問題点

Windows で Lightroom を起動したり、実行すると、以下の サーバービジーエラーダイアログが表示されます。

プログラムがビジーなので、アクションを完了できません。「切り替え」を選択して、ビジー状態のプログラムをアクティブ化し、問題を修正します。

Lightroom のサーバービジーエラーを解決する

オペレーティングシステム

Windows

解決策

以下の解決策を順番にお試しください。各解決策の実行後、Lightroom を再起動して問題が解決したかどうか確認します。

解決策 1: Lightroom の最新のアップデートをインストールする

アドビでは、接続先サービスに対する Lightroom の初期化と通信の方法を変更しており、これで大半のケースは解決するはずです。Lightroom で、「ヘルプ/アップデート」を選択します。 

詳細については、以下のリンクを参照してください。

解決策 2: Windows の Superfetch サービスを無効にする

  1. Windows + R キーを押して、ファイル名を指定して実行ダイアログボックスを開きます。
  2. ファイル名を指定して実行ダイアログボックスで、"services.msc" と入力し、Enter キーを押します。
  3. 表示されるサービスウィンドウの名前欄で、「Superfetch」を見つけます。
  4. Superfetch」を右クリックし、コンテキストメニューから「プロパティ」を選択します。
  5. 表示されるSuperfetch のプロパティウィンドウで、ドロップダウンメニューから「スタートアップの種類」 を「無効」として選択します。
  6. OK」をクリックします。
  7. コンピューターを再起動します。

解決策 3グラフィックカード(GPU)ドライバーのアップデートをインストールする

アップデートしたドライバーは、カード製造元(nVidia、ATI/AMD、Intel など)の Web サイトから入手できます。

Windows

Windows Update を実行しただけで、ビデオドライバーが最新の状態になるとは限りません。ご使用のカードの製造元 Web サイトに直接移動して、ドライバーアップデートをチェックしてください。
所持しているビデオカードを特定し、最新のドライバーをダウンロード/インストールするには、マイクロソフトの記事「Windows 10 でのドライバーの更新」を参照してください。

macOS

ビデオドライバーはオペレーティングシステムのアップデートに含まれています。「Apple メニュー/この Mac について/ソフトウェアアップデート」を選択して、OS の最新のアップデートをすべてインストールしていることを確認してください。

解決策 4競合を引き起こす可能性のあるアンチウイルスなどのサードパーティユーティリティを一時的に無効にする

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー