Adobe Photoshop Elements お読みください

必要システム構成

  • 1 GB の RAM(HD ビデオ機能には 2 GB)
  • 4 GB の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)
  • DVD ドライブ
  • インターネットを利用するサービスを使用するには、インターネット接続が必要

Windows®

  • Intel® Pentium® 4 または Intel Celeron®(または互換)1.6 GHz プロセッサー(デュアルコアプロセッサーおよび Hyper-Threading Technology 対応のプロセッサー)
  • Microsoft® Windows® XP Service Pack 3、Windows Vista® 、Windows 7
  • Microsoft DirectX 9 と互換性のあるディスプレイドライバー
  • 16 bit カラーのビデオカードを搭載したカラーモニター
  • 1,024 x 768 のモニター解像度

Mac OS X

  • Intel® のマルチコアプロセッサー
  • Mac OS X v10.5.8(以降)または Mac OS X v10.6(以降)または Mac OS X v10.7(以降)
  • 1024x768 の画面解像度
  • マルチメディア機能を利用するには QuickTime 7 が必要

必要システム構成の最新情報については、以下のサイトを参照してください。

インストールに関するガイドライン

  • Photoshop Elements のインストールは、管理者権限を持つアカウントで実行してください(Vista の場合は、制限付きのユーザーアカウントを使用しないでください)。
  • インストールをスムーズに進めるため、Photoshop Elements 10 をインストールする前に、開いているプログラム(ウイルス保護ソフトウェアを含む)をすべて閉じてください。
  • 場合(地域)によっては、ファイルが Program Files フォルダーにインストールされることが通知されますが、Vista の場合、実際のインストール先は Programs フォルダーです。(英語以外の言語の場合、ドイツ語では Programme となるなど、フォルダー名は異なる場合があります)。
  • 以前のバージョンの Photoshop Elements をアンインストールする必要はありません。新しいバージョンの機能に慣れるまで、使い慣れた以前のバージョンをそのままお使いいただけます。
  • プログラムのインストール後にコンピューターの再起動を求められたら、コンピューターを再起動します。

注意:質問がある場合は、オンラインのテクニカルサポート情報が http://www.adobe.com/jp/support/photoshopelements/ に用意されています。

ドキュメント

ヘルプシステムには、プログラム内から検索できるヘルプトピックが用意されています。Web にアクセスできると、Photoshop Elements ヘルプの Web バージョンに用意されているさらに多くの情報を利用できます。また、Adobe Acrobat PDF 形式の印刷可能バージョンのヘルプ(一部の言語を除く)がインストール DVD に収録されているほか、アドビシステムズ社の Web サイト https://helpx.adobe.com/jp/support.html#/top_products からダウンロードすることもできます。

アップグレードに関する情報

  • 以前のバージョン Photoshop Elements 3 および 4 で使用されていた作品ツールはありません。以前のバージョンで作成した作品ファイル(以前のバージョンで作成されたカレンダー、フォトアルバム、グリーティングカードや、Photoshop Elements 3 より前のバージョンで作成されたスライドショー)を維持するには、以前のバージョンのプログラムを使用してそのバージョンによるファイルを PDF ファイルとして保存し、それを Photoshop Elements 10 で読み込んでください。
  • Photoshop Elements 3 からアップグレードする場合は、スライドショーを .wmv ファイルとして保存します。そうしないと、Photoshop Elements 3 で作成されたスライドショーは Photoshop Elements 10 で表示されません。
  • Photoshop Elements Organizer を以前のバージョンと新バージョンで切り替えて使用することはお勧めしません。
  • Premiere Elements 10 をインストールすると、「Photoshop Elements へ送る」用の Photoshop Elements スライドショー出力オプションが、以前のバージョンの Premiere Elements(5 以前)に対して動作しなくなります。
  • Photoshop Elements 10 で Adobe フォトダウンローダーは、カメラや USB ドライブなどの外部デバイスを初めて接続した際にポップアップ表示される Windows の自動開始ウィンドウに統合されています。また、フォトダウンローダーを Elements Organizer でファイル/写真とビデオの取り込み/カメラまたはカードリーダーからで起動することもできます。
  • 複数のバージョンを同時に実行した場合は、最新バージョンでのみ Photoshop. com との同期や関連するメンバーシップサービスの使用ができます。
  • カタログのアップグレードに問題があります。詳しくは、Common catalog issues when you upgrade | Elements Organizer(cpsid_85996)を参照してください。
    • 最後に使用したカタログのみが自動的に変換されます。カタログを複数使用する場合は、Photoshop Elements を起動し、Elements Organizer に入り、ファイル/カタログコマンドを使用して、他のカタログを検索して変換します。注意:初期設定では、カタログコマンドは初期設定の場所に保存されたカタログを表示します。別の場所に保存されているカタログを検索するには、「参照」ボタンを使用します。
    • (Mac ユーザー)Windows の以前のバージョンからアップグレードしようとしており、以前のバージョンのカタログを使用したい場合は、あらかじめ Windows でカタログを Photoshop Elements 10 用に変換しておく必要があります。変換したカタログを Mac OS マシンに移すと作業できるようになります。
    • Photoshop Elements 3、4、5、6、7、8、9、Photoshop Album、Photoshop Album Starter Edition からアップグレードしている場合は、Photoshop Elements 10 のインストール後にファイルのサムネールを作り直してください。詳しくは、Elements Organizer ヘルプの Elements Organizer でのカタログの作成と編集の「カタログサイズの最適化」を参照してください。
    • 以前のカタログに 30,000 枚以上の写真が含まれている場合、カタログの更新には 1 時間以上かかります(Photoshop Elements または Photoshop Album の以前のバージョンの大容量カタログを更新する場合は、完了までに数時間かかる可能性があります)。更新がすべて完了するまでお待ちください。
    • ギャラリーは、Photoshop Elements 10 ではサポートされていません。Photoshop Elements 6 など以前のバージョンのカタログを変換すると、ギャラリーはアルバムに変換され、「変換済みのギャラリー」アルバムグループにリストされます。以前のバージョンでのギャラリーの作成で特定のテンプレートを変更し、例えばテンプレートにタイトルやサブタイトルを追加した場合、そうした変更は Photoshop Elements 10.0 では保持されません。以前のバージョンの Photoshop Elements をアンインストールしていなくても、ギャラリーは以前のバージョンでも編集できなくなります。

プログラムに関する一般的な情報

 

地図ビューのサポートなし:Photoshop Elements 10 では、以前のバージョン(PSE 5 以降)の Elements Organizer で使用できた地図ビューをサポートしていません。以前のバージョンの PSE からカタログを変換している場合、地図上にドロップして関連付けたジオコードがあれば、画像に引き続き保持されます。ただし、それらを地図に表示することはできません。地図テンプレートが適用されたアルバムがカタログにある場合、そのカタログは初期設定の Elements Organizer テンプレートに変換されます。

複数ユーザーアカウントシステム:ユーザーアカウントディレクトリに保存されている写真を他のユーザーが見ることはできません。複数のユーザーアカウントで Photoshop Elements を使用しつつ、すべての写真へのアクセスが必要な場合は、すべてのユーザーが相互にアクセスできる場所で写真を共有する必要があります(例えば、ハードディスクドライブの最上位、どのユーザーフォルダーでもない場所、All User ディレクトリなど)。

オンラインサービス:利用できるオンラインサービスは、地域によって異なります。正しいサービスがリストされるようにするには、Adobe Photoshop Elements(Organizer)を起動し、環境設定/Adobe パートナーサービスを選択し、「選択」ボタンを使用して場所を選択します。Photoshop.com メンバーシップサービスは、現行では米国のユーザーにのみ提供中のオンラインサービスです。

ライセンス認証の解除:製品のライセンス認証の解除または登録が正しくおこなわれるように、コンピューターの日付が正しく設定されていることを確認してください。

XP から Vista へのアップグレード:Windows XP から Windows Vista へアップグレードし、Vista で同じユーザーアカウント名を使用すると、復元後に、Windows XP のマイビデオフォルダーやマイミュージックフォルダーに保存されていたファイルを CD や DVD に書き込めなくなります。この問題を回避するには、カタログを復元する際に、カタログを復元ダイアログボックスの「ファイルとカタログの復元先」で「新規の場所」オプションを使用します。Vista ユーザーアカウントでフルアクセスできるフォルダー(新しい Vista アカウントのドキュメントフォルダーなど)を選択します。

Firefox に関する注意(米国のユーザー向け):Firefox が初期設定の Web ブラウザーである状態で Photoshop.com アカウントをアップグレードしたい場合は、アップグレードを始める前に、開いている他のブラウザーをすべて閉じてください

Windows Media Player:一部の Photoshop Elements 機能(スライドショーやオーディオ/ビデオファイルの再生)が、最新バージョンの Windows Media Player で所定の動作をしないことがあります。

WinDVD for Vaio に関する注意:Vista Home Premium SP1 と WinDVD がインストールされている Sony VAIO コンピューターで、新しいカタログを作成しようとすると、Elements Organizer がクラッシュすることがあります。回避するには、カタログ作成時に「このカタログに無料の音楽を取り込む」オプションをオフにします。

Photoshop Elements Editor の注意事項

初期化と環境設定ファイル:Photoshop Elements Editor の起動で問題が発生している場合は、Photoshop Elements 環境設定ファイルを作り直してください。スタートアップスクリーンで「編集」をクリックした直後に Shift キーと Ctrl キーと Alt キーを押し続けます。Photoshop Elements から設定の作り直しを求められたら、「はい」をクリックします。

共有ファイル:Photoshop Elements によってインストールされる TWAIN サポートファイルや MSVCRT*.* ファイル(Microsoft ランタイムファイル)などの多くのファイルは、他のプログラムと共有されています。これらのファイルを使用する他のプログラムをインストールまたはアンインストールすると、Photoshop Elements が使用するファイルバージョンが上書きまたは削除されることがあります。共有ファイルに依存する機能に問題が発生している場合は、Photoshop Elements をインストールし直してください。

効果:効果パレットの一部の効果は、真っ白または真っ黒な写真、シェイプ、テキストに適用されたとき、目に見える効果がありません。

写真レイヤーに対するフィルターと一部の効果: アートワークパネルや効果パレットに用意されているフィルターと一部の効果(くぼみ、吹雪、古い紙、古い写真、鉛筆スケッチ)は、写真レイヤーでは機能しません。写真にフィルターを適用してからフレームに配置するか、写真レイヤーに対してレイヤー/レイヤーをラスタライズコマンドを使用してラスタライズしてからフィルターを適用するかしてください。

Group Shot:Group Shot を始めたときにプロジェクトエリアで末尾にリストされている写真が、最終的な合成で最も下のレイヤーに保持されます。ベストの写真を末尾(最も右)に移動してから Group Shot を始めることは、結果を調整するためのひとつのツールになります。上位の写真に消しゴムツールを使用すると、下位レイヤーが現れます。

Photomerge Panorama:パノラマ写真を作ろうとしてメモリー不足エラーになる場合は、各写真のサイズを小さくしてからやり直してください。パノラマ写真を保存しようとしてメモリー不足エラーになる場合は、ファイルを統合すること(レイヤー/画像を統合コマンドを使用)またはパノラマ写真をサイズの小さい JPEG 形式で保存することを試してください。

フリップブックおよび電子メール用に保存されたファイル:作成/その他のオプション/フリップブックまたは共有/電子メールにファイルを添付を使用する前に、Elements Editor でまだ保存していない変更内容を保存してください。

プロジェクトエリアをアルバムとして保存:Photoshop Elements Organizer で保存できないグラフィック形式の中には、Photoshop Elements Editor で開けるものがあります。このような場合、Elements Organizer ではサムネールが空白で表示され、使用はできません。この問題を回避するには、すべてのファイルを Elements Organizer でサポートされている形式で保存します(特に、.eps、.wmf、一部の TIFF 形式を避けます)。

プリントされた作品

サイズの非常に大きいファイル:作品ページ(.pse ドキュメント)は高品質、高解像度のファイルで、コンピューターの記憶容量を RAM の点でも(ファイルを読み込んで作業できるようにするため)ハードディスク容量の点でも(保存および仮想記憶用として)大量に使用します。.pse ドキュメントの作業中にプログラムのパフォーマンス低下に気づいた場合は、ページ数の少なめな .pse ドキュメントを複数作成して、一度にメモリーに読み込まれるページを減らしてください。また、.pse ページのサイズはきわめて大きいことがあるので、読み込み、保存、プリントなどの処理に、ファイルを個別にプリントする場合と比べて著しく時間がかかることがあります。例えば、.pse ドキュメントを保存するとき、この新しいドキュメントが Elements Organizer に表示されるまで 1 分ほどかかることがあります。

PDF としての保存:複数ページの作品(.pse)を PDF として保存しているときに、「カラーを変換しています」進捗バーが数分表示されることは珍しくありません。

プリント

Photoshop Elements(Editor)の用紙設定ダイアログの用紙サイズは、プリンターのドライバーで選択されている用紙サイズと同期されていません。Photoshop Elements のプリントプレビューで正しくない用紙サイズが表示された場合は、プリントダイアログボックスの「用紙設定」をクリックし、正しい用紙サイズを選択してください。

スマートブラシ

スマートブラシツールのピンがツールバーと重なって、ピンにアクセスできなくなっている場合は、別のピクセルベースレイヤーを選択してピンにアクセスしてピンを動かすことで、元のレイヤーでピンとツールバーのどちらへのアクセスも確保してください。

ガイド付き編集

  • ガイド付き編集モードの一部の操作では、画像を 8 bit RGB 形式で編集することが求められます。画像を 8 bit RGB 形式に変換してからガイド付き編集を使用してください。また、画像のアクティブなレイヤーがロックされていないことを確認してください。
  • ガイド付き編集モードでは、望む効果をレイヤー/画像に持たせるたに、対象が適切なピクセルレイヤーであることを確認してください。調整レイヤーや空の透明レイヤーを対象にすると、エラーになることがあります。ガイド付き編集モードの一部の操作では、画像に背景レイヤーの存在が求められます。
  • ガイド付き編集モードでは、アクションプレイヤーによる特定のアクションの結果が画面に正確に反映されないことあります。これにより、画像が中央に配置されなかったり表示されなかったりすることがあります。回避するには、アクションの実行後にズームツールで「画面サイズ」オプションを使用して位置を直します。

パスワード保護(日本語版のみ)

パスワード保護されている PDF は Elements Editor でサポートされていません。PDF ファイルを Elements Editor で開く前に、パスワードオプションが無効になっていることを確認してください。

Photoshop Elements Organizer の注意事項

Windows と Mac OS が同等に:Photoshop Elements 10 では、Elements Organizer を Mac OS でも Windows でも利用できます。Elements Organizer の機能セットは両プラットホーム版でほとんど同じですが、このバージョンでは Mac OS ではまだ利用できない機能がいくつかあります。例えば、スライドショー作成ツール、チェックフォルダー、CD/DVD への書き込みやバックアップ、フォトメールによる配信などの機能が該当します。また、ワークフローやショートカットが異なっていることもあり、その一部は OS 固有の仕様によるものです。

最大化モードと Windows タスクバー:Windows のタスクバーを画面の上部に表示している場合、Photoshop Elements Organizer はタスクバーの下に表示されます。この問題を解決するには、タスクバーを一時的に閉じ、Elements Organizer ウィンドウの上部をダブルクリックして全画面モードを終了します。Elements Organizer ウィンドウ右下隅のハンドルを使用して、Elements Organizer のサイズを変更してタスクバーの下のスペースに収まるようにします。タスクバーを復元し、その上でこの非最大化モードで Photoshop Elements Organizer を使用します。

ネットワークカタログ:Elements Organizer を Mac OS マシンで使用する場合、ネットワーク上の場所に保存されているカタログを使用できません。カタログは、ローカルドライブ、外部ハードディスク、USB ドライブに置かれていることが必要です。

Elements Organizer のサムネール:

  • Photoshop Elements 10 ではないアプリケーションで回転されている画像については、それをプリントするまたは作品で使用する前にサムネールを更新して、画像が正しく回転されて表示されるようにしてください。サムネールを更新するには、画像を選択し、編集メニューで「サムネールを更新」または「選択アイテムのサムネールを更新」を選択します。
  • 一部の TIFF と一般的ではないカラープロファイルを使用するファイルは、Elements Organizer で真っ黒なサムネールや汎用サムネールで表示されることがあります。この問題を解決するには、ファイルを選択し、「新規ファイルとして書き出し」を選択します。これにより、ファイルは Elements Organizer によるサムネールの表示に必要なサポートファイルタグ一式を使用して保存されます。
  • サイズの非常に大きいファイルは、汎用サムネールで表示されます。例えば、Photomerge Panorama が作成するパノラマには複数のレイヤーが含まれ、保存時にサイズの非常に大きなファイルが生成されます。サムネールが Elements Organizer で表示されるようにするには、ラスタライズされた JPEG 画像としてパノラマファイルを保存することを検討してください。
  • Elements Organizer でサポートされていないファイルは、壊れたサムネールアイコンのように表示されます。このようなファイルは、Photoshop Elements Editor を使用して、サポートされていないファイル形式のファイルを含むアルバムを保存することで、または Premiere Elements を使用して、Elements Organizer でサポートされていないファイルを読み込むかすることで、読み込めるようになります。

バージョンセットとプロジェクト:スライドショーまたはオンラインアルバムプロジェクトでバージョンセットの「最上位」画像を使用した後で、その画像をバージョンセットから削除すると、そのスライドショーまたはオンラインアルバムを次回使用するときにはバージョンセットでその前にあった画像が使用されます。

日付表示と共有:共有を開始してから(例えば電子メールメッセージを作成し始めてから)日付表示に切り替えた場合、共有パネルに戻るにはフォトブラウザーボタンをクリックする必要があります。

日付範囲、タグ、アルバムの設定:写真を特定の期間に限定している状態で(「期間を設定」コマンドなどで)、アルバムまたはスマートアルバム検索後に「すべて表示」ボタンをクリックすると、日付の制限が解除されます。一方、タグ検索後に同じことしても、日付範囲は解除されません。タグ検索後に日付の範囲をリセットするには、「期間を削除」コマンドを使用します。

システムフォントを使用(Windows のみ):Elements Organizer の環境設定の「システムフォントを使用」オプションを使用すると、Photoshop Elements の一部の各国語バージョンで、ユーザーインターフェイス要素が途中で途切れることがあります(配信パネルでボタンのテキストが一部見えなくなるなど)。

Elements の自動解析と raw ファイル:raw ファイルを含むカタログに対して Elements の自動解析がクラッシュする場合は、Adobe Camera Raw プラグインを最新バージョンに更新してください。

スライドショーの注意事項(現行では Windows でのみ使用可):

  • パフォーマンス:サイズの大きなファイルに対してスライドショーエディターの動作が遅くなり、それが処理能力の低いコンピューターで目立つことがあります。パフォーマンスをできるだけ上げるため、小さめのファイルを使用してください。スライドショーを始める前に、Elements Organizer でファイル/新規ファイルとして書き出しコマンドを使用して、ファイルを小さめにします(1024 x 768 を推奨)。そうすることで、Camera Raw ファイルなどの大きなファイルを含むスライドショーの動作が速くなります。また、低画質のプレビューを使用するという方法もあります。
  • 環境設定:ひとたび作成されたスライドショーは、スライドショーエディターの編集/スライドショーの環境設定ダイアログボックスの影響を受けません。例えば、スライドショーの作成後に環境設定ダイアログで「すべてのスライドにパン・ズームを適用」を設定しても、作成済みのスライドショーにパンとズームは適用されません。スライドショーを編集するときに、スライドを選択し、編集/選択したスライドにパン・ズームを選択コマンドを使用できます。
  • オーディオ:メタデータ(iTunes が追加することのあるアートなど、ファイルに埋め込まれるアルバムアート)が追加されているオーディオファイルが、書き出されたスライドショーで再生されないことがあります。最終的なスライドショーで音楽が聴けるようにするため、アルバムアートのないバージョンのサウンドファイルを作成してください。
  • スライドショーエディターからの写真の編集:編集した写真を .pse 形式で保存すると、スライドショーエディターで「?」アイコンで表示されます。写真を .jpg 形式で保存してください。
  • 3GPP ファイル:適切なコーデックがインストールされていた場合でも、このファイルはスライドショーでは使用できません。

フォトメール(Windows のみの機能):4 バイトテキストが「?」としてフォトメールのレイアウト画面に表示されます。電子メールの作成後に、電子メールプログラムでテキストを変更できます。

添付ファイル:ファイル名に Unicode 文字を含むファイルは、Photoshop Elements から送信される電子メールには添付されません。Unicode 文字を含まないファイル名に変更してください。Mac Mail では、追加された画像は初期設定でテキストに対してインラインで追加されます。Mac Mail で画像を必ず添付ファイルとして追加するには、次の手順に従います。

  1. Mac OS でターミナルを開きます(アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル)。
  2. 次のコマンドを実行します:
  3. 初期設定の動作に戻すには、次のコマンドを実行します:defaults write com.apple.mail DisableInlineAttachmentViewing -bool false

アドレスの読み込み:Windows システムにおいて、Photo Mail 機能を使用して、または電子メールの添付ファイルとして、写真を共有する場合に、Microsoft Exchange Server からの電子メールアドレスの読み込みはサポートされていません。連絡先はローカルの PST ファイルから読み込むこと、または個別に追加することができます。

カラー設定:カラーマネジメント設定のオン/オフを変更した場合は、フォトブラウザーで既存の写真のサムネールを再作成する必要があります。サムネールを作り直すには、フォトブラウザーで画像を選択し、編集/サムネールを更新を選択します。

ネットワークサポート:ネットワークドライブにドライブ文字が割り当てられている場合、または有効な共有名が使用されている場合は、ネットワークドライブの写真にアクセスできます。ただし、Photoshop Elements で作業ファイルをネットワークドライブに保存することはできません。

すべてのメディアタイプを非表示にする:表示/メディアの種類メニューで、すべてのアイテムを選択解除することはできません。これにより、このコマンドの誤用があってもブラウザーから全ファイルが失われることがなくなります。

用紙サイズと Elements Organizer からのプリント(Windows のみ):プリントプレビューウィンドウに表示される用紙サイズは、プリント中のドキュメントのサイズではなく、プリンタードライバーに読み込まれた用紙サイズに基づいています。Photoshop Elements での初期設定の用紙サイズを変更するには、ファイル/ページ設定メニューをクリックし、「プリンター」ボタン、「プロパティ」ボタンの順にクリックし、別の用紙サイズを選択します。

キヤノンのバブルジェットプリンター対応のかんたんプリント設定(Windows のみ):用紙サイズ、用紙の種類、ふちなし印刷を Photoshop Elements から直接コントロールできるようになりました。写真メディアにふちなしの 4" x 6" 写真をプリントしたい場合にプリンターのプロパティダイアログボックスを開く必要はありません。プリンターのソフトウェアの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。

エプソンかんたんプリント(Windows のみ):最新のサポートを受けられるように、プリンターソフトウェアの最新バージョンがインストールされていることを確認してください。詳しくは、エプソンのかんたんプリントの Web サイト http://www.epson.jp/kantanprint/ にアクセスしてください。

共有用テンプレート:デスクトップの Photoshop Elements Organizer アルバムをオンラインで共有する際に使用されるテンプレートには、テンプレートのカラー設定の変更などのカスタマイズオプションが用意されています。ただし、一部のカスタマイズがオンラインアカウントで利用できないことがあります。

システムにサウンドドライバーがインストールされてない状態で、サウンドファイルを再生するテンプレートを使用してアルバムを作成または表示しようとしている場合、アルバムに含まれる一部の画像がアルバムのプレビューで表示されないことがあります。この問題は、適切なサウンドドライバーをインストールすることで回避できます。

Photoshop Elements 10 と Premiere Elements 10 をどちらもインストールする場合は、両方を同じ言語でインストールすることをお勧めします。異なる言語でインストールすると、Elements Organizer でスマートタグなどのカタログデータの一部がそれぞれの言語で 1 度ずつ 2 度表示されることがあります。

日本語 IME ツールとオンラインサービス:日本語 IME ツールでひらがななどの入力方式を使用すると、「Facebook に配信」や「Flickr に配信」などのオンラインサービスの使用によって Elements Organizer がクラッシュすることがあります。IME ツールの使用を避けるか、上記などのオンラインサービスの使用後に Elements Organizer を一旦終了して再起動してください。

一般的なトラブルシューティング

  • 問題:Photoshop Elements 10 のインストールがしばらくするとロールバックされる。
  • 回答:使用コンピューター上で実行されている可能性のある MacAfee VirusScan のようなアクセス保護ソフトウェアを一時的に停止して、やり直してください。
  • 問題:Photoshop Elements で動画ファイルを読み込もうとしたが、ファイルのサムネールが表示されない。
  • 回答:適切なビデオコーデックが使用コンピューターにインストールされていることを確認してください。
  • 問題:電子メールの連絡先を開くとき、または電子メールメッセージを送信しようとするとき、正しい画面が表示されるまで時間がかかることがある。
  • 回答:Photoshop Elements の連絡先データベースに連絡先が数百件保存されていると、電子メール関連の機能の動作が遅くなることがあります。連絡先データベースの規模を小さく保ち、写真を電子的に共有するつもりのない連絡先を保存しないようにしてください。
  • 問題:フォトブックからページを削除できない。
  • 回答:フォトブックプロジェクトは、お住まいの地域のオンラインプリント業者に対応するよう設計されています。フォトブックでサポートされているページ数の上限と下限には制限があります。そうした制限は、サービスの提供業者によって異なります。お客様の場合は、フォトブックに必要とされるページ数の下限に達していることが考えられます。
  • 問題:写真または選択したアイテムをメインウィンドウからプロジェクトエリアのドキュメントサムネールにドラッグしたがコピーできない。何も起こらない。
  • 解答:プロジェクトエリアでは、開かれているドキュメントからのドラッグアンドドロップは、ファイルが先に開かれていないとできません。プロジェクトエリアでサムネールをダブルクリックして開き、コピーしたい選択を含むファイルのサムネールをダブルクリックしてから、プロジェクトエリアの目的のサムネールにドラッグしてください。
  • 問題:Elements Editor から写真を電子メールで送信しようとすると、「ファイル名が長すぎるか、無効です。選択したアイテムから問題のあった写真を削除します」というメッセージが表示される。
  • 回答:このエラーは、編集されたが保存されていない写真を電子メールで送信しようとすると表示されることがあります。Elements Editor に戻って画像を保存してから、電子メールを作り直してください。
  • 問題:シンプルな PDF スライドショーを添付した電子メールメッセージを作成しようとしたが、Photoshop Elements ではできないようだ。
  • 回答:PDF ファイルのファイル名に Unicode 文字が含まれていると、Photoshop Elements では Outlook または Outlook Express 電子メールメッセージを作成できません。Unicode 文字を含まないファイル名に変更してみてください。
  • 問題:Elements Editor で「複数ファイルをバッチ処理」オプションを使用して、自動レベル補正、自動カラー補正、自動コントラスト、シャープツールの調整をバッチ処理しようとすると、ビットマップカラーモードのファイルに対してエラーログが出力される。
  • 回答:「複数ファイルをバッチ処理」はカラーモードが既に RGB になっている画像に最適です。
  • 問題:「Web 用に保存」コマンドを使用しても、生成されたファイルがフォトブラウザーに表示されない。
  • 回答:Elements Editor の「Web 用に保存」コマンドで保存されたファイルは、Elements Organizer で自動検出されません。「Web 用に保存」ファイルをチェックフォルダーに保存して、Elements Organizer によって検出されるようにしてください。
  • 問題:Windows システムでバックアップや VCD または DVD への書き出しをしても、バックアップと検証が 1 秒ほどで終るように見える。
  • 回答:使用している CD または DVD ドライブのメーカーに問い合わせて、使用モデルの最新ファームウェアに更新してから、やり直してください。
  • 問題:アルバムを作って配信しようとしたが、アルバムプレビューで 1 枚だけ表示されない画像がある。
  • 回答:その画像ファイルの名前に特殊文字「%」(パーセント)が含まれていることが考えられます。特殊文字を含まないファイル名に変更してプレビューを生成してください。
  • 問題:インターネットに接続されているのに、Elements Editor でオンラインサービスが表示されない。
  • 回答:Elements Organizer を起動してから Elements Editor をあらためて起動して、お住まいの地域で利用できるオンラインサービスが表示されるかどうかを確認してください。

フォトブラウザーのトラブルシューティング

  • 問題:Elements Organizer でのスクロールが遅かったりぎこちなかったりして、サムネールエリアの下部で砂時計アイコンが回っている。
  • 回答:以前のバージョンの Photoshop Elements または Photoshop Album からカタログをアップグレードした場合は、サムネールを作り直すとスクロール速度が改善されます。カタログの画像をすべて選択し、編集/選択アイテムのサムネールを更新コマンドを選択します。
  • 問題:前に作ったカレンダーやグリーティングカードはどこにあるのか?アップグレード後に Elements Organizer で見つからない。
  • 回答:Photoshop Elements 10 はグリーティングカードやカレンダーをサポートしていますが、以前の作品を維持する唯一の方法は、それらを以前のバージョンの Photoshop Elements で PDF に変換したうえで Photoshop Elements 10 に取り込むことです。
  • 問題:Windows エクスプローラーから写真をまとめて Elements Organizer ウィンドウにドラッグすると、エクスプローラーウィンドウを最小化できなくなる。
  • 回答:エクスプローラーウィンドウは読み込み処理中に最小化できません。読み込みが終わるまでお待ちください。
  • 問題:以前のギャラリーはどこにあるのか?アップグレード後に Elements Organizer で見つからない。
  • 回答:ギャラリーは Photoshop Elements 10 ではサポートされていません。Photoshop Elements 10 でカタログを変換すると、ギャラリーはアルバムに変換され、「変換済みのギャラリー」アルバムグループにリストされます。
  • 問題:Photoshop Elements の中国語版を使っている。4 バイト文字をキャプションやテキストボックスに入力しようとすると、文字が正しく表示されない。
  • 回答:使用システムに Microsoft Simsun 18030/ GB18030 パッケージなどの 4 バイト互換フォントがインストールされていることを確認してください。

スライドショーとフリップブックのトラブルシューティング

  • 問題:編集中にスライドショーをプレビューすると、動作がぎこちなく、遅い。どうしたらプレビュー動作を改善できるか?
  • 回答:スライドショーでは、最終的な再生で最高画質で表示されるように、写真はフル解像度で表示されます。ですが、高解像度画像を使用すると、特にサイズの大きな画像を使用するスライドショーで、または処理能力の低いコンピューターで、プレビュー動作が遅くなることがあります。プレビュー速度を向上させるには、写真を小さめのサイズで書き出してからスライドショーで使用してください。
  • 問題:.wmv ファイルを保存または再生すると(例えばスライドショーやフリップブックの作成中に)、使用コンピューターまたは Elements Organizer がフリーズする。
  • 回答:使用ビデオカードが Nvidia GeForce 6600 であれば、最新のファームウェアにアップグレードすること、またはハードウェアによる高速化をオフにすることをお試しください。
  • 問題:AC3 ファイルなどのオーディオをスライドショーに追加しようとすると、追加できない旨のメッセージが表示される。
  • 回答:このメッセージは、対応コーデックがシステムにインストールされていないオーディオがあると表示されます。AC3 ファイルを再生できるコーデックを Windows Media Player にインストールすると、AC3 ファイルをスライドショーに追加できるようになります。
  • 問題:完成したスライドショーを再生しても BGM が聞こえない。
  • 回答:音楽管理ソフトウェアによって追加データ(iTunes によって追加されるアルバムアートなど)が添付された音楽ファイルは再生されないことがあります。このようなファイルを使用するには、該当するオーディオファイルのコピーを作成し、アルバムアートデータを削除してから、スライドショーで使用してください。
  • 問題:一部のスライドショーが、ファイルやディスクへの書き出し前のプレビューで、パンやズームの動きが一定していなかったり、トランジションがぎこちなかったりする。
  • 回答:時間が短くサイズが非常に大きいファイルは、レビューモードでの再生が適切に表示されないことがありますが、動画の書き出しと再生に支障ありません。 
  • 問題(Premiere Elements バンドルのみ):Premiere Elements で「オリジナルを編集」コマンドを使用して、配置された Photoshop Elements スライドショーを編集しようとしても、何も起こらないように見える。
  • 回答:タスクバーで Photoshop Elements プログラムをクリックして、Photoshop Elements を前面に移動する必要があることが考えられます。
  • 問題:きわめて短い(3 秒未満)または速いフリップブックファイルが、Elements Organizer での再生中にコマ落ちに見える、またはまったく再生されないように見える。
  • 回答:ビデオファイルは、書き出して Windows Media Player で再生したほうがきれいに見えます。

プリントのトラブルシューティング

  • 問題:ピクチャーパッケージをプリントすると、写真がプリント領域全体を埋めることがない、または、ピクチャーパッケージのプリントゾーン内に無駄な空白ができる。
  • 回答:「プリントサイズに合わせて切り抜く」オプションを使用して、それぞれの写真がプリント領域全体を埋めるようにします。このオプションを使用すると、写真はピクチャーパッケージのプリントゾーン全体に収まるように拡大・縮小されますが、プリントゾーンに収まらない部分はプリントされません。
  • 問題:時々、プリントプレビュー画面で、画像の合間に隙間が見られないか、または隙間が見られてもそのとおりにはプリントされない。また、プリントプレビューに黒い縦線が入ることもあるが、プリントには反映されない。
  • 回答:これは既知の問題で、高解像度のディスプレイで最小限に抑えられますが、特定のレイアウトでは常に見られる可能性があります。黒い線はプリントされません。
  • 問題:キャプション、日付、ファイル名の情報を写真と一緒にプリントすることを選択しても、そうした情報が途切れる。
  • 回答:各写真のテキストは、画像の幅を超えていると端が切り詰められます。また、プレビューとプリントされたページとでテキストが微妙に異なることがあります。プリンター設定でふちなし印刷がオンになっていないことを確認してください。ふちなし印刷では、プリント領域全体を拡大するので、キャプションの配置(選択されている場合)とプリント出力とに齟齬が生じます。
  • 問題:レイアウト内で画像を回転させてもキャプション、日付、ファイル名の情報が自動で回転されない。
  • 回答:写真と一緒にプリントされるメタデータは、関連付けられている写真の向きとは関係なく、必ずページの決まった位置に表示されます。
  • 問題:使用しているエプソンのプリンターはかんたんプリントモジュールをサポートしているが、ふちなし印刷、用紙の種類、用紙サイズ、用紙の向きが Elements Organizer のプリントダイアログボックスに直接表示されない。または、組み込みのかんたんプリントモジュールの(前述の)プリンター制御機能のどれかを使おうとすると、インクカラーの設定が「カラー」にリセットされる。
  • 回答:最新のサポートが受けられるように、使用プリンターのソフトウェアの最新バージョンをインストールしてください。エプソンのかんたんプリントについては、http://www.epson.jp/kantanprint/を参照してください。
  • 問題:使っているプリンタードライバーには、赤目とコントラストの自動調整機能やデジタルフラッシュの画質向上機能があるが、Photoshop Elements でプリントするとそれが効いていないように見える。
  • 回答:プリンタードライバーによる調整は、プリント出力で画像を異なるサイズに拡大・縮小する必要がある場合にはサポートされません。該当する変更は Photoshop Elements Editor を使用して施してください。
  • 問題:ページの端まで拡大された写真にトンボが出力されない。
  • 回答:トンボは、画像がプリント可能領域より小さい場合にのみ出力されます。
  • 問題:フォトダウンローダーで CanoScan 8400F を選択すると、「デバイスに接続しています...お待ちください」というメッセージが表示されるが、何も起こらない。
  • 問題:タスクバーで ScanGear アイコンをクリックして、前面に移動してください。スキャナーへのアクセスにはフォトダウンローダーは使用せず、Photoshop Elements Organizer のファイル/取り込み/スキャナーからコマンドを使用してください。

サポートについて

製品のインストール情報、操作方法、トラブルシューティングに関する情報を提供しておりますので、お問い合わせの前に、「サポートホーム」(http://www.adobe.com/go/support_jp)をご活用ください。

サポートプランのオプションとテクニカルリソース

お問い合わせいただく前に、「製品のユーザー登録」をお済ませください(「アドビ製品の登録」http://www.adobe.com/go/support_jp/ を参照してください)。日本以外の地域のお客様は http://www.adobe.com/go/intlsupport_jp/ にアクセスし、「Select a region」のドロップダウンメニューで国または地域を選択して「Select」をクリックしてください。また、ページ左下隅に表示される国名の横の「(変更)」をクリックし、別の国または地域を選択することもできます。

アドビでは、サポート情報フォーラム問題解決策ページなど、トラブルシューティングに関する無償の情報源を用意しています。できるだけ早く問題を解決できるよう、柔軟な選択を提供することを目指して、今後も引き続きオンラインで追加のツールや情報を提供していきます。

その他のリソース

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー