マニュアル キャンセル

切り抜き

  1. Photoshop Elements ユーザーガイド
  2. Photoshop Elements の概要
    1. Photoshop Elements の新機能
    2. 必要システム構成 | Photoshop Elements
    3. ワークスペースの基本
    4. ガイドモード
    5. フォトプロジェクトの作成
  3. ワークスペースと環境
    1. ホーム画面の説明
    2. ワークスペースの基本
    3. ツール
    4. パネルとエリア
    5. ファイルを開く
    6. 定規、グリッド、ガイド
    7. 機能強化されたクイックモード
    8. ファイル情報
    9. プリセットとライブラリ
    10. マルチタッチサポート
    11. スクラッチディスク、プラグインおよびアプリケーションの更新
    12. 操作の取り消し、やり直しおよびキャンセル
    13. 画像の表示
    14. Windows 7 機能の使用
  4. 写真の補正および画質調整
    1. 画像のサイズ変更
    2. 切り抜き
    3. Camera Raw 画像ファイルの処理
    4. ぼかしの追加、色の置き換え、画像領域のコピー
    5. シャドウとライトの補正
    6. 写真のレタッチと修正
    7. 写真をシャープにする
    8. 変形
    9. 自動スマートトーン補正
    10. 再構成
    11. アクションを使用した写真の処理
    12. Photomerge Compose
    13. パノラマの作成
  5. シェイプおよびテキストの追加
    1. テキストの追加
    2. テキストの編集
    3. シェイプの作成
    4. シェイプの編集
    5. ペイントの概要
    6. ペイントツール
    7. ブラシの設定
    8. パターン
    9. 塗りつぶしおよびストローク
    10. グラデーション
    11. 日本語テキストの操作
  6. ガイド付き編集、効果、フィルター
    1. ガイドモード
    2. フィルター
    3. ガイドモード Photomerge 編集
    4. ガイドモード - 基本編集
    5. 色調補正フィルター
    6. 効果
    7. ガイドモード - 楽しい編集
    8. ガイドモード - 特殊編集
    9. アーティスティックフィルター
    10. ガイドモード カラーの編集
    11. ガイドモード - 白黒の編集
    12. ぼかしフィルター
    13. ブラシストロークフィルター
    14. 変形フィルター
    15. その他のフィルター
    16. ノイズフィルター
    17. 描画フィルター
    18. スケッチフィルター
    19. 表現手法フィルター
    20. テクスチャフィルター
  7. カラーの使用
    1. カラーについて
    2. カラーマネジメントの設定
    3. カラーおよび色調補正の基本
    4. カラーの選択
    5. カラー、彩度、色相の補正
    6. カラーバランスの補正
    7. 画像モードとカラーテーブルの使用
    8. カラーと Camera Raw
  8. 選択範囲の使用
    1. Photoshop Elements での選択範囲の指定
    2. 選択範囲の保存
    3. 選択範囲の修正
    4. 選択範囲の移動とコピー
    5. 選択範囲の編集と調整
    6. アンチエイリアスおよびぼかしにより選択範囲のエッジを滑らかにする
  9. レイヤーの使用
    1. レイヤーの作成
    2. レイヤーの編集
    3. レイヤーのコピーとアレンジ
    4. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    5. クリッピングマスク
    6. レイヤーマスク
    7. レイヤースタイル
    8. 不透明度と描画モード
  10. フォトプロジェクトの作成
    1. プロジェクトの基本
    2. フォトプロジェクトの作成
    3. フォトプロジェクトの編集
  11. 写真の保存、プリント、共有
    1. 画像の保存
    2. 写真のプリント
    3. オンラインでの写真の配信
    4. 画像の最適化
    5. JPEG 形式として最適化
    6. Web 画像のディザ
    7. ガイド付き編集 - 配信パネル
    8. Web 画像のプレビュー
    9. 透明ピクセルとマットの使用
    10. GIF や PNG-8 形式として最適化
    11. PNG‑24 として最適化
  12. ショートカットキー
    1. ツールの選択時に使用するキー
    2. オブジェクトの選択時と移動時に使用するキー
    3. レイヤーパネルのショートカットキー
    4. パネルの表示/非表示を切り替えるときに使用するキー(エキスパートモード)
    5. ペイントおよびブラシ使用時のキー
    6. テキスト使用時のキー
    7. ゆがみフィルター使用時のキー
    8. 選択範囲を変形する時のキー
    9. スウォッチパネルのショートカットキー
    10. Camera Raw ダイアログボックス使用時のキー
    11. フィルターギャラリーのショートカットキー
    12. 描画モード使用時のキー
    13. 画像の表示時に使用するキー(エキスパートモード)

Photoshop Elements の切り抜きツールを使用する方法を説明します。

画像の切り抜き

切り抜きツールは、画像内の選択範囲以外の部分を削除します。不要な背景要素を削除して、画像内の目的の被写体を強調します。初期設定では、画像を切り抜く場合、解像度は元の写真と同一になります。

不要な背景部分を削除するため、画像を切り抜きます。

  1. 切り抜きツール  を選択します。

  2. 切り抜きの比率を元の写真から変更する場合は、ツールオプションパネルの左側にあるドロップダウンリストからオプションのいずれか 1 つを選択するか、オプションバーのフィールドと高さフィールドで新しいカスタム値を指定します。

    自由な形に

    画像を任意の寸法へサイズ変更することができます。

    写真の縦横比を使用

    切り抜く写真の元の縦横比を表示します。フィールドと高さフィールドには、切り抜き後の画像の値が表示されます。解像度フィールドで、画像の解像度を変更できます。

    注意:

    切り抜きツールに高さの値を指定した場合、ドロップダウンリストには、カスタムが選択済みオプションとして表示されます。

  3. 画像内で、残す部分をドラッグします。マウスボタンを放すと、コーナーハンドルとサイドハンドルを備えたバウンディングボックス(画像の境界線を囲む四角形)として、切り抜き範囲が表示されます。

  4. (オプション)次のいずれかの操作を実行して切り抜き選択範囲を調整します。
    • 縦横比を変更するには、ツールオプションパネルの左側にあるドロップダウンリストから値を選択します。
    • 選択範囲を別の位置に移動するには、バウンディングボックスの内側にポインターを置いてクリックしてドラッグするか、矢印キーを使用して選択範囲を移動します。
    • 選択範囲を拡大または縮小するには、ハンドルをドラッグしますドロップダウンリストから「自由な形に」を選択した状態で、縦横比を固定して拡大や縮小をおこなうには、Shift キーを押しながらコーナーハンドルをドラッグします。
    • 「幅」「高さ」の値を入れ替えるには、オプションバーの入れ替えアイコン  をクリックします。
    • 選択範囲を回転するには、ポインターをバウンディングボックスの外側に置いてドラッグします(ポインターがカーブした両方向の矢印 に変わります)(モノクロ 2 階調モードでは、切り抜きツールで選択した範囲を回転させることはできません)。

      注意:切り抜きシールド(画像の周囲の切り抜かれる領域)のカラーおよび不透明度を変更するには、切り抜きツールの環境設定を変更します。編集環境設定画面表示・カーソルを選択します。次に、環境設定ダイアログボックスの「切り抜きツール」領域で「カラー」と「不透明度」に新しい値を指定します。切り抜きを実行するときにカラーシールドを表示しない場合は、「シールドを使用」の選択を解除します。

  5. 選択範囲の右下にある緑の確定ボタン  をクリックするか、バウンディングボックスをダブルクリックして、切り抜きを終了します。切り抜き操作をキャンセルするには、赤のキャンセルボタンをクリックするか、Esc キーを押します。

選択範囲の境界線での切り抜き

切り抜きツールは、現在の選択範囲の外側の領域を削除します。選択範囲のサイズに切り抜く場合、Photoshop Elements では画像は選択範囲の境界線を含むバウンディングボックスで切り抜かれます(なげなわツールを使用した選択範囲のように形状が不規則である場合は、選択範囲を含む四角形のバウンディングボックスで切り抜かれます)。選択範囲を指定せずに「切り抜き」コマンドを使用すると、Photoshop Elements では画像が表示されている各辺から 50 ピクセルの位置で切り抜かれます。

  1. 長方形選択ツール  などの選択ツールを使用して、残しておく画像の領域を選択します。

  2. イメージ切り抜きを選択します。

自動切り抜き候補

切り抜きツールと手法は、どの写真編集ワークフローでも基本的な部分です。Photoshop Elements 13 から、切り抜きツールですぐに使用できる 4 つの候補が自動的に表示されるようになったため、ニーズに最も適合する切り抜きを選択できます。4 つの候補のいずれかを選択するか、4 つの候補をすべて却下した後、好きなだけ切り抜きを続けることもできます。

切り抜き画像

自動切り抜き候補を使用するには:

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。
  2. 切り抜きツールを選択します。自動候補を表示する 4 つのサムネールが、ツールオプションパネルに表示されます。
  3. 最適と思われるサムネールをクリックします。ツールオプションパネルのドロップダウンリストから異なる縦横比を選択すると、さらに多くの候補が表示されます。
注意:

ツールオプションパネルの切り抜き候補にマウスポインターを合わせると、切り抜き候補をプレビューできます。

グリッドを使用した切り抜きの改善

グリッドオーバーレイ

画像にグリッドガイドが表示されます。このグリッドを使用して被写体の位置を決めてから画像を切り取ります。

遠近法の切り抜きツール

Photoshop Elements 15 の新機能

遠近法の切り抜きツールでは、切り抜き時に画像の遠近法を変更することができます。これは画像がある程度歪んでいる場合に便利です。オブジェクトを平角以外の角度で撮影するか、広角レンズを使用してオブジェクトの広い範囲を撮影すると、ゆがみが生じます。例えば、高層ビルの写真を地上から撮ると、上階になるほどビルの角の間隔が狭く見えます。

  1. Photoshop Elements で写真を開きます。

  2. エキスパートモードに入り、ツールバーの「選択範囲を変更」セクションで、遠近法の切り抜きツールを選択します。

  3. 遠近法の補正をおこなうオブジェクトの周囲に選択範囲または境界線を描画し、画像のその範囲を切り抜きます。

    遠近法の切り抜きツールを使用して描画された選択範囲。

  4. 領域の四隅を使用して、選択範囲のシェイプを変更します。四隅のどれかにマウスポインターを合わせ、ポインターが白に変わったら、その隅をクリックしてドラッグします。

    注意:

    最適な結果を得るには、選択範囲の垂直方向のエッジを、写真に写っている垂直に見えるパターンや被写体に揃えます。

    選択範囲のシェイプを変更して、画像内の垂直線に揃えます。

  5. また、ツールオプションパネルの幅(W)、高さ(H)、解像度のフィールドに値を指定することもできます。指定した高さ、幅、解像度に最終画像が変換されます。

    遠近法の切り抜きツールオプション

  6. をクリックして、遠近法を変換し、画像を選択範囲で切り抜きます。

    遠近法で補正した画像。

型抜きツールの使用

型抜きツールを使用すると、選択したシェイプで写真を切り抜くことができます。シェイプを選択して写真上にドラッグすると、写真がそのシェイプに切り抜かれます。また、バウンディングボックスを移動し、サイズを変更して、切り抜き範囲にすることもできます。

型抜きツールを使用して、写真を楽しいシェイプに切り抜き

  1. エキスパートモードで切り抜きツールを選択します。

  2. ツールオプションパネルの型抜きアイコンを選択して、シェイプを選択します。他のライブラリを表示するには、シェイプドロップダウンから別のライブラリを選択します。

  3. シェイプをダブルクリックして選択します。
  4. 画像内をドラッグしてシェイプの境界線を作成し、画像の目的の場所に移動します。

  5. 確定ボタン  をクリックするか、Enter キーを押して、切り抜きを終了します。切り抜き操作をキャンセルする場合は、キャンセルボタンをクリックするか、Esc キーを押します。

カンバスのサイズの変更

カンバスは、画像ウィンドウ内にある、既存の画像の周りのワークスペースです。あらゆる編集がおこなえる画像の領域です。カンバスのサイズは、画像のどのサイドでも、拡大・縮小できます。追加したカンバスは、背景レイヤーに現在選択されている背景色で表示されるか(デフォルト)、カンバスサイズウィンドウで選択したカンバス拡張カラーで表示されます。他のレイヤーでは、追加されたカンバスは透明です。

カンバスのサイズを大きくすると、カラーの枠線の領域が拡大します。

  1. 画像サイズ変更カンバスサイズを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を実行します。
    • フィールドと高さフィールドに新しいカンバスのサイズを入力します。定規ドロップダウンから測定単位を選択します。
    • 「相対」を選択し、カンバスのサイズを拡大または縮小する値を入力します(カンバスのサイズを縮小する場合は負の値を入力します)。各辺を 2 インチずつ拡大するなど、指定した量だけカンバスを拡大するには、このオプションを使用します。
  3. アンカーアイコンの矢印をクリックして、カンバス上の位置を指定します。

  4. 拡大したカンバスのカラーを変更するには、カンバス拡張カラーメニューからオプションを選択し、「OK」をクリックします。

画像の角度の補正

手振れによって画像の角度が正しくなくなっている場合があります。例えば、夕日の写真の水平線が完全な水平ではないなどです。Photoshop Elements では、写真の位置を揃え、水平線が完全な水平になるようにすることができます。角度補正ツールを使用すると、画像を垂直または水平方向に整列し直すことができます。また、角度補正を適用した画像に合わせて、カンバスの切り抜きやサイズ変更を自動的におこなうこともできます。

  • クイックモードで、角度補正ツール(P)をアクティブにして、水平(表示されている場合)に沿って線を引きます。表示されていない場合は、写真の水平線と思われる線を引きます。
    写真が水平になり、選択したオプションに応じて、作成した空白のエッジが自動的に塗りつぶされます。

エキスパートモードでの画像の角度の手動補正

  1. 角度補正ツールを選択します。

  2. 使用可能なオプションボタンから選択します。

    サイズに合わせて拡張/伸縮

    回転した画像に合わせてカンバスのサイズを変更します。角度補正によって、画像の隅が現在のカンバスの外側になります。角度補正した画像に空白の背景領域が現れますが、ピクセルはクリップされません。

    背景を削除するように切り抜く

    画像を切り抜いて、角度補正後に表示される空白の背景領域を削除します。一部のピクセルがクリップされます。

    オリジナルサイズに切り抜く

    カンバスを元の画像と同じサイズに保ちます。角度補正した画像に空白の背景領域が現れ、ピクセルはクリップされません。

    角度補正および切り抜きによる背景の削除

    注意:

    「すべてのレイヤーを回転」オプションが有効になっていると、3 種類の角度補正オプションも有効です。

  3. 画像の角度を補正するには、次のいずれかの操作を実行します。
    • 水平方向に整列させるには、エッジに沿って水平の線を引きます。例えば、電車の画像が正しく水平になっていない場合は、水平方向の直線を電車と平行に引きます。

    • 垂直方向に整列させるには、エッジに沿って垂直の線を引きます。例えば、塔の画像が正しく垂直になっていない場合は、垂直方向の直線を塔と平行に引きます。

空白のエッジを自動的に塗りつぶす

角度補正ツールは、エッジを背景色または透明なピクセルで塗りつぶす代わりに、関連する画像データを使用して、インテリジェントに自動塗りする強化オプションです。

「エッジを自動的に塗りつぶし」オプションは、「拡張または縮小」モードと「オリジナルサイズ」モードでのみ使用できます。線を描画して画像の角度補正を有効にする前に、エッジを自動的に塗りつぶしを選択します。線を描画すると、写真のエッジに沿って作成されたすべての隙間は、自動的にインテリジェントに塗りつぶされます。

クイックモードでの画像の角度の手動補正

  1. 角度補正ツールを選択します。

  2. 使用可能なオプションボタンから選択します。

    カンバスサイズの維持

    回転した画像に合わせてカンバスのサイズを変更します。角度補正によって、画像の隅が現在のカンバスの外側になります。角度補正した画像に空白の背景領域が現れますが、ピクセルはクリップされません。

    画像サイズの維持

    画像のサイズを変更し、角度補正後に表示される空白の背景領域を削除します。一部のピクセルがクリップされます。

  3. 画像の角度を補正するには、次のいずれかの操作を実行します。
    • 水平方向に整列させるには、エッジに沿って水平の線を引きます。例えば、電車の画像が正しく水平になっていない場合は、水平方向の直線を電車と平行に引きます。
    • 垂直方向に整列させるには、エッジに沿って垂直の線を引きます。例えば、塔の画像が正しく垂直になっていない場合は、垂直方向の直線を塔と平行に引きます。

空白のエッジを自動的に塗りつぶす

角度補正ツールは、エッジを背景色または透明なピクセルで塗りつぶす代わりに、関連する画像データを使用して、インテリジェントに自動塗りする強化オプションです。

線を描画して画像の角度補正を有効にする前に、エッジを自動的に塗りつぶしを選択します。線を描画すると、写真のエッジに沿って作成されたすべての隙間は、自動的にインテリジェントに塗りつぶされます。

画像の角度の自動補正

  • 自動的に画像の角度だけを補正してカンバスを切り抜かないようにするには、画像回転画像の角度補正を選択します。角度補正した画像に空白の背景領域が現れますが、ピクセルはクリップされません。
  • 自動的に画像の角度を補正して切り抜くには、画像回転角度補正して切り抜きを選択します。角度補正した画像に空白の背景領域は現れませんが、一部のピクセルがクリップされます。

複数の写真を含むスキャン画像の分割

1 つのファイル内に複数の画像があって、これらをスキャンする場合は、自動的に写真ごとにスキャン画像を分割して、角度を補正することができます。これをおこなうには、各写真が明確に分かれていることが必要です。

1 ページでスキャンされた画像を 3 つの画像に分割

  1. 画像スキャンした写真を分割を選択します。Photoshop Elements は、画像を自動的に写真ごとに分割して各写真を個別のファイルに保存します。

    注意:

    周囲が白い写真(明るい空、雪など)の場合、スキャナーに写真を置き、その上に暗い色の紙を載せてスキャンすると、写真が正確に識別されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン