問題点 (Issue)

Adobe Photoshop が強制終了した後に再起動できません。

理由 (Reason)

Photoshop には、ファイルを自動保存する機能が追加されています。この機能により、強制終了時に開いていたファイルが再起動時に自動的に開かれます。自動保存されたファイルが破損している場合、Photoshop は再度強制終了します。

解決方法 (Solution)

この問題を解決するには、自動保存されたファイルを削除するかまたは別の場所に移動してから、Photoshop を起動します。

以下のフォルダー内に保存されているファイルをすべて削除するか、またはデスクトップなどの別の場所に移動してください。

  • Windows
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC\AutoRecover
  • Mac OS
    Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop <バージョン>/AutoRecover

注意:

注意 : 上記のパスには、オペレーティングシステムの初期設定で非表示のフォルダーが含まれています。詳細については、以下の文書を参照してください。

追加j情報 (Additional Information)

自動保存の設定は、Photoshop の環境設定から変更することができます。編集(Windows)/Photoshop(Mac OS)メニューから環境設定/ファイル管理を選択し、「復元情報を次の間隔で自動保存」のチェックをはずすと機能が無効になります。また、保存の間隔を変更することもできます。(初期設定では 10 分に指定されています。)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー