この文書では、Adobe Acrobat DC および Adobe Acrobat Reader DC で電子署名を利用する方法について説明します。

※ 登記等の申請をオンラインで行う場合は、以下の文書もご確認ください。

注意:

注意 : 法務省 オンライン申請システムをご利用になる際の操作方法、トラブルについてのお問い合わせは、弊社では対応出来ません。下記の法務省ウェブページをご参照、またはサポートデスクにお問い合わせください。

A. 電子署名とは

デジタル文書に付ける署名を電子署名といいます。紙の文書の場合、印鑑や手書きのサインなどにより、その本人が認めたという証明を行いますが、デジタル文書の場合は文字や記号、マークなどの情報 (電子署名) を追加することにより個人を証明し、文書の正当性を保証します。また、電子署名を付けることにより、署名者がその文書を作成したことを証明するだけでなく、セキュリティも強化できます。電子署名は文書全体を暗号化し、第三者によって内容が不正に改ざんされることを防止します。

電子署名を行うには、デジタル ID を取得、または作成する必要があります。Acrobat および Acrobat Reader では、Self-Sign デジタル ID または サードパーティの認証局から発行された デジタル ID (証明書 ID)を使用することができます。また、電子サインのオプションとして Adobe Sign を利用することもできます。

注意:

多数配布する場合や、厳格な身元保証が求められるような場合は、Acrobat の Self-Sign デジタル ID ではなく、Adobe パートナーからデジタル ID を取得することをお勧めします。大半の商取引では、認証機関と呼ばれる信頼されているサードパーティプロバイダからのデジタル ID を必要とします。認証機関によって第三者に対して自分の身元を証明するので、インターネット上で商取引を行っている多くの企業で信頼されている認証機関を選択してください。詳細については、以下の弊社 Web サイトを参照してください。

注意:

法務省のオンライン申請システムをご利用になる場合は、利用可能な電子証明書(デジタル ID)をあらかじめ取得しておく必要があります。申請内容によって必要となる電子証明書の種類が異なります。詳しくは、以下の内容をご確認ください。

また、以下の留意事項についても合わせてご確認ください。

デジタル ID を使用して PDF に署名し、署名された PDF を開くには、PDF の送信者と受信者はそれぞれ以下のような手順を行う必要があります。

  1. 送信者がデジタル ID を使用して PDF に署名する
  2. 送信者がデジタル ID を書き出して、受信者に送信する
  3. 受信者がデジタル ID を読み込む

B. 電子署名を追加する

電子署名を追加した証明書を発行(作成)する場合や、既存の PDF に電子署名を追加して承認するといった場合は、以下の操作を行います。

注意:

法務省では、オンライン申請システムのために Acrobat 用 PDF 署名プラグインソフトを提供しています(Acrobat Reader では利用できません)。Acrobat でこの「PDF 署名プラグイン」を使用し、PDF ファイルに電子署名を付与することもできます。「PDF 署名プラグイン」のダウンロードおよびインストール、使用方法、お問合せについては以下の法務局のページをご確認ください。

  1. Acrobat または Acrobat Reader で電子署名を追加する PDF ファイルを開きます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • ファイル/その他の形式で保存/証明済み PDF を選択します。(Acrobat のみ)
    cq07131410_01
    • ツール/証明書/電子署名 を選択します。
    cq07131410_10
    • 署名フィールドに署名する場合は、署名フィールドをクリックします。
    cq07131410_09
  3. 以下の画面が表示された場合は、「ドラッグして新規署名ボックスを作成」ボタンをクリックします。

    cq07131410_02
  4. 以下の画面が表示された場合は、文書内に未署名の署名フィールドがあります。以下のいずれかの操作を行います。

    • 既存の署名フィールドに電子署名を追加する場合は、「OK」をクリックします。その後、署名フィールドを右クリックして「可視署名を使用して証明」を選択します。
    • 新たに署名フィールドを作成して電子署名を追加する場合は、「ドラッグして新規署名ボックスを作成」ボタンをクリックします。
  5. 証明済み文書として保存 ダイアログボックスが表示された場合は、「OK」をクリックします。

    cq07131410_03
  6. 署名を追加する箇所をドラッグして選択します。(署名フィールドに電子署名する場合は、この操作は不要です。)

    cq07131410_04
  7. デジタル ID の設定を行っていない場合は、署名に使用するデジタル ID の設定 ダイアログボックスが表示されます。ここでデジタル ID を Acrobat /Acrobat Reader に設定します。

    設定するデジタル ID を以下の 3 種類から選択し、「続行」ボタンをクリックします。

    注意:

     Self-Sign デジタル ID の作成方法については、こちらをご確認ください。

    • 署名作成デバイス
      IC カードなどからデジタル ID を読み込む場合は、こちらを選択します。カードリーダー等を接続して、「続行」ボタンをクリックします。

    注意:

    一部の IC カードタイプの電子証明書は、Acrobat および Acrobat Reader の電子署名機能で使用できない場合がありますので、ご利用の電子証明書のお問合せ先にご確認ください。

    注意:

    IC カードタイプのデジタル ID をうまく読み込めない場合は、以下の操作をお試しください。

    1. カード内のデジタル ID を「利用者クライアントソフト」(地方公共団体情報システム機構)などを使用して、ファイル形式で保存します。
      ※ 利用者クライアントソフトについてのお問い合わせは、弊社では対応出来ません。地方公共団体情報システム機構にお問い合わせください。
    2. 保存したファイルをダブルクリックして、表示されたウィンドウの内容に従って証明書を Windows 証明書ストアにインポートします。
    3. Acrobat / Acrobat Reader で電子署名の追加の操作を行うと、以下の 手順 8. の画面で電子署名の一覧に「<デジタル ID 名>(Windows デジタル ID)」が表示されるようになります。

    • ファイルのデジタル ID を使用
      デジタル ID をファイル(*.p12,*.pfx)で所持している場合、こちらを選択します。「参照」ボタンをクリックしてファイルの保存場所を指定し、(デジタル ID に設定した)パスワードを入力して「続行」ボタンをクリックします。
    • 新しいデジタル ID の作成
      Self-Sign デジタル ID は、個人または中小企業向けのデジタル ID で、企業間の機密取引やオンライン申請等では使用できません。
      Self-Sign デジタル ID の作成方法については、こちらをご確認ください。
  8. デジタル ID で署名 ダイアログボックスが表示されます。設定したデジタル ID の一覧から使用するデジタル ID を選択し、「続行」ボタンをクリックします。

  9. 以下のダイアログボックスが表示されたら、必要に応じて署名の表示方法や文書のロック設定の編集を行い、デジタル ID 作成時に設定した PIN またはパスワードを入力して「署名」ボタンをクリックします。

  10. PDF として保存 ダイアログボックスが表示されます。ファイル名、保存場所を確認して「保存」ボタンをクリックします。

  11. 電子署名が追加されます。

C.  証明書の書き出し

電子署名を検証するには、あらかじめ自分の証明書(公開鍵)を検証してもらう相手に渡し、信頼済み証明書として取り込んでもらう必要があります。証明書が相手の信頼済み証明書のリストに追加されると、以降その証明書を利用して付与された電子署名が有効であるか、相手側が検証できるようになります。

  1. Acrobat または Acrobat Reader を起動します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    a) 編集/環境設定 を選択します。環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「分類」から「署名」を選択し、「ID と信頼済み証明書」セクションの「詳細」ボタンをクリックします。

    cq07131410_16

    b) 電子署名が追加された PDF ファイルを開き、署名を右クリックして「署名のプロパティを表示」を選択します。

    cq07131410_11
  3. 手順 2. で選択した操作に応じて、以下の操作を行います。

    a) 書き出す証明書を選択し、「書き出し」をクリックします。

    b) 「証明者の証明書を表示」ボタンをクリックします。証明書ビューア ダイアログボックスが表示されたら「概要」タブを開き、「書き出し」ボタンをクリックします。

    cq07131410_12
    cq07131410_13
  4. 以下のような画面が表示されたら、書き出しオプションを選択し、「次へ」をクリックします。

    書き出し先に応じて、画面に従い操作を行います。

    cq07131410_14
  5. 「指定したオプションを確認してください」画面が表示された場合は、内容を確認して「完了」をクリックします。

    cq07131410_15
  6. 選択した書き出し先に応じた動作が実行されます。

D. 証明書の読み込み

電子署名を検証するためには、あらかじめ相手の証明書(公開鍵)を取り込み、信頼済み証明書として登録しておく必要があります

  1. Acrobat を起動し、編集/環境設定 を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「分類」から「署名」を選択し、「ID と信頼済み証明書」セクションの「詳細」ボタンをクリックします。

    cq07131410_16
  3. デジタル ID と信頼済み証明書の設定 ウィンドウが表示されたら、「信頼済み証明書」を選択して、「取り込み」をクリックします。

    cq07131410_18
  4. 取り込む連絡先の選択 ウィンドウが表示されたら、「参照」ボタンをクリックして、証明書ファイルを選択します。

    cq07131410_19
  5. 「取り込み」ボタンをクリックします。

    cq07131410_20
  6. 取り込みに成功すると、取り込んだ証明書が信頼済み証明書リストに追加されます。

    cq07131410_21
  7. 署名が追加されている PDF ファイルを開きます。「署名済みであり、すべての署名が有効です」と表示されます。

    cq07131410_22

E. Adobe Sign(旧 EchoSign)を使用して署名を依頼する

Acrobat および Acrobat Reader では、Adobe Document Cloud 電子サインサービス の「署名用に送信」機能を使用して、他のユーザーに文書への署名を依頼できます。このサービスにより、受信者は Web ブラウザーまたはモバイルデバイスを使用して、どこからでも簡単に文書に署名できます。このサービスでは、プロセス全体が記録されます。このサービスでは、文書への署名を依頼する電子メールが署名者に送信されます。署名すると、署名の依頼者と署名者の両方が署名済みの PDF を電子メールで受信します。署名済みの文書は Adobe Document Cloud に安全に保管されます。

詳しくは、以下のページをご確認ください。

F. 電子署名の表示方法を変更する

電子署名のスタイルは任意で編集することが可能です。例えば手書きの署名をスキャンして画像として取り込み、電子署名として利用することも可能です。

電子署名の表示方法を変更するには、以下の操作を行います。

  1. Acrobat を起動し、編集/環境設定 を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスが表示されたら、「分類」から「署名」を選択し、「電子署名」セクションの「詳細」ボタンをクリックします。

    cq07131410_23
  3. 作成と表示方法の環境設定 ダイアログボックスが表示されたら、表示方法セクションで表示方法を変更する電子署名を選択し、「編集」ボタンをクリックします。

    cq07131410_24
  4. 署名の表示方法の設定 ダイアログボックスで表示方法を編集し、「OK」をクリックします。

    • タイトル : 表示方法に対して名前をつけます。
    • グラフィックの設定 : 画像を利用する場合は「取り込まれたグラフィック」を選択し、「ファイル」ボタンをクリックして画像を選択します。
    • テキストの設定 : 表示する項目にチェックを入れます。
    • テキストのプロパティ : テキストの方向および数字のスタイルを選択します。
    cq07131410_25
  5. 「OK」をクリックして、表示されているダイアログボックスを閉じます。

  6. 電子署名を追加する際、作成した表示方法を選択できるようになります。

    cq07131410_26

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー