一時ファイルとは、作業用に一時的に保存されるファイルで、テンポラリファイルとも呼ばれます。通常、これらのファイルはアプリケーションの終了後に削除されますが、アプリケーションが強制終了した場合など、一時ファイルが正しく削除されないことがあり、その結果アプリケーションやシステムのパフォーマンスに影響を及ぼすことがあります。この文書では、Windows システムの一時ファイルを削除する方法について説明しています。

A. ディスククリーンアップ

Windows に標準で付属しているディスククリーンアップ機能を使用して、一時ファイルを削除することができます。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下の操作を行います。

    • Windows 10
      スタートボタンをクリックし、「すべてのアプリ」を選択します。その後、Windows 管理ツール/ディスククリーンアップ を選択します。
    • Windows 8
      Windows ボタンを右クリックし、メニューから「コントロールパネル」を選択します。コントロールパネルが開いたら、「システムとセキュリティ」をクリックし、「管理ツール」セクションにある「ディスク領域の開放」をクリックします。(または、管理ツール/ディスククリーンアップを選択します)
    • Windows 7/Vista/XP
      スタート/すべてのプログラム/アクセサリ/システムツール/ディスククリーンアップ を選択します。
  3. (Windws 10/8 のみ) ディスククリーンアップするドライブをプルダウンリストから選択し、「OK」をクリックします。

  4. ディスククリーンアップが起動します。空き領域の計算に数分かかる場合があります。

  5. ディスククリーンアップダイアログボックスが表示されたら、「一時ファイル」にチェックを入れます。

  6. その他、不要な項目にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

    注意:

    注意 : 不要な項目が判断できない場合は、「一時ファイル」のみを選択してください。

  7.  「これらのファイルを完全に削除しますか?」と表示されたら、「ファイルの削除」ボタンをクリックします。

  8. ファイルの削除が開始されます。完了後、ディスククリーンアップは自動的に終了します。

B. 一時ファイルを手動で削除する方法

システムには、一時ファイルが保存される専用のフォルダーがあります。そのフォルダーを直接参照し、削除することもできます。

  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Windows 10
      タスクバーの検索ボックスに「%temp%」と入力し、検索結果に表示された「%temp%」(ファイル フォルダー)をクリックします。
    • Windows 8
      Windows キー + Q キーを押し、検索ボックスを表示します。検索ボックスに「%temp%」と入力し、検索結果に表示された以下の様な場所にあるフォルダーを選択します。
      例) C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp
    • Windows 7/Vista
      スタートメニューのテキストボックスに「%temp%」と入力し、Enter キーを押します。
    • Windws XP
      スタート/ファイル名を指定して実行 を選択します。ファイル名を指定して実行 ダイアログボックスが表示されたら、「名前」テキストボックスに「%temp%」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. Temp フォルダーが開いたら、Ctrl + A キーを押し、すべてのファイルとフォルダーを選択します。
  4. Delete キーを押します。
  5. 削除の確認メッセージが表示された場合は、「はい」をクリックします。

C. 手順説明の動画(Windows 8)

追加情報 (Additional Information)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー