[基本操作] PDF ファイルにパスワードを設定してみよう (Acrobat 9)

この文書は、Adobe Acrobat 9 の基本的な使用方法を分かりやすく図解した内容となっています。

Acrobat 9 では、PDF ファイルにパスワードを設定することができます。Acrobat で設定できるパスワードには 2 種類あり、1 つは文書を開く際のパスワード、もう 1 つは文書の変更や印刷を制限するパスワードです。

注意:

最新版の Acrobat での操作方法については、以下の文書をご確認ください。

文書を開くパスワードを設定してみよう

Acrobat で PDF ファイルを開きます。

ファイル/プロパティ を選択します。

「セキュリティ」タブをクリックして開き、「セキュリティ方法」プルダウンリストから「パスワードによるセキュリティ」 を選択します。

「文書を開くときにパスワードが必要」チェックボックスにチェックを入れます。

「文書を開くパスワード」テキストボックスに、パスワードを入力します。入力したパスワードは「*」で表示されるため、入力ミスに注意してください。

パスワードの入力ミスを回避するには

メモ帳やテキストエディットなどのテキストエディタに一旦パスワードを入力し、コピー&ペーストすることで正しくパスワードを設定することができます。

「OK」をクリックします。

文書を開くパスワードの確認 ダイアログボックスが表示されたら、Step 5 で入力したパスワードを入力して「OK」をクリックします。

「セキュリティ設定は、文書を保存して閉じるまで適用されません。」と表示されたら、「OK」をクリックします。

「OK」をクリックし、文書のプロパティ ダイアログボックスを閉じます。

ファイル/上書き保存 を選択します。

※ パスワードを設定していないオリジナルファイルをバックアップとして保存する必要がある場合は、「名前を付けて保存」を選択し、オリジナルとは別のファイルとして保存してください。

ファイルを一旦閉じてから開き直します。パスワードの入力画面が表示されることを確認します。

印刷や編集を制限するパスワードを設定してみよう

Acrobat で PDF ファイルを開きます。

ファイル/プロパティ を選択します。

「セキュリティ」タブをクリックして開き、「セキュリティ方法」プルダウンリストから「パスワードによるセキュリティ」 を選択します。

「文書の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要」チェックボックスにチェックを入れます。

「権限パスワードの変更」テキストボックスに、パスワードを入力します。

必要に応じて以下の設定を行い、「OK」をクリックします。

  • 印刷を許可
    「許可しない」、「低解像度(150 dpi)」、「高解像度」の 3 つから選択することができます。
  • 変更を許可
    「許可しない」、「ページの挿入、削除、回転」、「フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名」、「注釈の作成、フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名」、「ページの抽出を除くすべての操作」の 5 つから選択することができます。
  • テキスト、画像、およびその他の内容のコピーを有効にする
    通常、PDF ファイル上のテキストや画像は、コピーして他のアプリケーションにペーストすることが可能です。このような操作を制限する必要がある場合は、この項目にチェックを入れます。
  • スクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効にする
    視覚障害者向けの画面読み上げソフトウェアによるアクセスを制限する場合はこのチェックをはずします。アクセシビリティの観点から、特別な理由が無い場合をのぞいて、このチェックは入れたままにしておくことを推奨します。

「権限パスワードで設定した制限は、すべての Adobe 製品に適用されます。」というメッセージが表示されたら 「OK」をクリックします。

権限パスワードの確認 ダイアログボックスが表示されたら、Step 5 で入力したパスワードを入力して「OK」をクリックします。

「セキュリティ設定は、文書を保存して閉じるまで適用されません。」と表示されたら、「OK」をクリックします。

ファイル/上書き保存 を選択します。

※ パスワードを設定していないオリジナルファイルをバックアップとして保存する必要がある場合は、「名前を付けて保存」を選択し、オリジナルとは別のファイルとして保存してください。

ファイルを一旦閉じてから開き直します。印刷や編集など、制限を設定した操作が行えないことを確認します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン