

フィルターギャラリーダイアログボックス

A. フィルターカテゴリ B. 選択されているフィルターのサムネール C. フィルターサムネールの表示/非表示 D. フィルターメニュー E. 選択されているフィルターのオプション F. 適用または変更できるフィルター効果のリスト G. 非表示のフィルター H. 重ねて適用されているが、選択されていないフィルター I. 選択されているが、適用されていないフィルター 

ただし、フィルターギャラリーから使用できないフィルターもあります。一部のフィルターは、フィルターメニューからコマンドを実行する形式でのみ使用できます。また、フィルターギャラリーでは、効果パネルのようにエフェクトやスタイルを適用することはできません。

テクスチャおよびガラス表面オプション

クレヨンのコンテ画、ガラス、粗いパステル画、テクスチャライザー、粗描きの各フィルターにはテクスチャオプションがあります。これらのオプションを使用して、画像をカンバスやレンガなどのテクスチャの上に描いたり、ガラスのブロックを通して見たりしているような効果を得ることができます。

テクスチャ

適用するテクスチャのタイプを指定します。テクスチャを読み込む をクリックして Photoshop ファイルを指定することもできます。

拡大・縮小

画像への効果のサイズを増減します。

レリーフ(ある場合)

テクスチャの表面の奥行きを調整します。

ライト(ある場合)

画像を照らす光源の角度を設定します。

階調の反転

表面の明るい色と暗い色を反転させます。

フィルターとエフェクトのパフォーマンスの向上

一部のフィルターとエフェクトは、特に高解像度の画像に適用したときに、メモリを大量に消費します。次の方法でパフォーマンスを向上できます。

  • 画像内で選択した小さな範囲でフィルターや設定を試します。
  • 画像のサイズを縮小したコピーでフィルターや設定を試します。満足のいく結果が得られたら、同じ設定で元の画像にフィルターを適用します。
  • フィルターまたはエフェクトを適用する前に、クリップボードまたはヒストリー、あるいはその両方を消去して、メモリを解放します。編集/メモリをクリア/[コマンド]を選択します。
  • 他のアプリケーションを終了してメモリの空き容量を増やします。
  • フィルター設定を調整して、メモリを多く使用するフィルターを単純にします。メモリを多く使用するフィルターには、カットアウト、ステンドグラス、クロム、波紋、はね、ストローク(スプレー)およびガラスがあります。例えば、ステンドグラスフィルターを単純にするには、セルの大きさを拡大します。カットアウトフィルターを単純にするには、エッジの単純さを上げるか、エッジの正確さを下げるか、この両方の操作を行います。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン