Adobe Premiere Pro 2.0 日本語版の必要システム構成は、以下のとおりです。以下の環境以外でのご使用は動作保障対象外となります。

動作保証対象外の環境における製品のご使用はお勧めしておりませんので、お使いになる場合はお客様の責任においてご使用ください。

Windows 版

注意:

2016 年 4 月、Apple 社は QuickTime for Windowsのサポート終了を告知し、アンインストールが推奨されています。詳細については、以下の情報を参照してください。

QuickTime Windows版のサポート終了について

https://blogs.adobe.com/creativestation/video-apple-ends-support-for-quicktime-windows

Windows 版 QuickTime について

https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/cq04220418.html

(Premiere Pro 2.0 日本語版は、Windows 版のみの製品です)

CPU ・Intel Pentium 4 1.4GHz以上、または SSE2 対応の AMD プロセッサを搭載したコンピュータ

※ HDV 用には Intel Pentium 4 3.4 GHz 以上のプロセッサ、HD 用には Intel Xeon 2.8 GHz 以上のデュアルプロセッサ
OS ・Windows XP (Service Pack 2) 日本語版
メモリ ・512MB 以上 (HD/HDV 用には 2GB 以上を推奨)
ハードディスク ・インストール用に 4GB 以上の空き容量

※ DV/HDV 用には 7,200 RPM 以上のハードディスク、HD 用には RAID 0 でストライピングされたディスクアレイ
その他 ・ASIO、もしくは Microsoft DirectX 対応のオーディオインタフェイス (サラウンドサウンド編集には、マルチチャンネル ASIO 対応サウンドカードが必要)

・DVD-ROM ドライブ

・DVD を作成する場合は DVD ライター (DVD±R)

・1280 × 1024 以上の解像度をサポートするディスプレイ

・32 bit 以上のカラー表示が可能なディスプレイ、グラフィックカード

・OHCI IEEE 1394 ビデオインタフェイス (HD 用には AJA Xena HS などの HD 対応ビデオキャプチャーカードが必要)

・QuickTime ファイルの読み込み/書き出しには QuickTime 6.5 が必要

・プロダクトアクティベーション (ライセンス認証) のためのインターネット接続。または電話回線

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー