Adobe Sign がクラウドサービスで提供する「入力と署名」ツールを使用して、文書に署名を依頼することができます。ブラウザーやモバイルデバイスを使用して、どこからでも契約書にすばやく署名してもらうことができます。契約書に署名するために、署名者がアドビ製品の新規登録や購入をする必要はありません。

署名者に対し、契約書への署名を依頼する電子メールが送信されます。署名すると、署名済みの PDF が署名の依頼者と署名者の両方に電子メールで送信されます。ホーム/署名用から Acrobat DC または Acrobat Reader DC の署名処理全体を追跡することができます。

 

他のユーザーに文書の署名を依頼する

署名でサポートされるファイルタイプ

PDF 以外に、Microsoft Office ファイル、各種画像ファイル、HTML ファイルおよびテキストファイルを署名用に送信できます。サポートされるファイルタイプは、DOC、DOCX、RTF、XLS、XLSX、PPT、PPTX、TXT、CSV、HTML、HTM、TIFF、TIF、BMP、GIF、JPG、JPEG および PNG です。

注意:署名の前に、編集を完了します。署名済み契約書は Adobe Sign によって認定されます。署名済み契約書を編集すると、認定は取り消されます。

手順:

  1. Acrobat または Acrobat Reader で署名する PDF を開きます。

  2. 右側のパネルから「入力と署名」をクリックするか、「ツール入力と署名」を選択します。入力と署名ツールのウィンドウが表示されます。

    入力と署名のランディングページ

    注意:

    この新しい Adobe Sign interface インターフェイスを表示したくない場合は、Acrobat DC を最新バージョンに更新してください。Acrobat DC から自動的に更新するにはヘルプアップデートの有無をチェックを選択し、Updater ウィンドウの手順に従って、最新のアップデートをダウンロードしてインストールします。

  3. その他」をクリックします。「署名者の追加」オプションが表示されます。

    Adobe Sign ランディングページ
  4. 次の手順を実行します。

    1. 署名者」フィールドに、文書に署名してもらう順序で、受信者の電子メールアドレスを追加します。
    2. 件名とメッセージ」領域のデフォルトのテキストを適宜変更します。
      オプション:情報共有のためにさらに多くの人々を追加する場合は、「CC を追加」ボタンを使用して、電子メールアドレスを CC リストに追加します。
    3. 他の文書を追加する場合は、「ファイルを追加」をクリックし、文書を参照して選択します。(詳細オプションを使用しない場合は、次の手順を省略してください。)
    4. (オプション)署名者の認証や通知など、高度なオプションを指定する場合は、「その他のオプション」をクリックします。
      • デフォルトでは、順に完了する設定がオンになっています。電子メールアドレスの横の番号は参加順を反映しています。特定の署名順序に従わない場合は、スイッチを「任意の順序で完了する」に切り替えます。
        (オプション)署名者に自分を含めたい場合は、「自分を追加」をクリックします。
      • 電子メールパスワード社会保障番号ナレッジベース認証、または電話などの認証タイプを指定します。
      • PDF ファイルのパスワード保護
      • 完了期限を設定します。
      • 受信者が対応できるようリマンダーを設定します。
      • 送信した電子メールで、受信者の言語を指定します。
    Adobe Sign - 高度なオプション
    その他のオプションまたは高度なオプション
  5. 署名場所を指定」または「次へ」をクリックします。

    これで、署名者が記入または署名するフィールドを追加する準備が整いました。

    注意:複数の文書を追加すると、それらの文書は PDF に変換され、単一のファイルに結合されます。結合されたファイルが開かれるので、適切なフィールドを追加します。

  6. 「入力して署名する場所を指定」ウィンドウが開き、追加した署名者が 1 人か複数かに基づいてオプションが表示されます。

    • 署名者を 1 人追加した場合は、次のような簡易オプションが表示されます。署名や他のフィールドを配置するには、文書内の目的の場所をクリックし、そのフィールドのプロパティをコンテキストメニューから設定します。
    入力して署名する場所を指定
    • 複数の署名者を追加した場合は、次のようなオプションが表示されます。 ボタンをクリックして、検出されたフォームフィールドを PDF 文書に配置します。あるいは、右側のパネルのタブからフィールドをドラッグし、文書の目的の場所にドロップします。
    文書への署名フィールドの追加
  7. 希望するすべてのフィールドを文書に配置したら、「送信」をクリックします。文書が署名用に受信者に送信され、確認が表示されます。

    「署名用に送信」の確認

    署名を依頼するために 1 人目の署名者に契約書が送信されたことを示す電子メールが、Adobe Sign から送信されます。1 人目の署名者には、契約書に署名するためのリンクが記載された電子メールも送信されます。その署名者が「署名」フィールドに自分の署名を追加して「クリックして署名」ボタンをクリックすると、その契約書と署名用リンクが次の署名者に送信され、同様の手順が繰り返されます。すべての署名者がこの契約書に署名すると、全員に署名入りの契約書のコピーが届きます。

    自分が署名した文書はすべて 1 箇所に保存され、どこからでもアクセスできます。詳しくは、以下の署名用に送信された文書のトラックを参照してください。

署名者の操作性

署名者に、契約書に署名するためのリンクが記載された電子メールも送信されます。また、署名者が Acrobat DC または Acrobat Reader DC デスクマットアプリケーションを使用している場合は、契約書が署名用に共有されたという通知が表示されます。詳しくは、「契約書への署名」を参照してください。

注意:

契約書に署名するために、署名者がアドビ製品の新規登録や購入をする必要はありません。署名者は Web ブラウザー、モバイルデバイス、または Acrobat DC/Acrobat Reader DC デスクトップアプリケーションを使用して契約書に署名できます。

署名用に送信された契約書のトラック

対応バージョン:Acrobat DC

署名用に送信された契約書、署名済み契約書または署名待ちの契約書をトラックできます。

個人およびチームユーザー

ホーム署名用へ移動します。署名用に共有されたドキュメントがすべてリストされます。

sfs-retail-users

大規模法人ユーザー

  1. ホーム署名用 で、「Adobe Sign を開く」をクリックします。

    Adobe Sign を開く
  2. Adobe Sign 管理ページがブラウザーの新しいウィンドウで表示されます。

    署名用に送信された契約書のトラック

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー