スマートシェイプには、矢印、ボタン、基本図形など、多くのカテゴリのすぐに使用できるシェイプが含まれます。 Adobe Captivate プロジェクト内で、このようなシェイプをすばやく簡単に挿入および変更することができます。

スマートシェイプをロールオーバーシェイプや任意の自由変形シェイプに変換することもできます。 スマートシェイプをボタンとして使用することもできます。 詳しくは、オートシェイプのボタンとしての使用を参照してください。

オブジェクトスタイルマネージャー(編集/オブジェクトスタイルマネージャー)を使用してスマートシェイプの標準デザインを設定できます。 詳しくは、オブジェクトスタイルを参照してください。

注意:

検索ダイアログボックスを使用して、スマートシェイプとスマートシェイプ内のテキストを検索できます。

スマートシェイプの挿入

  1. スマートシェイプを挿入するスライドをクリックします。

  2. ツールバーの「シェイプ」をクリックし、使用するシェイプをクリックします。 マウスポインターが「+」記号に変わります。

  3. ステージ上でマウスをクリックしドラッグして、スマートシェイプを描画します。

  4. 白および黄色のハンドルを使用してシェイプを調整します。

白および黄色のハンドルを使用したシェイプの調整
スマートシェイプのサイズ変更ハンドル

スマートシェイプの編集

  1. スマートシェイプを自由形式シェイプに変換するには、シェイプを右クリックして、「自由形式シェイプに変換」をクリックします。

    黒色のハンドルがシェイプのアウトラインに表示されます。

    スマートシェイプを自由形式シェイプに変換
    スマートシェイプを自由形式シェイプに変換

  2. 黒色のハンドルをクリックし、線を曲線に変換するベジェ曲線を表示させます。黒色のハンドルをクリック、ドラッグして、点の位置を変更することもできます。

    自由形式シェイプのベジェ曲線
    自由形式シェイプのベジェ曲線

  3. シェイプの外側の任意の場所をクリックして、編集を保存します。

もう一度シェイプを編集するには、シェイプを右クリックして「点を編集」をクリックします。

スマートシェイプをロールオーバーシェイプとして使用するには、シェイプを右クリックして、「ロールオーバーシェイプに変換」をクリックします。

スマートシェイプのカスタマイズ

シェイプをカスタマイズし、それらを様々なスライドやプロジェクトで簡単に再利用できます。 カラー / グラデーション / 画像に対して塗りつぶしでホバーステートを使用します。

詳しくは、スマートシェイプのカスタマイズを参照してください。

スマートシェイプの反転

スマートシェイプをクリックし、ハンドルのいずれかを必要な方向にドラッグします。 例えば、矢印を左へ反転するには、矢印の先にあるハンドルをクリックして、左側にドラッグすることで、矢印は Y 軸に沿って反転します。

Y 軸に沿って反転された矢印
Y 軸に沿って反転された矢印

プロパティインスペクターの変形アコーディオンにある反転オプションの水平に反転()と垂直に反転()を使用して、スマートシェイプを反転することもできます。

塗りのグラデーションの適用

塗りのグラデーションを使用すると、カラーをブレンドして様々なエフェクトを作成できます。塗りのグラデーションは、スライドおよび描画オブジェクトに適用できます。さらに、プロジェクトの背景(環境設定/グローバル/デフォルト/背景色)にも塗りのグラデーションを選択できます。

  1. 塗りのグラデーションを適用するスライドまたは描画オブジェクトを選択します。

  2. プロパティインスペクターで、ステージボックス(スライドの場合)または塗りつぶしボックス(描画オブジェクトの場合)をクリックします。

  3. ボックスの上部にある をクリックします。

  4. プリセット行のプリセットをクリックします。

    スライドまたはオブジェクトを選択すると、塗りのグラデーションに加えた変更を反映して、ステージが動的に変化することに注意してください。

  5. カラーを編集するには、カラーの分岐点をクリックし、必要なカラーを選択します。

    注意:

    描画オブジェクトには、プロパティインスペクターの塗りつぶしパレットの隣にあるオプションを使用して、カラーの透明度(パーセント)を設定します。

    カラーの分岐点を削除するには、カラーの分岐点をクリックし、キーボードの Delete キーを押します。カラーの分岐点はグラデーションボックスの外にドラッグすることもできます。

  6. カラーの配置を反転するには、カラーを反転アイコンをクリックします。

  7. 「方向」行からグラデーションの方向を選択します。

  8. 線状グラデーションには線状グラデーションアイコンをクリックし、放射状グラデーションには放射状グラデーションアイコンをクリックします。

  9. 「パターン」リストからパターンをクリックします。

  10. カスタムグラデーションに追加アイコンをクリックします。使用した塗りのグラデーションと関連設定が、後で使用できるようにカスタムグラデーション行に保存されます。

    注意:

    カスタムグラデーションは、以後作成するすべてのプロジェクトでも使用可能です。

    カスタムグラデーションを削除するには、削除アイコンをクリックし、カスタムグラデーションをクリックします。Adobe Captivate 環境設定フォルダーを削除すると、カスタムグラデーションはすべて削除されます。

塗りのグラデーションの編集

ステージでグラデーションの長さ、位置および角度(線状の塗りつぶし)を編集できます。

注意:

グラデーションのカラー、パターンおよび方向を編集するには、プロパティインスペクターを使用します。

  1. スライドまたは描画オブジェクトを選択します。

  2. 編集/グラデーションを編集をクリックします。

    選択したオブジェクトに太い開始ポイントと終了ポイントを持つ線が表示されます。開始ポイントは円で示され、終了ポイントは四角形で示されます。

  3. スライドまたはオブジェクト上の必要な位置に線を配置するには、開始ポイントをドラッグします。

  4. 塗りのグラデーションの角度または長さを変更するには、終了ポイントをクリックし、必要な方向にドラッグします。グラデーションを回転する角度を 15°ずつ変更するには、Shift キー(Windows)または Control キー(Mac)を押しながら線をドラッグします。

    さらに、線を回転して塗りのグラデーションの角度を変更できます。そのためには、線状にマウスポインターを合わせます。カーソルが回転シンボルに変わったら、マウスを必要な方向にドラッグします。

テクスチャ塗りつぶしの適用

  1. テクスチャ塗りつぶしを適用するオブジェクトを選択します。

  2. プロパティインスペクターの「塗と線」アコーディオンで、ステージボックス(スライドの場合)または塗りつぶしボックス(描画オブジェクトの場合)をクリックします。

  3. 表示されたダイアログで、上部にあるをクリックします。

  4. 使用可能なプリセットからテクスチャをクリックするか、カスタム画像ボックスの横にある参照アイコンをクリックして画像を選択します。

    選択した画像がオブジェクトより大きい場合は、画像をサイズ変更 / トリミングダイアログボックスが表示されます。オブジェクトに合わせて画像を自動的に拡大縮小するには、「ステージに合わせる」をクリックします。画像をトリミングするには、「トリミング」をクリックしてから、画像上でクリック&ドラッグして青色のボックスを描画してトリミングする画像領域を指定します。

    • テクスチャまたは画像をオブジェクト全体に適用するには、「ストレッチ」をクリックします。

    • テクスチャまたは画像をタイルパターンで適用するには、「タイル」をクリックします。 「タイルタイプ」リストからタイリングの方向を選択します。

線と塗りのプロパティの変更

オブジェクトを選択し、塗りと線領域のプロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)でオブジェクトの線と塗りのプロパティを設定します。

直線には、次の線のプロパティを設定できます。

  • ラインの透明度

  • 線のスタイル(ダッシュやドットなど)

  • 線の色

  • 線の太さ(幅)

  • ラインの端の形状(矢印、円、ひし形または正方形)

他のスマートシェイプには、次の線と塗りつぶしのプロパティを設定できます。

  • 塗りつぶし色

  • 塗りのグラデーション

  • 塗りのパターンまたは画像

  • 塗りつぶし色の透明度

  • 線のスタイル(ダッシュやドットなど)

  • 線の色

  • 線の幅

  • 線の塗りのグラデーション

  • オブジェクトの角:角の半径の値を変更することによって、矩形または正方形の角を様々な角度に丸めることができます。

スマートシェイプ内へのテキストの配置

  1. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「テキストを追加」を選択します。オブジェクトをダブルクリックし、カーソル位置でテキストを入力することもできます。

  2. オブジェクト内に表示されるテキスト領域にテキストを追加し、プロパティインスペクター(ウィンドウ/プロパティ)の「文字」領域を使用してテキストの書式を設定します。

オブジェクト内のテキストを編集するには、オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「テキストを編集」を選択します。オブジェクトのテキスト領域にあるテキストは編集できます。ラインツールを選択した場合、テキストオプションは使用できません。

テキストにエフェクトを追加するには、オブジェクトをクリックして、プロパティインスペクターの文字アコーディオンの をクリックします。

スマートシェイプの置換

スマートシェイプを右クリックし、「スマートシェイプを置換」をクリックします。 スマートシェイプパネルから必要なシェイプをクリックします。

スマートシェイプのボタンとしての使用

任意のスマートシェイプをインタラクティブボタンに変換できます。そうするには、スマートシェイプを選択して、プロパティインスペクターの「ボタンとして使用」をクリックします。

スマートシェイプをボタンに変換すると、プロジェクトテンプレートやマスタースライドのデザインをさらに柔軟に行えるようになります。 スマートシェイプから作成したボタンは、スライドと関連付けられたマスタースライドで使用する場合は、恒久的なボタンとして動作します。

スマートシェイプを挿入して、質問スライド上のボタンに変換することができます。 スマートシェイプから作成したボタンの場合、プロパティインスペクターの「報告」アコーディオンを使用して、点を割り当てることができます。このアコーディオンのプロパティについて詳しくは、ボタンのプロパティを参照してください。

スマートシェイプの複製

  1. オブジェクトを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「複製」を選択します。

ラインをオブジェクトに合わせる

直線を描画する場合、直線をフリーフォームオブジェクトなどのほかの Adobe Captivate オブジェクトの輪郭に合わせることができます。直線の端をオブジェクトの外周に正確に接触させる場合は、このオプションを使用します。

オブジェクトに線を合わせるには、次の操作を実行します。

  1. オブジェクトに合わせるアイコンをクリックします。

  2. オブジェクト(矩形、楕円形、フリーフォーム多角形など)を描画します。

次に直線を描画すると、線は接触したオブジェクトの輪郭に合わせられます。

ロールオーバー領域を他のオブジェクトの枠線ボックスのサイズに合わせる

ロールオーバー領域を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「ロールオーバー領域を自動調整」を選択します。

ロールオーバー領域をオブジェクトの上に移動すると、オブジェクトの枠線ボックスのシェイプに合わせて調整されます。 オブジェクトが重なっている場合は、ロールオーバー領域が、最も後方の順序のオブジェクトのサイズに合わせて調整されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー