マニュアル キャンセル

Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

注意:

前提条件

macOS 10.15 でビデオデモンストレーションを記録するには、以下の権限が必要になります。システム環境設定/セキュリティとプライバシーで、以下の権限を有効にします。

  • アクセシビリティ
  • 画面の録画
  • カメラ
  • マイク
  1. ファイル/新しいソフトウェアシミュレーションを記録を選択します。 記録ウィンドウが表示されます。

    注意:

    ソフトウェアシミュレーションを起動すると、デバイスのカメラやマイクへのアクセス許可を求めるダイアログボックスが表示される場合があります。その場合は「はい」をクリックします。次回にソフトウェアシミュレーションを起動すると、このダイアログボックスは表示されなくなります。

    いいえ」をクリックし、次回以降もこのダイアログボックスを表示する場合は、以下のコマンドを実行します。 

    • sudo tccutil reset ScreenCapture
    • sudo tccutil reset Microphone

    コマンドの実行後、Captivate を再起動します。

  2. 画面領域またはアプリケーションをクリックします。

    アプリケーション

    プロジェクトの一環として記録するアプリケーションを指定する場合は、このオプションを選択します。アプリケーションを選択メニューで、アプリケーションのうち、記録するものを選択し、次のいずれかを選択します。

    カスタムサイズ 記録されたプロジェクトの寸法を設定する場合は、このオプションを選択します。標準サイズの一覧から選択するか、またはカスタムサイズを定義できます。選択したアプリケーションは、記録領域の枠線内に合わせて自動的にサイズが変更されます。記録を開始する前に、プロジェクトの寸法について明確に意識しておくことをお勧めします。

    アプリケーションウィンドウ アプリケーションウィンドウ全体を記録する場合は、このオプションを選択します。アプリケーションの寸法は、変更されません。記録矩形は、アプリケーションに合わせてサイズが変更されます。

    アプリケーション領域 アプリケーションで定義された領域を記録する場合は、このオプションを選択します。例えば、3 つのフレームを持つウィンドウを記録している場合、個別のフレームの上にマウスを移動すると、記録ウィンドウがそれに合わせて吸着します。アプリケーションの寸法は、変更されません。記録矩形は、アプリケーションの定義された領域に合わせてサイズが変更されます。

    画面領域

    画面上の領域内で発生したすべてのイベントをキャプチャする場合に、このオプションを選択します。

    カスタムサイズ 特定の寸法を使用してプロジェクトを記録する場合は、このオプションを選択します。標準サイズの一覧から選択するか、または独自のカスタムサイズウィンドウを作成できます。

    フルスクリーン 記録ウィンドウのサイズをモニター画面のサイズに設定する場合は、このオプションを選択します。コンピューター画面全体が記録ウィンドウとして扱われます。デュアルモニターを使用している場合、記録に使用するモニターを選択できます。このモードでの記録では、モニターの解像度が高い場合に、プロジェクトおよび出力ファイルのサイズが大きくなる可能性があります。

  3. 「記録タイプ」領域で、「自動」または「手動」をクリックします。詳しくは、自動記録および手動記録を参照してください。

  4. 以下から適切な記録モードを選択します。

    • デモ
    • 評価
    • トレーニング
    • カスタム
    記録モード
    記録モード

    デモ:手順または機能のデモを作成する場合は、「デモ」モードを選択します。ビデオを作成することもできますが、ユーザーがビデオを使用してインタラクティブにやりとりすることはできません。デモモードでは、Captivate によりテキストキャプションがラベルを使用して追加されます。このモードが適しているのは、ソフトウェアの概念を簡単に示す場合(閲覧者が実際に手順に従って実行することを想定していない場合)です。 

    評価:このモードを使用するのは、デモで示す手順に対する学習者の理解度をテストする場合 です 。このモードではユーザーのスコアおよび試行回数を設定できます。このモードを選択すると、マウスをクリックするたびに Captivate によってクリックボックスやテキスト入力ボックスが追加されます。

    評価モードにはデフォルトで(レッスンをインタラクティブにする)クリックボックスや(誤った場所をクリックまたは誤った手順を実行したユーザーをサポートする)失敗時のキャプションが含まれます。このモードはデモと組み合わせて使用するのに最適です。

    トレーニング:このモードは学習者のシミュレーションに関連しています。学習者はシミュレーションに表示された手順を試行してから、次のスライドに移動します。スライドをトレーニングモードで記録すると、マウスのクリックに基づいて Captivate によって各スライドにクリックボックスやテキスト入力ボックスが追加されます。また、失敗時のキャプションやヒントのキャプションも生成されます。

    カスタム:このモードを使用するのは、他のモードで使用可能な機能を組み合わせる必要がある場合です。デフォルトではこのモードで Captivate によってオブジェクトが追加されることはありません。

  5. 次のいずれかまたはすべての操作を実行します。

    • 記録ウィンドウを移動させて画面上での移動を追跡するには、パニングモードを選択します。詳しくは、パニングを参照してください。

    • 記録中にコメントを追加する場合は、音声入力のタイプを選択します。

    • 記録中に Adobe Captivate が使用するデフォルト設定を変更するには、録音オプションの一番下にある「設定」をクリックします。記録の環境設定のカスタマイズについて詳しくは、記録の環境設定を参照してください。

  6. 「記録」をクリックします。

  7. 手動記録を選択した場合、処理の実行中にスクリーンショットをキャプチャするには、PrintScreen キー(Windows)または Command + F6 キー(Mac OS)を押します。

  8. 記録を完了したら、End キー(Windows)または Command + Enter キー(Mac OS)を押します。

    記録を開始または停止するショートカットキーを設定します(編集/環境設定/キー(グローバル))。

    注意:

    または、Windows では、タスクアイコンまたはシステムトレイアイコンをクリックして、記録を停止します。Mac OS では、ドックアイコンまたはステータスバーアイコンをクリックします。

    記録キー
    記録キー

記録したスライドが、新規の Adobe Captivate プロジェクトに挿入されます。

Adobe Captivate プロジェクトは、記録した後からでもサイズを変更することができます。サイズ変更は、プロジェクト全体を再記録せずに行うことができます。例えば、プロジェクトを幅 640 ピクセル、高さ 480 ピクセルで記録した後で、サイズを少し小さくしたり大きくしたりする必要が出てきた場合などに使用できます。

詳しくは、プロジェクトのサイズ変更を参照してください。

注意:

右、左、上、下へのスワイプなどのジェスチャーは、自動レスポンシブシミュレーションでは無効になります。

記録後にスライドの長さを編集する

Captivate でデモを記録する場合、ビデオデモはデフォルトでドラッグ&ドロップやマウスホイールの操作により作成されます。

ビデオをビデオデモとして記録した場合、そのスライドのタイムラインには赤い線として表示されます。ビデオデモの長さは延長できますが、短縮することはできません。

詳しくは、Captivate のマウスアクションを参照してください。

既存のプロジェクトへの追加スライドの記録

  1. 追加スライドを記録するプロジェクトを開きます。

  2. スライド/ソフトウェアシミュレーションまたはビデオデモをクリックします。

    追加スライドの記録
    追加スライドの記録

  3. 追加スライドを記録ダイアログボックスで、記録するスライドを挿入する位置の直前にあるスライドをクリックし、「OK」をクリックします。

    記録ウィンドウが表示されます。

  4. 記録オプションを設定して、「記録」をクリックします。

    注意:

    「記録」オプションで「ビデオデモ」を選択して、ビデオを追加スライドとして記録することができます。

新しく記録されたスライドが、プロジェクト内で選択したスライドの後に挿入されます。

別の Adobe Captivate プロジェクトまたは PowerPoint プレゼンテーションから読み込んだスライドを追加することもできます。

レスポンシブシミュレーションの作成

  1. レスポンシブプロジェクトを作成します(ファイル/新規プロジェクト/レスポンシブプロジェクトまたは Ctrl + H を押す)。

  2. ツールバーで修正/プロジェクトのサイズを変更をクリックします。

  3. プロジェクトのサイズを変更ダイアログで、幅を 2048 pixel、高さを 1080 pixel に変更します。

    プロジェクトのサイズの変更
    プロジェクトのサイズの変更

  4. ソフトウェアシミュレーションスライドを追加して記録を開始します。

  5. 記録を終了すると、シミュレーションスライドに青色の長方形が表示されます。

    長方形のフォーカス領域はデバイスでサポートされる最小領域を表します。残りの画面を表示するには、デバイスのスライド全体にパンしてください。

    表示最小領域
    表示最小領域

  6. 別のデバイスのスライドの表示領域をプレビューするには、「プレビュー」 ドロップダウン リストでデバイスを選択します。

    例えば、iPhone 7 Plus の表示領域は次のようになります。白く表示されている領域がデバイス上で表示されます。白く表示されている領域以外を表示するには、スライドにパンにします。

    iPhone 7 Plus の表示領域
    iPhone 7 Plus の表示領域

スライドをマークし、記録後にアクセスします。

シミュレーションの記録中に、最初に予定していなかったオプションをクリックする場合があります。 このアクションにより、記録したプロジェクトに不要なスライドが作成される場合があります。 特に多くのスライドがある場合は、プロジェクト全体を記録してからこのような不要な画面キャプチャを後で指定するのは大変な場合があります。

記録したプロジェクト内の削除、またはアクセスするスライドを指定するには、記録中に Ctrl + Shift + Z キーを押します。 例えば、画面のオプションをクリックして、記録中にそれが間違ったアクションだったと気が付いた場合は、Ctrl + Shift + Z キーを押します。

アクションに対応するスライドは、取り消しマーカーを付けられ、プロジェクトでは非表示になります。

「取り消し」マーカーを使用したスライド

取り消しマーカーは、基本的にスライドでは透明なテキストキャプションです。 スライドを保持する場合は、キャプションを選択して Delete キーを押します。 また、スライドを右クリックし、「スライドを表示」をクリックしてスライドを表示させます。

注意:

注意:環境設定(編集/環境設定/記録/キー(グローバル))で、取り消しマーカーのキーボードショートカットを変更できます。

スライドを編集するには、フィルムストリップのスライドを右クリックして、「スライドを表示」をクリックします。 マーカーを削除するには、マーカーをクリックして Delete キーを押します。

記録のヒント

次のヒントと要領を活用すると、Adobe Captivate プロジェクトを迅速かつ簡単に作成すると同時にプロフェッショナルで高品質な結果を得ることができます。

自動記録をできる限り使用する

手動で生成されたスクリーンショットがいくつか必要となるプロジェクトの場合も、自動記録の使用を検討します。自動記録オプションを設定した場合でも、随時 PrintScreen キー(Windows)または Command + F6 キー(Mac OS)を押すことで、追加のスクリーンショットをキャプチャできます。多数のポップアップ、フレーム、およびスペシャルエフェクトを含んだ Web サイトを記録する場合、この方法は有効です。Adobe Captivate では、スクリーンショットが自動的にキャプチャされるたびに、カメラのシャッター音が鳴ります。シャッター音が鳴らない場所でスクリーンショットを生成するには、PrintScreen キーを押して、スクリーンショットを手動でキャプチャします。

例えば、Microsoft Internet Explorer を記録する場合は、マウスをロールオーバーしたときにしか表示されない動的な HTML メニューまたは Flash メニューがあります。マウスのロールオーバー時に行われた変更は、自動的にキャプチャされるわけではありません。変更を手動でキャプチャするには、PrintScreen キーを押します。

ゆっくり記録する(特に Internet Explorer で Web サイトを記録する場合)

記録中は、通常よりゆっくりアクションを実行します。Internet Explorer で Web サイト上のアクションをキャプチャする場合は、特にゆっくりと操作することが重要です。手動で記録している場合は、スクリーンショットをキャプチャする前に、各 Web ページが読み込まれたことを確認します。

カメラのシャッター音が鳴るまで待つ

自動記録中は、シャッター音が鳴るまで待ってから、別のアクションを実行します。

手動で記録している場合は、指定したキーまたはキーの組み合わせを押すたびに、Adobe Captivate によってスクリーンショットがキャプチャされます。デフォルトのキャプチャキーは PrintScreen キーです。スクリーンショットをキャプチャするたびに PrintScreen キーを押すと、カメラのシャッター音が聞こえます。

サンプルプロジェクトのダウンロード

Captivate で魅力的な学習コンテンツを作成する方法の詳細については、次のプロジェクトをダウンロードします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン