ドキュメントカンバスのサイズを設定し、出力画像のサイズを制御する方法について説明します

Dimension のプライマリ出力は画像であり、ほとんどのアプリケーションと同様に、画像のサイズはドキュメントカンバスのサイズによって決まります。3D は解像度に依存しないメディアであるため、アセットを変更することなく、同じコンテンツをさまざまな解像度やアスペクト比でレンダリングすることができます。

Dimension CC におけるドキュメントカンバスのサイズの設定
ドキュメントカンバスのサイズを設定して、出力画像のサイズを制御する

ドキュメントカンバスのサイズ設定

  1. 移動ツールを使用し、カンバスサイズのラベルまたは境界線をクリックして、カンバスを選択します。

    Dimension CC でのカンバスの選択
    カンバスの選択
  2. カンバスの境界ハンドルをクリックして、カンバスサイズを動的に変更します。

    • 修飾キーを使用せずに境界ハンドルをドラッグすると、カンバスサイズを均一にしないで変更できます。 
    • Shift キーを押すと、サイズ変更比率が限定されます。
    • Alt キーを押すと、カンバスの中央に合わせてサイズが変更されます。
    Dimension CC でのカンバスサイズの動的変更
    カンバスサイズの動的変更
  3. プロパティパネルでは、カンバスサイズの幅と高さを特定の値で入力できます。

    Dimension CC でのカンバスサイズの計算
    プロパティパネルでのカンバスサイズの計算
  4. 単位プロパティを使用して、カンバスサイズ単位をピクセル、インチ、またはセンチメートル単位で変更します。

    解像度設定を使用して、印刷解像度を pixel/inch または pixel/cm で設定します。

    Dimension CC でカンバスサイズの単位を選択し、出力解像度を選択する
    カンバスサイズの単位と出力解像度の選択

カンバスサイズの影響範囲

Dimension の各シーンでは、レンダリングされるすべての画像で 1 つのカンバスサイズが使用されます。ブックマークしたカメラビューでは、異なるカンバスサイズが保持されないことに注意してください。

3D シーンを公開(ベータ)機能を使用して Web にシーンを公開する場合、カンバスサイズは縦横比として反映されますが、ビューアに表示されるサイズは、ブラウザと画面サイズによって異なります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー