Adobe Acrobat は、使用するクライアント PC ごとに使用権が必要なクライアント用ソフトウェアです。基本的に Adobe Acrobat をインストールできるのは、1 ライセンスにつき一台のコンピュータに限られます。サーバーにインストールされた Adobe Acrobat を各クライアントから利用する場合、Acrobat 製品のエンドユーザ使用許諾契約により一定の制限があります。

このコンテンツで案内している問題について

※使用許諾に違反する用途が疑われる場合には、アドビ担当者から以下の内容でご案内をさせていただく場合があります。

  • 正規ライセンス購入についてのご案内をさせていただくことがあります。

  • サポートのご提供をお断りさせて頂くことがあります。 

サーバー上での PDF 処理ソリューションについて

アドビでは、サーバー上で PDF ファイルの作成、結合、配布、およびアーカイブを自動処理を行うソリューションとして、Adobe LiveCycle PDF Generator を提供しています。詳しくは以下の Web ページをご確認ください。

Adobe LiveCycle PDF Generator ES2
http://www.adobe.com/jp/products/livecycle/pdfgenerator/
  

Acrobat 1 ライセンスで不特定多数のクライアントが使用するというケースについて

ネットーワーク内にあるコンピューター(サーバー含)上にAcrobatが1ライセンスインストールされた状態で、不特定多数のクライアントがこのAcrobatを利用する※1ことは認められていません。

※1 Acrobat を利用することについて

  例えば、クライアントからのリクエストに応じて、サーバー側で下記のような処理を行うことが

  該当します。



  ・サーバーにインストールされた Acrobat を制御して PDF ファイルの編集を行う

  ・サーバーにインストールされた Acrobat Distiller を制御して、PostScript ファイルの PDF 変換を行う



※サーバー上での自動処理について

  個人のユーザーによってなされるのではない操作(例えば、他のプログラムによる

  自動サーバー処理)をすることは禁じられています。 

アクセス可能な人数分のライセンスを購入し、サーバー上に1つのAcrobatをインストールするケースについて

 サーバーにインストールされた Acrobat をクライアントが使用するためには、全てのクライアントが「内部ネットワーク」内にあり、かつAcrobatにアクセス可能な人数分(実際に使用する、しないを問わない)のAcrobatのライセンスが用意されている必要があります。アクセス可能な人数分のライセンスを購入していても、Acrobatをサーバー上で自動処理させる用途では利用いただけません。ご注意ください。

※「内部ネットワーク」について
  とは、特定の企業またはそれに準ずる事業者の従業員および従業員に準ずる者のみが
  アクセスすることができる、非公開かつ企業独自のネットワークを意味します。
  従って、不特定多数を対象とするインターネットサーバーでAcrobatを利用することはできません。

※サーバー上での自動処理について
  個人のユーザーによってなされるのではない操作(例えば、他のプログラムによる
  自動サーバー処理)をすることは禁じられています。

  この件について、詳しくは「ADOBE ソフトウェア使用許諾契約書」をご参照ください。
  同文書は以下のWebページの Adobe Acrobat の欄にありますPDFファイルへのリンクを
  ご利用になれます。

  アドビ システムズ エンドユーザ使用許諾条件:http://www.adobe.com/products/eulas/#desktop  
 

 
 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー