Photoshop または Premiere Elements をインストールすると、ステータスがロールバックアクションに変わり、アプリケーションがアンインストールされてしまいます。

Photoshop Elements または Adobe Premiere Elements のインストールが、以下のエラーの 1 つで失敗する可能性があります。

「Adobe Photoshop Elements をインストールする前にウィザードが中断されました。下記のアプリケーションはインストールに失敗しました:共用技術。」

「共有技術のインストール中に、Adobe Premiere Elements のインストールウィザードが中断されました。」

「共有技術のインストール中にインストールプロセスでエラーが発生しました。」

競合するソフトウェアの無効化

Adobe Bridge を終了する

他のアドビアプリケーションをインストールしているかどうかによって、Adobe Bridge をバックグラウンドプロセスとして実行することが可能です。

  1. システムトレイ(時計の横の画面右下隅)で Adobe Bridge アイコンがあるかどうかチェックします。

    Bridge
  2. ある場合は、アイコンを右クリックして Adobe Bridge の「終了」を選択します。
  3. タスクマネージャーを開き(Ctrl+Alt+Delete)、Adobe Bridge.exe が「プロセス」に表示されていないことを確認します。

Auto-Analyzer を無効にする 

Elements の旧バージョンをインストールしている場合は、バックグラウンドで Elements Organizer から Auto-Analyzer が実行されている可能性があります。

  1. タスクマネージャー(Windows)か、アクティビティモニター(Mac)を開きます。

  2. 「プロセス」タブで ElementsAutoAnalyzer.exe を見つけるか(Windows の場合)、ElementsAutoAnalyzer を見つけ(Mac の場合)、そのプロセスを終了します。

Auto Analyzer を無効化するには、写真とビデオへのタグ付けの「スマートタグの自動解析の無効化」に記載されている手順を実行します。

アンチウイルスとファイアウォールを無効にする

Norton のアンチウイルスを使用する場合は、Elements インストールの実行時にそのスキャン機能を必ずオフにしてください。

McAfee (VirusScan Enterprise 8.7.0.i または 8.8)を使用する場合は、以下の手順を実行します。

  1. メインプロパティ画面を開き、「アクセス保護」タブの「カテゴリ」の下で、「Anti-Virus 最大プロテクト」オプションを選択します。「すべての拡張子登録改ざんの防止」オプションの選択を解除します。
  2. 「カテゴリ」の下で「一般的な標準の保護」を選択し、「Mozilla & Firefox のファイルと設定の保護」オプションの選択を解除します。
  3. 最大プロテクトモードでなく、標準プロテクトモードで、McAfee アンチウイルスをインストールします。

バックアップソフトウェアを無効にする

ご使用のシステムに Crashplan バックアップソフトウェアをインストールしている場合は、そのソフトウェアを無効にするか、アンインストールしてから Elements をインストールします。Crashplan バックアップソフトウェアは、Elements を問題なくインストールした後で、有効にしたり、再インストールすることができます。

Adobe AIR をアンインストールして、再インストールする

すべてのインストールコンポーネントが使用可能なことを確認

デスクトップからのインストール手順

注: ダウンロード対応ソフトウェアを購入した場合は、この手順を省略してください。

  1. DVD などの外部デバイスからインストールする場合は、デスクトップインストールを行います。
  2. すべてのアプリケーションを閉じます。
  3. フォルダー(例えば、C:/PSEInstaller/)を作成します。フォルダはデスクトップ上には作成しないでください。
  4. コンピュータの DVD ドライブにまたは外部デバイスに、Photoshop Elements または Adobe Premiere Elements のインストール DVD-ROM を挿入します。
  5. スタート/マイ コンピュータ(Windows XP)か、またはスタート/コンピュータ(Windows Vista または Windows 7)を選択します。
  6. DVD ドライブか、外部デバイスを右クリックし、「エクスプローラー」を選択します。
  7. 編集/すべて選択を選択します。
  8. 選択した項目を、手順 2 で作成したフォルダにドラッグします。コピー処理が終了するまで待ちます。(コピー処理時にエラーメッセージが表示される場合は、インストール DVD-ROM の交換について、アドビカスタマーサービスにお問い合わせください。お住まいの地域のアドビカスタマサービスに連絡するには、www.adobe.com にアクセスします。ページの最上部のメニュ-からお住まいの地域を選択して、「お問い合わせ」をクリックします。)
  9. コピー処理が完了したら、DVD-ROM を取り出します。
  10. インストールファイルを含んだフォルダを開き(手順7を参照)、Setup.exeをダブルクリックしてインストーラを開始します。
  11. エラーが発生せずにインストーラが終了したら、手順 2で作成したフォルダーを削除します。

Elements STI インストーラーフォルダーのコンポーネントをチェックする

インストールファイルをダウンロードした場合は、Elements フォルダーを開き、"ElementsSTIInstaller" という名前のフォルダーがあるかどうかチェックします。

そのフォルダーが存在する場合は、フォルダーを開き、以下のコンポーネントがあるかどうか確認します。

  • Deploy フォルダー
  • Packages フォルダー
  • Payloads フォルダー
  • Resources フォルダー
  • Set-up.exe ファイル

上記のコンポーネントのいずれかが見つからない場合は、再度ダウンロードして抽出してください。

破損したファイルの再作成

OOBE フォルダーをアーカイブする

  1. OOBE フォルダーに移動します。

    • Windows: C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Adobe\OOBE
    • Mac OS:/ユーザ/[ユーザー名]/ライブラリ/Application Support/Adobe/OOBE folder
    注: 上記のパス内のファイルは非表示です。それらのファイルを表示するには、以下のセクションの情報を使用します。
  2. OOBE フォルダの名前を OOBE.bak に変更します

    • Windows: OOBE フォルダーを右クリックし、「名前の変更」を選択します
    • Mac OS:フォルダを選択して Return キーを押し、フォルダの名前を変更します。
  3. Elements 製品を再インストールします。

Cache.db ファイルの名前を変更する

時々、このファイルの情報が Photoshop Elements のインストールと一致しないことがあります。その場合は、インストールログに AFL.dll に関する問題が記載されている可能性があります。

  1. 以下のフォルダーに移動します。

    • Windows: C:\Program Files\Common Files\Adobe\Adobe PCD\cache
    • Mac OS: //ライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe PCD/cache
  2. cache.db の名前を cache.old に変更します。

注: このファイルの名前を変更すると、このコンピューターにインストールされたすべてのアドビ製品からライセンス情報が削除されます。したがって、次回、他のアドビアプリケーションを起動するときに、再びシリアル番号の入力が求められます。

一般的なインストールのトラブルシューティングの実行

インストールのロールバックには多数の異なる要因があります。詳細については、インストール時における問題のトラブルシューティング | Photoshop Elements、Premiere Elements | Windows を参照してください。

エラーの有無をインストールログでチェックする

インストールのロールバック時にエラーが返されない場合は、インストールログを調べて、インストールが失敗した理由の詳しい説明をチェックしてください。Adobe Support Advisor (ASA) を使用してインストールログファイルを分析します。手順については、アドビサポートアドバイザー | トラブルシューティングアプリのインストール(を参照してください。ASA ツールを使用しても解決方法が見つからない場合は、詳細について、 ログを使用してインストールをトラブルシュートする | Premiere Elements、Photoshop Elementsの「主なインストールログを手動で解析する」セクションを参照してください。

インストールパスをチェックする

注: ダウンロードしたインストーラを使用しているか、またはハードドライブからインストールを実行している場合は、インストールパスが原因で共用技術が失敗する可能性があります。その場合は、以下のログメッセージが表示されることがあります。

[FATAL] セットアップ - 起動パスが長すぎます。他の場所からインストーラーを実行してください。

インストールファイルを、C:\PSEInstaller\のような、ドライブのルートのフォルダーにコピーして、インストールを再実行します。アプリケーションのインストールパスは、260 文字以下でなければなりません。ファイル、パス、名前空間のネーミングをレビューしてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー