指向性ライトを使用したカスタムスタジオライティングの作成

Dimension の指向性ライトを使用して、独自のカスタムスタジオライティング設定を作成できます。

Dimension でライティング効果を適用する方法は多数あります。環境光をプリセットされたライティング設定として使用したり、「画像から環境を設定」を使用して、シーンのライトを自動的に設定したり、指向性ライトを使用して、独自のカスタムスタジオライティング設定を作成できます。

スタジオライティングをカスタマイズした、Dimension のシーン
スタジオライティングをカスタマイズした、Dimension のシーン

  1. ライトを適用するシーンまたはオブジェクトの調整から始めます。Dimension を初めて使用する場合は、はじめにのチュートリアルを参照してください。

    シーンの設定

  2. スターターアセットパネルで、「3 点ライティング」オブジェクトをクリックして、シーンにスタータースタジオライト設定を追加します。シーンパネルで「環境」を開いて、作成されたすべてのライトを表示します。ライトを選択します。

    3 点ライティング

  3. プロパティパネルで、カラー、高さ、回転、シェイプなどのライト設定を調整します。指向性ライト設定について詳しくは、「ライティングの概要」を参照してください。

    ライト設定

  4. アクションパネルの「ポイントライト」アクションを使用して、特定の領域にライトを適用します。

    「ポイントライト」アクション

  5. 全体的なライティングを調整するには、「環境」を選択してから、「グローバルライティング」設定を選択し、全体的な強度と配置を変更します。

    「グローバルライティング」設定

ライトを追加または削除できます。シーンパネルでライトを選択してから、「削除」キーまたはアクションを使用してライトを削除します。新しいライトを追加するには、スターターアセットパネルに移動して、「指向性ライト」プリセット(円、正方形、または太陽)のいずれかをクリックして、新しいライトを追加します。

シーンに追加できるライトの数に制限はありませんが、リアルタイムカンバスビューには一度に 4 つのシャドウのみが表示されます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン