この文書では、Adobe Premiere Elements で作成した動画を DVD や Blu-ray ディスクに書き出す方法について説明します。

Premiere Elements では、メニューの作成から ディスク に書き出すまでを、数回のクリック操作で行うことができます。

豊富に揃ったメニューテンプレートを使用すれば、本格的なディスクメニューを作成することができます。ディスクメニューのテキスト、ボタン名、サムネールは必要に応じて自由にカスタマイズすることができ、オリジナルのメニューを作成できます。

A. ディスクの作成

  1. Premiere Elements で既存のプロジェクトを開きます。

  2. コンピューターにディスクをセットします。

  3. ウィンドウ右上から「書き出し・配信」をクリックして、「ディスク」を選択します。

    5146_01
  4. 保存するディスクを選択し、書き込み設定を行います。

    • 書き込み先
      ディスクのオプションを選択します。 
    • ディスク名
      ディスクの名前を入力します。書き込みが終わった後、そのディスクをコンピューターにセットすると、この名前が表示されます。
    • レコーダーの場所
      レコーダーを選択します。
    • コピー数
      書き込むディスクの枚数を入力します。
    • プリセット
      想定するユーザーの居住地域のテレビ方式に適したオプションを選択します。
    • 画質
      DVD に書き込む場合は、「空き容量にコンテンツを合わせる」チェックボックスをオフにして、スライダーをドラッグして希望のビデオ画質を選択することができます。
    5146_02
  5. 「書き込み」ボタンをクリックして、プロジェクトをディスクに書き込みます。

B. ディスクの種類とメニューオプション

書き出すムービーの内容に合わせて、ディスク の種類を選択することができます。メニューなしのオートプレイディスク、あるいはメニュー付きのディスクを作成できます。

オートプレイディスクを作成するには、ムービーを作成してディスク形式で書き出し、ディスクに書き込みます。メニューベースのディスクを作成する場合は、メニューテンプレートを使用して、メニューをムービーに追加します。

  • オートプレイディスク

    最初から最後まで通して見ることを想定した短いムービーに適しており、メニューがなくプレーヤーにディスクを挿入すると自動的に再生されます。ナビゲーションもありませんが、メニューマーカーやシーンマーカーを設定しておくことで、チャプターやジャンプ先を指定します。オートプレイディスクではメインメニューマーカーとシーンマーカーが区別されないため、どちらのマーカーもチャプターポイントとして使用することができます。

     注意 :オートプレイディスクでは、ストップマーカーは無視されます。
  • シーンメニューのあるメニュー付きディスク

    最初から最後まで通して見ることを想定した長いムービーに適しています。メインメニューでは、ムービーを再生するかシーンメニューへ移動するかを選択し、 シーンメニューからムービーの各シーンを選択して再生することができます。
  • ービー選択のあるメニュー付きディスク

    複数の個々のムービーを 1 つのムービーにまとめたくない場合に最適です。例えば、結婚式のディスクの場合、準備、式、披露宴を別々のムービーにすることができ、それぞれのムービー用のボタンをメインメニューに表示できます。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー