使用許諾(EULA)・輸出・再配布に関するよくあるご質問にお答えします。

使用許諾(EULA)

輸出

再配布

【使用許諾(EULA)】

Q1. ライセンスとは何ですか?

A1. ライセンスにより、エンドユーザーライセンス契約 (EULA) に規定されている特定の規約と条件に従って、ソフトウェア、コンテンツ、およびサービスを使用することができます。EULA は法的拘束力のある文書です。EULA に同意しないと、ソフトウェア、コンテンツ、またはサービスを合法的に使用することはできません。ソフトウェアの購入に際しては、EULA に従ってソフトウェアを使用する権利を購入 (ライセンスを取得) していただきます。EULA には、お求めのソフトウェアの使用方法が具体的に説明されています。また、ソフトウェアの使用に関する特定の制限も説明されています。EULA の条件に違反することは違法となり、法的措置や処罰の対象になります。各製品の EULA は、製品使用許諾ページにが記載されています。
 
各製品のエンドユーザーライセンス契約 (EULA) を確認したい場合は、
アドビ システムズ エンドユーザ使用許諾条件」をご覧ください。
 

Q2. ソフトウェアを 2 台のコンピュータで使用することはできますか?

A2. アクティベーションプロセスでは、バックアップを含めた 2 台までのコンピュータにソフトウェアをインストールできます。 アドビ製品のエンドユーザ使用許諾契約では、2 台のコンピュータで同時に使用しない限り、メインで使用する 1 台目と、サブマシンとなる 2 台目のコンピュー タへのソフトウェアのインストールを、1 人のエンドユーザに対して許可しています。 アクティベーションプロセスでは 2 台のコンピュータへのインストールとアクティベーションができますが、2 台目のコンピュータでそのソフトウェアを使用で きるのは、ライセンスに基づき 1 台目のコンピュータでそのソフトウェアを使用している正規ユーザに限定されます。 他のユーザに 2 台目のコンピュータでそのソフトウェアを使用させることは、エンドユーザ使用許諾契約に違反します。また、ソフトウェアのインストールするコンピュータがサブマシンとなる 2 台目をその数が超える時、ライセンス認証の転送だけでなく、アンインストールをする必要があります。詳細については、製品使用許諾をご確認下さい。

詳しくは、以下の文書番号をご覧ください。
文書番号 7318 購入したソフトウェアは何台までのコンピュータにインストールできますか
 

Q3. ソフトウェアを別のプラットフォームで使用できないのはなぜですか? 具体的には、1 つの製品を Windows / Mac OS の 2 台で利用することはできますか?

A3. Adobe では、異なるプラットフォーム (Apple Macintosh、Microsoft Windows、Linux など) 向けにソフトウェアを開発し、個別のプラットフォーム向けに作成されたソフトウェアを別々の製品として販売しています。異なるプラットフォームで製品を使用する必要がある場合は、使用するプラットフォームごとに、ソフトウェアのライセンスをお求めいただく必要があります。
 
詳しくは、以下の文書番号をご覧ください。
文書番号 8325 複数の OS を搭載した 1 台の PC での使用ライセンス数について
 

Q4. Adobe ソフトウェアを不正に使用していることを報告するには、どこに連絡すればいいですか?

A4. ソフトウェアに関する著作権侵害に関しましては、不正コピー防止についてを参照のうえ、アドビソフトウェアの不正コピー報告フォームよりご報告ください。すべての報告は機密扱いにされます。

Adobeの違法コピーについての取り組みはこちらをご覧ください。
 

Q5. 1 つの製品から複数の製品へアップグレードすることは可能ですか?

A5. お持ちのライセンス本数分が、購入本数の上限となります。所有製品が 1 つ(1 ライセンス)の場合、アップグレードは 1 本の製品までとなります。
※アップグレードの際は、アップグレード可能な対象製品かどうかもご確認ください。
   
詳しくは、以下の URL をご覧ください。
違法コピーへの取り組み:不正コピー予防支援
 

Q6. アップグレード後に旧バージョン製品を使用してもよいですか?

Q7. Acrobat 製品を会社で利用したいのですが、サーバー利用時の必要ライセンス数はいくつ必要ですか?

A7. 内部ネットワークで利用することを前提にアクセス可能な人数分(実際に使用する、しないを問わない)のライセンスが必要です。
 
詳しくは、以下の文書番号をご覧ください。
文書番号 2567 サーバにインストールされた Acrobat を利用する場合の、ライセンス上の問題について
 

Q8. Adobe Reader をサーバー上で使用することは可能ですか。

A8. 詳しくは、以下の文書番号をご覧ください。
文書番号 87204 Adobe Reader のサーバー利用について
 

Q9. アドビフォントを使って作成したものを商用利用しても問題ないですか。

A9. 埋め込み許可リストに記載があり、二次利用ができない形であれば商業利用可能です。
 
詳しくは、以下の URL をご覧ください。

 

Q10. 「Get Adobe Reader」や PDF ファイルアイコンの画像を使用してもよいですか。

A10. 仕様許諾条件に同意していただくことで無料でご利用いただけます。
詳しくは、以下の URL をご覧ください。
文書番号 353 「Get Adobe Reader」や PDF ファイルアイコンの画像を使用してもよいですか
 

【輸出】

Q1. 輸出規制の情報はどこを参照したらよいですか?

A1. 詳しくは、以下より PDF ファイルを右クリックで対象を保存等の操作でダウンロードいただき、内容を確認ください。

ダウンロード

※ PDF ファイルを開く際は、Adobe Acrobat または Acrobat Reader をご利用ください。こちらから最新版の Acrobat Reader をダウンロードできます。

【再配布】

Q1. Adobe Reader、Flash Player、Shockwave Player、Adobe AIR をメディアで配布することは可能ですか?

A1. 詳しくは、以下の URL をご覧ください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー