Dimension CC は、グラフィックデザイナーが質の高い 3D をゼロから作り上げられるようにするためのデザインツールです。3D におけるライティングは、2D アプリケーションでライティング効果を生み出す場合とは違って、実世界の物理的なライティングをもとにモデル化されています。ここでは、Dimension CC でサポートされている各種ライティングの概要を説明します。

環境光

環境光は、3D シーンを球状に包み込むパノラマ画像です。その中にコンテンツが存在して、一般的な周辺光、シャドウおよび反射が生まれる環境と捉えることができます。編集の余地があまりなく、それ自体が画像に基づいていることから、コンテンツを調整するためのプロパティの範囲が限られています。環境光は、リアルなライティングや反射の見られるシーンを短時間で作成するうえで極めて強力な機能です。

Lighting_EnvLights
2 種類の環境光で照らされたシンプルなシーン。
  • 彩色:環境光では、画像の各ピクセルを使用してライティング情報をシーンに投影します。「彩色」オプションは、画像に彩りを添えて全体的なライティングに色合いを付けます。「彩色」はどのような環境光でも機能し、スタジオ照明の環境光に最適です。
  • 強度:各ピクセルから放たれる光量を一次式としてコントロールします。そのため、明るい領域に限らず、画像に含まれるすべてのピクセルが左右されます。
  • 回転:球状に広がる光を、シーンの周りを水平に回りながら投影できます。光源が周回することで、オブジェクトとカメラの視点との位置関係に応じて、様々なハイライト、シャドウ、反射が見られます。

サポートされている環境光形式

現状では、環境光の読み込みに 3 種類の形式がサポートされています。

  • .IBL:IBL は Image Based Light(イメージベースドライト)の略称で、環境光の別名です。IBL 形式は、ダイナミックレンジの大きいパノラマ画像の格納に使用されます。.IBL ファイルは、ライティング、反射、背景に関する複数の画像が 1 つにまとめられてパッケージ化されたコンテナです。
  • .HDR/.EXR:ダイナミックレンジの高い画像が格納されます。IBL 形式とは異なり、.HDR と .EXR には反射やライティングの画像が個別に含まれてはいません。
  • .JPG/.PNG:Dimension では、.PNG や .JPG のようなダイナミックレンジの低い画像を環境光としてサポートしています。Dimension ではライティングの効果を高められるよう、これらを Photoshop の「コンテンツに応じた塗りつぶし」テクノロジーを使用して 360°のパノラマ画像に変換して、欠落している領域を埋めます。ただし、ドラマチックなライティングやシャドウは生まれないので、日光と組み合わせるのが最適です。画像のダイナミックレンジが低く、周辺光や反射向きです。ドラマチックなライティングやシャドウは日光から作るのが最適です。

日光

Dimension には V-Ray レンダリングエンジンが搭載されており、このエンジンの Sunlight 機能を使用しています。Sunlight は、人工太陽を生成して指向性のある強い光と影を生む、カスタマイズ可能な機能です。

Lighting_Sunlight
ドラマチックなシャドウを作るために指向性のある強い日光で制作された抽象的なシーン。

彩色:初期設定で、日光は自然の太陽光に基づく独自の彩色を持っています。日が高いと、日光は青白くなります。低くなるにつれて色は黄や赤へと変わり、実世界の太陽の色温度を模しています。「彩色」プロパティでは、太陽の初期設定カラーより、ユーザーが選択したカラーが優先されます。

強度:太陽が発する光の明るさをコントロールします。自然の太陽は、高いと明るく、地平線に近いと暗くなります。

高さ:太陽の垂直方向の回転をコントロールします。高いほど上からのライティングになり、低いほど横からのライティングになります。「彩色」がオフの場合、高さのスライダーでは太陽の色が 1 日の時間と対応付けられます。90°は正午で、光は明るい白、0°は夜明けか夕暮れで、光は赤みを帯びます。

回転:シーンの周りを回る太陽の水平方向の回転をコントロールします。

曇り具合:日光が直接に届くレベルをコントロールします。値が小さいと、太陽はシーンを直接照らし、くっきりしたシャドウが生まれます。値が大きいと、太陽は雲やもやなどの大気条件によって隠れ、消え入るようなソフトシャドウが生まれます。

ライティングを背景画像に合わせる

Dimension には、3D シーンを 2D 画像に合成するためのパワフルな機能が一式用意されています。背景を読み込み、「画像から環境を設定」機能を使用すると、自動でパースが揃えられ、ライティングが生成されます。

Lighting_MatchImage
背景と初期設定のライトによるモデル(左)、「画像から環境を設定」でライティングを作成した背景によるモデル。

環境光:Dimension では、Photoshop の「コンテンツに応じた塗りつぶし」テクノロジーを使用して、標準の背景画像を 360°のパノラマ画像に変換します。これにより欠落部分が埋められ、背景にマッチするカスタマイズされたライティングと反射が得られます。

日光:回転と強度を画像の直接光に揃えることで、日光を使用した最強のライティングと一致させることが可能です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー